autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 TOYO TIRES OPEN COUNTRY R/T "MOVIE IMPRESSION" 総評

TOYOタイヤ OPEN COUNTRY R/T MOVIE IMPRESSION

JUDGE 総評

実証!!オフロードからオンロードまで、軽自動車との最適なマッチング性に驚愕!OPEN COUNTRY R/Tで軽自動車の新たなスタイルを楽しもう!

Impression by 岡本幸一郎

 SUVテイストが好きでこれらの車種に乗っている人の中には、せっかくだからタイヤにもこだわりたいと思っている人も少なくないことと思いますが、これまでその思いに応えてくれる商品が存在しませんでした。ところが、ようやくその思いに最良の形で応えてくれるタイヤが登場したと感じています。

 できるだけゴツいほうが見た目には迫力があってカッコいい。でも乗り味は悪化させたくない。そもそもサイズが選べない。その点、OPEN COUNTRY R/Tは、乗り心地が悪い、音が騒々しい、ブレーキのききが悪いなどといった、デメリットを感じさせません。

 筆者もこのところ他社製品も含め最近のクロカンタイヤがいかに技術面で進化しているかということを肌身にしみて感じていたところですが、このOPEN COUNTRY R/Tもまさしくそうでした。A/TとM/Tのいいトコ取りをするという手法で、ルックスとドライバビリティの両立を図っているのが特徴で、それを軽自動車向けに設定したという、目のつけどころがユニークなトーヨータイヤならではの新商品だと思います。

 こういうタイヤだったら履きたいと思う人は少なくないことでしょう。

Impression by 藤島知子

 北米では重量級のSUVなどで好評を得ている「OPEN COUNTRY R/T」。そんなタイヤが日本に導入されることはファンにとっては嬉しいニュースです。

 先ずは軽自動車用のサイズから展開されていくとのことですが、クルマのパーツは車両重量や走らせ方によって最適なセッティングが異なるもの。その点、日本の軽自動車の特性に合わせてテストが行われているということにも製品開発にかける意気込みが感じられますね。

 これまでのタイヤの常識からすると、オフロード性能を求めると快適性は諦めなければならないものでしたが、「OPEN COUNTRY R/T」はまさにそんな常識を打ち破る画期的なコンセプトのタイヤ。悪路を走る人でも、じつは8割以上はアスファルトの上を走ることが多いですし、最近のクロスオーバーSUVのブームからしても、日常走行で快適に走れることはドライバーにも同乗者にとっても嬉しいメリットとなるはずです。使い手のニーズに応えるタイヤ作りはトーヨータイヤらしい提案だと思います。

Photo:島村栄二 撮影協力:SPLASH GARDEN 秩父

TOYOタイヤ OPEN COUNTRY R/T 街乗り・オフロードを問わない優れた性能 豊富なサイズラインナップ