autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 【ガチ☆チャレ】トヨタ ノア×ヴォクシー エコラン対決

ガチンコ チャレンジ トヨタ ノア×ヴォクシー エコラン対決

詳細はこちら

今回は、ノアとヴォクシーの両ハイブリッドグレードを用意。4人のモータージャーナリストが2名づつ分乗し、両車とも大人6人乗車(ジャーナリスト2名+カメラマン1名+編集部1名+トヨタ広報1名+書き手1名)による燃費計測対決を行なう。また、追加ルールとして、エコラン(燃費走行)をしながら、途中でこなさなくてはならない3つの指令を用意した。最終的な燃費数値に各指令での対決結果もポイント換算されて、勝敗が決することになる。対決コースだが、まず東京のお台場をスタートし、静岡県にある富士スピードウェイ(指令1)へ。その後はチームごとにわかれ、箱根と富士五湖を経由(指令2、3)しながら、東京都港区のオートックワン編集部を目指すことになる。

参加するジャーナリストは、今回の参加者で唯一子どもを持つパパであるベテラン評論家の河口まなぶさん、元レーシングドライバーで速く走ることもエコランも得意な五味康隆さん、レース参戦経験を持ちTVなどでも活躍中の「藤トモ」こと藤島知子さん、自動車イベント等のMCなどでも活躍中のジャーナリストの今井優杏さんという4名。対決前に抽選を行い、組み分けは、河口・今井コンビがヴォクシー、五味・藤トモコンビがノアを運転することが決定した。

バトルポイント 合計11POINT

  • ・燃費バトル 勝利チーム : 4 POINT
  • ・ベストショットバトル 勝者 : 各1 POINT(計2 POINT)
  • ・カートバトル 勝者 : 各2 POINT(計4 POINT)
  • ・お土産バトル 勝利チーム : 1 POINT
  • ★合計11 POINTを奪い合いポイントの多いチームが勝利となる

チーム分け

対戦前に抽選を行い、チーム分けは、五味・藤トモコンビがノア、河口・今井コンビがヴォクシーを
運転することが決定した。

ノアチーム/ヴォクシーチーム
  • START
  • START

車両情報

今年1月の発表以降、好調な販売を続けるトヨタの5ナンバーボックス型ミニバン・ノア&ヴォクシー。3代目モデルとなる新型では、よりワイド感と存在感を強調したスタイリングを採用しながら、低床フロアが生み出す広大な室内スペースを確保。さらに、サードシートの格納方式を改良しながら、ハイブリッドグレードを新設定するなど、全方位で商品力を向上させた。各車の特徴としては、ノアは上下グリルを組み合わせて“堂々感”を表現し、ヴォクシーはワイド感を強調した“毒気”のあるカッコよさを表現している。