autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 オーバー・ザ・20km/L ~飽くなき超低燃費競争~ score02

自称辛口評論家・渡辺陽一郎
自称辛口評論家
渡辺陽一郎
1525mmの全高に見えないスポーティなデザインは優秀だ。専用ボディカラーもいい。適度な近未来感すら感じる各部のデザインを上手にまとめた。 コンパクト初の「アラウンドビューモニター」採用は素晴らしい。合皮コンビシートで「高級」をうたうのは安直だが、毎日のアシとしては十分だろう。 1.2L+スーパーチャージャーエンジンは、動力性能的には十分合格点。ただ、回すと高まるエンジンノイズが残念。もう少し大人な味付けでもいい。

高価なハイブリッド機構を使わずに、24.0km/lの立派な燃費性能は、コンパクトカーを購入する層にとって強力なセールスポイントに違いない。

16point
「オートックワン」Y編集長
オートックワン
Y編集長
適度に凝ったデザインを採用しつつ、日常のアシとしても目立ちすぎないデザインがいい。思った以上に車格感もある。ゴールドボディも意外にしっくりくる感じ。 コンパクトとは思えない広さの車内と十分なサイズのシート、それがレザー仕様なのは非常に嬉しい。実はレザーシートは、服がシワになりにくいのだ。 エコ・スーパーチャージャーを装着して元気な走りと24.0km/lもの低燃費を実現。お世辞抜きに、最近のニッサンはコンパクト作りが上手だと思う。

レザーシート装備なのに安めの価格設定+エコカー減税。しかも実際の燃費もハイブリッドに負けていない。長く乗りたいと思わせる高い経済性を誇る。

18point
マニアックライター・あべ
マニアックライター
あべ
「スカッシュライン」と呼ばれるキャラクターラインや特徴的なヘッドライト、テールランプはノートにクラスを越えた存在感を与えた。サイドウインドーも個性的。 変に凝りすぎずとも安っぽさを感じさせないインテリアは立派。ピアノ調のセンターパネルが奢られなかなか上質。リアシートの居住性に余裕があるのも嬉しい。 3気筒1.2Lにダウンサイジングされたがスーパーチャージャーのお陰でパワーは十分。扱いやすさも◎。乗り心地は少し硬めだがペースを上げるとシックリくる印象だ。 非ハイブリッドとしては24.0km/lの燃費は立派。スイッチひとつでECOモードに設定できアイドリングストップ機構が備わるのも現代のエコカーらしい。 18point
一般ユーザー代表・オギクボさん(47・神奈川県在住)
一般ユーザー代表
佐藤さん 41・東京在住
ノート、売れてるんですね。よく見かけるので、すっかり街に馴染んだ感じです。よく見ると、意外に男性的なデザインという印象を受けました。 コンパクトカーでレザーシートって、少し通っぽくてオシャレだと思います。しかもリアシートも広いんですね。欲しくなってきました。 スーパーチャージャーは、すごく自然な感じで非常に乗りやすいと思います。また見切りがいいので、都会での使用ならかなりベストじゃないですかね。 ハイブリッドでなくても24.0km/lもの燃費性能を誇りつつ、価格も安め。非常に割安感がありますね。ゴールドのボディカラーも実は好みだったりします。 17point
POINT(平均値)17.25

総合評価:平均値:16.75POINT

エコ・スーパーチャージャー採用&リアの居住性にも優れる大人気コンパクトモデルだけに、そもそもの評価が高い。合皮ながらレザーコンビシートの採用、「アラウンドビューモニター」搭載を考慮すると、この価格は非常にお買い得だろう。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