autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) どんな車種でも最高のパフォーマンスを発揮するオイル TAKUMIモーターオイルの製品ラインアップを紹介!【Vol.2】

編集企画(パーツ・用品) 2019/4/2 12:30 AKTジャパン
PR

どんな車種でも最高のパフォーマンスを発揮するオイル TAKUMIモーターオイルの製品ラインアップを紹介!【Vol.2】

Text: 小鮒 康一 Photo: AKTジャパン

全てのクルマを愛する人に高品質で低価格なオイルを!

TAKUMIモーターオイル

”もっと走りたい人のために”、”高品質×低価格”をコンセプトに良質でリーズナブルなモーターオイルを提供しているTAKUMIモーターオイル。

MADE IN JAPANの高品質と本物の性能。そしてリーズナブルな価格を実現したTAKUMIモーターオイルは、今や世界のモーターファンから高い評価を得ているオイルだ。

全ての自動車ユーザーに本物の性能を体感してもらいたいと願うTAKUMIモーターオイルは、様々な自動車に使えるように、そのクルマに合った専用のオイルを多数展開している。

今回はそんなTAKUMIモーターオイルの製品ラインアップを紹介していきたい。

>>TAKUMIモーターオイルのオフィシャルサイトはコチラ

TAKUMIモーターオイルの製品ラインナップを一部紹介

X-TREME series(エクストリームシリーズ)

TAKUMIモーターオイル

TAKUMIモーターオイル X-TREME series(エクストリームシリーズ)は、100%化学合成油の中でも最高品質であるベースオイル、ESTER(エステル)、PAO(ポリアルファオレフィン)、HIVI等を配合し製造されている。

ラインナップは、主に耐久レースやタイムアタック、スプリント競技に最適な、0W-40、5W-50。

また、10W-40および超高粘度オイルとなる10W-60は、新世代ベースオイルHIVI(ハイヴィアイ)とPAOをブレンドすることで熱安定性を高めており、中・大排気量ターボ車などドリフト競技に最適なスペックを実現している。

これらX-TREMEシリーズでは、サーキットユーザー向けのフラッグシップモデルとして高性能を極限まで追求しており、長時間の高温、高圧環境下で安定した油圧性能、潤滑性能、冷却性能を発揮するもの。その性能は日本最高峰のレース「スーパーGT」や、シリーズチャンピオン経験もある「スーパー耐久」出走車両に使用され実証され続けている。

HYBRID series(ハイブリッドシリーズ)

TAKUMIモーターオイル

柔らかい粘度特性を持つHYBRID series(ハイブリッドシリーズ)は、最新のスポーツカーやエコカー、ハイブリッド車に最適な粘度特性となっている。

ピストンクリアランスの小さい最新の日本車エンジンでは、ミクロン単位のクリアランス(隙間)に入り込み潤滑性能を発揮することと同時に、薄い被膜においても決して油膜切れを起こさない粘りが必要となる。

HYBRIDシリーズでは、最新のベースオイルにPAO(ポリアルファオレフィン)を配合することで基本特性を高め、さらに独自の添加剤技術により相反する2つの要求性能を実現しており、良好な始動性と省燃費性を確保しつつも、スポーツカーに求められる強靭な油膜性能、潤滑性能を発揮するオイルとなっている。

HYBRIDシリーズはハイブリッド車専用という意味ではなく、ベースオイルに特殊な添加剤を配合しているため、その名前が付けられたものだ。

省燃費車やハイブリッド車には0W-20を、新車設定において0W-20が指定オイルのスポーツカーや、走行距離が多い車両には0W-30が推奨されている。

HIGH QUALITY series(ハイクオリティシリーズ)

TAKUMIモーターオイル

新世代ベースオイルHIVIを使用したTAKUMIモーターオイルシリーズの中核となるHIGH QUALITY series(ハイクオリティシリーズ)。日本および世界中で流通する様々な車両に適合するように全5ラインナップが揃っている。

