autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 01-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

大山 健志さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 大山 健志
    東京大学
    所有車 : トヨタ MR-2
    「車」に興味を持つと「産業」に興味が湧く。 何か、そうした「ものづくり」に興味を持つと、世界に関心が出てくる。 同世代にそんな熱い思いを共有できる人は少ないと感じる。 そうした人を増やすのが自分の使命だと考えてます。

    このクルマを一言で表すと?

    軽を見直した

    ホンダN-ONEについてのオススメポイント

    まずはそのエンジン。軽といえば値段なりのパフォーマンスというか、あまり動力性能に期待していなかったが、このターボ付きのモデルには驚きだ。踏み込めばしっかり加速する。この感覚が軽で味わえるとは非常に有難い。 さらに居住空間の広さも素晴らしい。燃料タンクをフロントシート下に配置したおかげとか。なので、リアシートも大の大人(メタボ可)も優しく受け止めてくれる。 デザインに話を移すと、オプションで設定できるルーフとドアミラーをボディと2トーンカラーで仕上げられるオプションが気に入った。軽というとやはり「安さ」が否が応にも感じられるが、職人の手作業によるルーフの塗り分けはそのイメージを払拭してくれる。

    ホンダN-ONEについての不満な点

    サスペンションの柔らかさが気になった。軽いカーブ(どの一般道にもあるレベル)でのロールの大きさが少し不安になる。軽にこれ以上のスポーティーさを求める自分もどうかと思うけど(笑)、コーナリング中もしっかり接地感を出して欲しいかなと。 そして、アイドリング時のエンジンの振動が気になる。バルクヘッドが薄いのか、ボディ全体の強度が足りないのか、アイドリングストップ機能が付いてないので余計に気になる。これは今回の短い試乗でもはっきりわかったので長距離になるとより不快に感じるかも。