autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 Sport Premium Vehicle 真のプレミアムを追求した新しいAnswer“The new Audi Q5” premium

Audi Logo

Sport Premium Vehicle Real Premium 真のプレミアムという味わい“The new Audi Q5”

新時代Audiの象徴、新しくなったシングルフレームグリル

フロントグリルは、クルマにとって「顔の中心」とも呼べる大切なパーツ。そのクルマの象徴、またはアイデンティティといっても過言ではない。Audiもそれが分かっているからこそ、グリルのデザインには常にこだわりを持ってきた。
【The new Audi Q5】にも伝統のこだわりは継承されている。 Audi最新モデルであることの証として、新たに六角形へと進化した「シングルフレームグリル」は、名門Audi家の紋章のように、美しい輝きを放っている。

夜の顔(ヘッドライト)をも美しく演出するLEDポジショニングランプを採用

兎角、現代社会では「ルックスの良さ」は、再重要科目に挙げられる。その点でも【The new Audi Q5】は抜かりがない。美しいボディフォルムはもちろん、明るさを大幅に高め視認性にも貢献する「バイキセノンヘッドライト」には、ユニット全体を縁取るかのようにLEDポジショニングランプを配置。昼の顔だけでなく、夜の顔まで美しさを追求した、さりげなくもAudiらしい「美意識」へのこだわりが感じられる。

華美さを排除した「clean&simple」ながら独自の高級感を感じさせるインテリア空間

「ウッド&レザー」という過去の高級車像ではなく「シルバー&ブラック」を主軸に構築されるデザインと、徹底的な質感の高さで独自のクリーンな高級感を演出してきたAudi。【The new Audi Q5】にも、その意匠が受け継がれている。
人類工学に基づいて設計されたインテリアは、ロングホイールベースの恩恵もあり、ゆとりある空間を生み出している。無駄な装備で飾る「華美さ」を排除しつつ、座るだけで常に感じられる高級感。これこそがAudiの真骨頂であり、現在も高まり続けるAudi人気の本質であることが理解できる。

ナビゲーションや快適装備を一括に手元でコントロールする『MMI 3G Plus』

車内でナビゲーションをコントロールしたり、音楽や映像を楽しんだりするのは、ごく一般的なこと。そんなインカー(車内)エンターテインメントを楽しむ際にも、大切なドライビングの妨げにならず複雑な命令を簡単に操作できてこそ“プレミアム”の名にふさわしい。
そこで【The new Audi Q5】では、センターコンソール上のシフト後方に『MMI(マルチメディアインターフェイス)3G Plus』と呼ばれる操作ユニットを配置。高解像度の7インチVGAモニターを介してHDDナビを操り、HDDによるミュージックサーバー機能や映像を自在にコントロールできる。高性能を使いやすく…、これもAudiならではのもてなしなのだ。

快適な空間は前席だけの特権ではない乗員すべてが堪能できる快適な空間

常に多人数乗車するとは限らないが、新時代の“プレミアム”なひと時は、前席だけの専売特許ではない。【The new Audi Q5】にとっては、乗員すべてが大切なゲスト。すべての乗員が快適かつ開放感あふれるインテリアに心地よく囲まれるために、「電動パノラマガラスサンルーフ」が設定されている。これはその名のごとく2枚のガラスを用いて構築された大きな開口部が印象的なサンルーフ。後部座席に座る人にも開放感を演出し、快適な空間をさらなる高みへと誘ってくれるのだ。必要な装備はもちろん、オプションまで高品質なものを用意…という懐の深さも、もてなしに通じる精神を具現化している。