autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 Sport Premium Vehicle 真のプレミアムを追求した新しいAnswer“The new Audi Q5” poa

Audi Logo

新しいチャネルでThe new Audi Q5を知る世界初の先進的オンライン・カスタマーサービス“Audi Personal Online Assistant”を体感

What is“P.O.A.? The new Audi Q5

Audi Personal Online Assistantイメージ アウディジャパン株式会社 マーケティングコミュニケーション本部 コミュニケーション部長 マイケル・ローへ氏

好きな時間と場所から自分のパソコンで
ネットを介してリアルタイムで情報を入手

【Audi】というブランドを表現するキーワードは「革新性」と「先進性」。その「革新性」を手軽に体感できるサービスが、【Audi】オフィシャルサイトには用意されている。例えば、貴方が【The new Audi Q5】について詳しく知りたいと考えた時、【Audi】のオフィシャルサイト(www.audi.co.jp)を訪れるケースも多いだろう。そして、Q5のTOPページにある「お客様サポートのご案内」に「Audiパーソナルオンラインアシスタント(Audi Personal Online Assistant、以下P.O.A.)」のバナーがある。これが「革新性」と「先進性」に満ちた、まったく新しいサービスの入り口なのだ。
使い方は非常に簡単。マイクが搭載されたPCからこの「P.O.A.」のバナーをクリックしスタートするだけで、センターにつながり、画面に登場するオペレーターと、ビデオチャット形式でリアルタイムに会話しながら説明を受けることができる。オペレーターと貴方のPCのブラウザが共有化され、プレゼンテーション資料などを表示しながら、ディーラーのセールススタッフと同様に親切に解説してくれるサービスだ(マイクが搭載されていないPCの場合はテキストチャットでも対応可能)。
実際に体験してみたが、その利便性は思いのほか大きいと感じさせてくれる。今回のモデルチェンジによる改良ポイントの解説はもちろん、試乗を希望する場合は郵便番号から最寄りのディーラーを検索、「試乗申し込みフォーム」に必要事項を(会話しながら)入力までしてくれる丁寧ぶりに感心しきりだった。
「革新性」と「おもてなし」を提供するAudiだからこそ、真のプレミアムをこういったサービスにまで反映させているのだと、納得させられた。
つまり、今まではディーラーにわざわざ出向きセールスマンに相談していた内容を、自宅のパソコンの前でリラックスしながら、情報を入手することが可能になる。例えば【The new Audi Q5】でも、ユーザーのニーズを聞いたオペレーターが、2.0ℓと3.0ℓモデルのどちらが相応しいか、などの質問にも応えてくれる。
オフィシャルサイトで車両について事前にチェックする前に、まずはP.O.A.でオペレーターと会話を楽しんでみるのも、プレミアムな悦びの1つである。

ビデオチャット形式で、リアルタイムにオペレーターから説明
自宅にいながらビデオチャット形式で、リアルタイムにオペレーターから説明を受けることが可能だ。
webカタログを用いて、どの部分が新しくなったのかなどを詳しく解説
郵便番号から最寄りのディーラーを検索し、希望するモデルの試乗予約の申し込みまで対応してくれる。

「カスタマーデライト(お客様の悦び)」のために
Audiの理念に基づいた革新的なサービスを提供

このネットを介してサービスセンターにいる専属のオペレーターとつながり、リアルタイムでモデル説明や試乗予約などを承ってくれる革新的なサービスについて、アウディジャパン・マーケティング部 部長、マイケル・ローへ氏に話を聞いてみた。
「まず、Audiの理念として「カスタマーデライト(お客様に感動を提供)」という考えがあります。続々と登場するニューモデルだけでなく、提供するサービスに関しても『常に進化を目指し革新的で先進のシステムを導入して、新しいチャネル(方法)でサービスを提供する』ということを目指しています」
常に「革新性」にこだわるAudiならではの理念が、新たなサービスをスタートさせる原動力となっているのだ。
「そこで我々が導入した革新的なサービスがP.O.A.です。すべては、斬新なアイデアでAudiファンの方々だけでなく、新たなカスタマーにも喜んでいただけるように開発したサービスなのです」
P.O.A.を通じて、Audiが提供する「カスタマーデライト」の一遍を自宅で体感してみるのも、非常に興味が惹かれる部分である。