HIGH QUALITYシリーズでは、エンジンオイルの基本性能である潤滑性能、冷却性能、密封性能をバランス良く向上させることに成功。この性能は乗り出してすぐに感じられる、滑らかな回転フィーリングや静粛性に現れている。

またオイルのロングライフに貢献する清浄分散性能(汚れを浄化する性能)も高く、約1万Km以上のオイル交換サイクルを実現した、TAKUMIモーターオイルのコンセプトである、”高品質×低価格”を実現するハイ・コストパフォーマンスモデルとなっている。

STANDARD series(スタンダードシリーズ)

TAKUMIモーターオイル

STANDARD series(スタンダードシリーズ)は鉱物油の中でも安定性の高い良質なベースオイルを使用し、オイルシールやパッキン類への攻撃性の低い添加剤を厳選採用して開発された、旧車や年式の古い車両向けのエンジンオイル。

現行型の車両よりもピストンクリアランスが大きいエンジンを想定し開発されたSTANDARDシリーズは、安定した粘度特性、潤滑性能、清浄分散性能を備えながらも、やや硬めの粘度特性を持たせることで、密封性能を高めることに成功している。

この結果、エンジンを強力に保護しつつ、スムーズな回転フィール、出力の向上・維持、静粛性を実現しており、古きよき時代のクルマを愛するユーザー向けのオイルとなっている。

CLEAN DIESEL series(クリーンディーゼルシリーズ)

TAKUMIモーターオイル

CLEAN DIESEL series (クリーンディーゼルシリーズ)では、最新の環境保護装置であるDPF触媒(ディーゼル微粒子捕集フィルター)を装着したバス・トラックにも使用可能であるDPF CLEARを筆頭に汎用性の高いマルチグレードオイルを各種取り揃えている。

TAKUMIシリーズに特徴的な清浄分散作用を向上させる独自の添加剤により、低燃費とロングライフに貢献するディーゼルエンジン用オイルとなっている。

ディーゼルオイルとしては圧倒的なコストパフォーマンスを実現している点にも注目だ。

どんな車種でも最高のパフォーマンスを実現する TAKUMIモーターオイル!

TAKUMIモーターオイル

また、TAKUMIモーターオイルでは上記の5種類のエンジンオイルのほかに、高負荷のトランスミッション・LSD用のギアオイルのMULTI GEAR series(マルチギアシリーズ)や、高性能オートマチックトランスミッション用フルードのAT FLUID series(ATフルードシリーズ)、過酷な環境に耐えうる船舶専用オイルのMARINE series(マリンシリーズ)といったオイルも取り揃えている。

さらに現在開発中の新たなオイルも登場間近ということで、こちらも期待したいところだ。

>>TAKUMIモーターオイルのオフィシャルサイトはコチラ

筆者: 小鮒 康一

Corporate Profile

企業名:株式会社AKTジャパン

郵便番号:331-0812

住所:埼玉県さいたま市北区宮原町3-586 サニクス21A 4F

企業HP:こちら

TAKUMIモーターオイル Info

TAKUMIモーターオイル とは?

TAKUMIモーターオイル(タクミモーターオイル)は、埼玉県に本社を置く株式会社AKTジャパンが展開するオイルブランドの名称である。2010に誕生したTAKUMIモーターオイルは、「本物をリーズナブルに提供する」ことがブランドのビジョン。世界中で人気のあるMADE IN JAPAN製品をリーズナブルな価格で提供し、より多くのクルマを愛する方達に使ってもらい、その性能を体感してもらう。そのビジョンを実現する為にロシアから販売を始めたTAKUMIモーターオイルは瞬く間に世界に広がり、今では世界25カ国以上で愛されているほどのオイルになった。高品質・高性能・そして高いコストパフォーマンス。モータースポーツファンから一般ユーザーまで、あらゆるニーズに答える「本物志向」のモーターオイル、それがTAKUMIモーターオイルなのだ。

<TAKUMIモーターオイルの製品一覧はコチラ> こちら