autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 東1ホール屋外にはいぶし銀の猛者“はたらくくるま”が大集結!【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/11/7 19:46

東1ホール屋外にはいぶし銀の猛者“はたらくくるま”が大集結!【東京モーターショー2017】(1/3)

Text: オートックワン 編集部 Photo: 和田 清志/東京モーターショー2017
東1ホール屋外にて、一般社団法人日本自動車車体工業会のブースが出展されている
八千代工業株式会社 災害初期支援車(参考出品)新明和工業(株) 大型10トン車級 テレスコ式リヤダンプトラックKYB株式会社 MR5030L株式会社浜名ワークス ダブル連結トラック画像ギャラリーはこちら

見逃した!というアナタも必見!

第45回東京モーターショーでは、国内外の四輪・二輪自動車メーカーやサプライヤー、タイヤメーカー、オーディオメーカーが出展している以外にも、東1ホール屋外にて、一般社団法人日本自動車車体工業会のブースが出展されている。

こちらでは、「災害初期支援車」から「10トンダンプ」、はたまた「ダブル連結トラック」や「プレス式ごみ収集車」等といった“働くくるま”が大集結!コンセプトカー等の華やかなモデルとは一線を画す、日常バリバリと働くいぶし銀の猛者達をとくとご覧あれ!!

八千代工業株式会社

八千代工業株式会社 災害初期支援車(参考出品)八千代工業株式会社 災害初期支援車(参考出品)

災害初期支援車(参考出品)

ホンダ アクティダンプをベースに、これまでに同社が手掛けた特装アイテムと培った架装技術を駆使した「災害初期支援車」を参考出品。

近年、日本各地で頻発する自然災害に対し、「できることからやろう」という地域自らの『共助』の取り組みを支えるべく生まれたのが、軽自動車ならではの機動性を活かした「災害初期支援車」だ。また、有事の際以外では、普通の“軽トラ”として防災・防犯パトロールや環境美化活動など、地域のコミュニティでも幅広く活躍する。

東邦車輛株式会社

東邦車輛株式会社 スマートウイング セミ・フルトレーラ(参考出品)東邦車輛株式会社 スマートウイング セミ・フルトレーラ(参考出品)

スマートウイング セミ・フルトレーラ(参考出品)

セミ・フルトレーラとは、ドリーを着脱する事でセミトレーラとしてもフルトレーラとしても運行できるトレーラ。

フルトレーラでは拠点間での大量輸送が可能。輸送回数削減により、近年のドライバー不足解消、燃料等の経費節減に貢献する。また、拠点からの輸送はセミトレーラとトラックに分割し、それぞれ別の目的地へ輸送ができ、輸送方法の選択技が広がる。

今回出展しているトレーラは、セミトレーラ連結全長を12m以下に抑え、通行申請不要のフリー走行が可能。足回りはウェッジブレーキ採用により、ブレーキレスポンスの向上、軽量化、更にはドリーを含む総輪エアサスにより、積荷に優しいトレーラとなる。車体は『スマートウイング』仕様とし、清潔感のあるスムースな外観で、ラッピング等により宣伝効果は抜群。

株式会社浜名ワークス

株式会社浜名ワークス ダブル連結トラック株式会社浜名ワークス ダブル連結トラック

ダブル連結トラック

国内史上最大の連結全長・総容積を誇る、“ダブル連結トラック”を提案。

顧客からの要望を形にしたこの車両は、フルトラクタ10m・フルトレーラ9.9mの荷台内長、総容積129m3を確保。これにより1回の運行で大型トラック2台分の荷物を一括輸送することが可能となった。

現在、物流業界の課題とされているドライバー不足の緩和と輸送効率の向上が期待される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スペシャルスポンサーリンク

東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事