autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2017 オトナ向けシックな86「M78×86」をウルトラマンがアンヴェール!【TAS2017】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ
モーターショー 2017/1/15 09:11

オトナ向けシックな86「M78×86」をウルトラマンがアンヴェール!【TAS2017】

オトナ向けシックな86「M78×86」をウルトラマンがアンヴェール!【TAS2017】

ウルトラマンもアンヴェールで祝福

「A MAN of ULTRA」M78×86「A MAN of ULTRA」M78×86

「ウルトラな男を創り出す」をコンセプトに各種商品を展開するブランド「A MAN of ULTRA」。

ウルトラマンに憧れて育った大人たちが、今度は自分たちの中のヒーローを目覚めさせウルトラな男になれるようなライフスタイルを提案する。

同ブランドは、東京オートサロン2017で「オトナのための86」をテーマにしたコンセプトカーを発表。その名も『M78×86』だ。

M78というのは言うまでもなくウルトラマンの故郷であるM78星雲を示している。

東京オートサロン2017会場に設置された展示ブースには、コンセプトカーのデビューを祝してM78星雲のイメージキャラクターであるウルトラマンが来場し、M78×86のアンヴェールを行った。

ウルトラマンやウルトラシリーズとのコラボのクルマというと、科特隊やウルトラ警備隊の車両のように、銀色ベースのSFチックなものを想像しがちだが、「A MAN of ULTRA」では、ウルトラマンや怪獣の姿をリアルに表現しないというコンセプチュアル・ライセンスのスタイルを取るため、M78×86からは直接的にはウルトラマンのイメージはしない。

>>大人向け86「M78×86」の他の写真を見る

シックな渋いオトコのための86

「A MAN of ULTRA」M78×86「A MAN of ULTRA」M78×86

「A MAN of ULTRA」をクルマで展開するにあたり選ばれた車両はトヨタ 86。同ブランドのコンセプトに沿ったクルマとするために、“渋いオトコの魅力”の表現をした。

86のクリスタルブラックシリカをベースとし、クロムパーツを取り付けて高級感ある仕上がりとした。

フロントグリルにはトヨタ2000GTの「T」グリルをオマージュしたグリルガーニッシュを装着、トーンを落とした赤で塗装されたオーバーフェンダーとルーフレールを備える。

インテリアも特別な仕上がりとなっており、シートとダッシュボードはホワイト基調にM78×86のエンブレムをチェック模様に配置。

要所要所に配された赤の差し色も効果的に上質感を高めている。

ヴェールを脱いだ同車は、たしかに大人に似合う、大人が楽しめる86に仕上がっている。

「A MAN of ULTRA」M78×86

トークショーに「ウルトラな男」代表して登場したレーシングドライバーの織戸学氏も、「オトナとしての魅力が伝わってきてとてもいい」と大絶賛した。

プロジェクトメンバーの一人で、今回「A MAN of ULTRA」のエグゼグティブプロデューサーである佐藤佳代子氏の依頼で企画・プロモを行った株式会社レゾナンスの近藤正純ロバート氏によれば、オートサロンとオートメッセの展示で反応を確認し、今春の発売を目指したいという。

シックな装いのオトナ向け86の発売を期待したい。

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

東京オートサロン2017 美女図鑑