autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 【ガチ☆チャレ】トヨタ ノア×ヴォクシー エコラン対決 page04

ガチンコ チャレンジ トヨタ ノア×ヴォクシー エコラン対決

編集部指令 ②箱根or富士五湖と運転車両とのベストショットを撮影せよ! 芦ノ湖へ

ノア・チームの指令は、「箱根でのノアHVのベストショット」を撮影すること。日頃からマスコミ向けの試乗会がよく開催されることで、勝手知ったる箱根である。五味氏、藤トモ氏ともに、特に撮影場所も決めずに、とりあえず芦ノ湖に向けて出発した。

藤トモ
「五味さん、やっぱりこっち不利だったかも知れませんね」
五味
「どうして?」
藤トモ
「だって、箱根ってどうしても山を登るじゃないですか!」
五味
「そっかぁ……」
藤トモ
「あ、けれどあっちチームも登るのか…。じゃあ条件はイーブンですかね?……五味さん?」
五味
「Zzzzzzz……」

指令の撮影

助手席で爆睡の五味氏を当てにせず、藤トモ氏ひとりの(笑)懸命の努力もあり、この時点で燃費は18.5km/Lとあまり落とさずに済んだ。

藤トモ
「よ~し、なんとか芦ノ湖まで着いたぞ!!」
五味
「zzz……おぉ…。おつかれ...。あ、いいね~海賊船だぁ!!」
藤トモ
「もう! 五味さんてば勝手なんだから(笑)」

そしてふたりはノアHVを動かしながら、思い思いの写真を撮影することに。

五味
「ボクは、燃費の良いミニバンということで、遠くへ出かけたくなるような写真を撮ったよ!海賊船も今日乗ってきたノアHVと同じ色で(偶然)そろったしね」
藤トモ
「やっぱりミニバンは、『人の思い出を運ぶクルマ』だということを再確認、実証できたじゃないですか。芦ノ湖では、あえてスワン業者さんの名前がわかるように撮って、現場の空気感が伝わる写真になったと思います!」

そのころヴォクシーチームは

編集部指令 ③オートックワン編集部へのお土産を購入せよ!

もうひとつの指令は、お昼代とお土産代として渡された1万円以内でオートックワン編集部員へのお土産を買うこと。芦ノ湖周辺のお土産屋を散策することとなった。

五味
「お!これいいね! エコカーだけに、エコバシ!メイド・イン・ジャパンのマイ箸と箸ケースを買おう!」
藤トモ
「いいですね~。あとお菓子も買いましょうか。あ、この雲助団子っていうヤツいいんじゃないですか?」
五味
「どうして?」
藤トモ
「ほら、胡麻ときな粉を両方楽しめるんですって。これってハイブリッドですよね♪」
五味
「いいんじゃない!」

そのころヴォクシーチームは

帰途

あとは東京へ帰るだけ。ここで、すっかり目が覚めた五味氏が藤トモ氏とバトンタッチ。箱根新道~小田原厚木道路~東名高速とアクセス。箱根の関所で燃費は18.3km/Lまで落ちたものの、箱根新道を一気にくだったことで19.8km/Lまで挽回。東名高速の厚木インターチェンジでは、20.6km/Lまで燃費を回復させていた。

そのころヴォクシーチームは

ガチチャレクイズ

問題

低燃費や環境への優しさがハイブリッド車の魅力と言われますが、それ以外にもトヨタのハイブリッド車の特長は色々とあります。さて、どちらがその特長でしょうか?

  • ハイブリッド車は静粛性も高めているので室内が静か
  • EV走行をするので、早朝や深夜に近所への配慮ができる
結果発表

START

プレゼントキーワード ブ

詳細はこちら