MOTAトップ 記事・レポート 特集 東京オートサロン2019 ダンロップブースは新旧ベントレーの展示で歴史の長さをアピール【東京オートサロン2019】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019 特設ページ

東京オートサロン2019 カスタムカー・カスタムパーツ記事一覧。チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019のカスタムカー・カスタムパーツ記事一覧です。

ダンロップブースは新旧ベントレーの展示で歴史の長さをアピール【東京オートサロン2019】

2019/1/22 10:00 関連: ベントレー ミュルザンヌ
Text: 遠藤 イヅル Photo: 島村 栄二
ダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブース
ダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブースダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブースダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブースダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブース画像ギャラリーはこちら

過去から未来に続くダンロップの先進技術をコンセプトにしたブース展示

住友ゴム工業は、東京オートサロン2019に「Spirit of Evolution」をコンセプトとしたダンロップブースを出展。最初のモデルと現行モデル、ダンロップタイヤを履いた2台のベントレーが登場して注目された。展示された「最初のベントレー」は「3リットル」と「ミュルザンヌ スピード」。

ダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブースダンロップ  東京オートサロン2019 出展ブース

3リットルは1921年から1926年まで生産されたベントレー初の生産車種。1924年のル・マン24時間レースで優勝したことでも知られる。最新型のミュルザンヌ スピードは、2010年にデビューした現行モデルの超高級サルーンだ。6.75リッターのV8 OHV ツインターボエンジンは最高出力537psに達し、2.8tの巨体を0-100km/hを4.9秒で加速させる。

ミュルザンヌの車名は、ル・マン24時間レースの舞台となるサルトサーキットのコーナーに由来しており、ベントレーのル・マンにかける思いを感じ取ることができる。1924年に優勝した際に装着していたタイヤ、そして現行モデルにもダンロップタイヤがチョイスされていることで、「過去から未来に続くダンロップの先進技術」をアピールしていた。なお、ベントレーは今年100周年を迎えることもあり、意味のある展示だったように思う。

そのほか、スポーツタイヤの「ディレッツァ」を中心としたタイヤ製品の展示や、自動運転やカーシェアといった、これからやってくるであろうモビリティ社会への変化に応じた最新の技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を音楽や映像などで体感できる「Lab」(ラボ)も設営された。

[筆者:遠藤イヅル/撮影:島村 栄二]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

東京オートサロン2019 人気記事ランキング

オートックワンのモーターショー特集

ベントレー ミュルザンヌ の関連編集記事

ベントレー ミュルザンヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2019 美女図鑑