世界レベルの技術力で高級車を気軽にイメージチェンジ! ボディラッピング/ペイントプロテクションならジャスティス【Vol.2】

プレミアムスポーツカーからGクラスなど高級車もお任せできる!

前回のVol.1ではゲレンデヴァーゲンをブランドネームに採用し、乗り心地を改善するショックアブソーバや、エアロパーツ、スムージングキットなど魅力的なGクラス用パーツを数多くラインアップする老舗カスタマイズパーツメーカー“ゲレンデヴァーゲンファクトリー”を紹介した。

ジャスティス

メルセデス・ベンツのGクラスは昨年フルモデルチェンジ並みの改良が行われたことから、ゲレンデヴァーゲンファクトリーでも新型G63AMG用のサスペンションやフロントリップスポイラーをすでに開発しており、今後の動きが注目されている。

>>メルセデス・ベンツ Gクラスの老舗カスタマイズパーツメーカー “ゲレンデヴァーゲンファクトリー” 【Vol.1】

このゲレンデヴァーゲンファクトリーのアンテナショップとして2015年にオープンしたのがジャスティスだ。ゲレンデヴァーゲンファクトリーの全商品、および一流メーカーのパーツを取り揃えて、ユーザーの要望に見合ったファッショナブルなクルマに仕上げてくれる。また車検整備やオイル交換といったメンテナンスも行っている。

ジャスティス

そして一般的なアンテナショップはそのブランドのパーツに特化したサービスメニューを取り揃えているが、ジャスティスのピットを覗いてみるとGクラスだけでなく、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニといったプレミアムスポーツが数多く並んでいる。

ジャスティス

メンテナンス作業はもちろんのこと、これらの欧州車ユーザーから好評を得ているのがラッピング事業部のボディラッピング/ペイントプロテクションフィルム施工/ボディコーティングだ。

ジャスティスのオフィシャルページはこちら

欧州車ユーザーに好評なボディラッピング&ペイントプロテクションフイルム

ジャスティスジャスティス

ジャスティスのボディラッピングの技術力は世界でも証明されており、ジャスティスが過去参戦したラッピングの世界大会で4位入賞という実績を残している。

その技術力の高さゆえに高級車ユーザーも安心して施工を任せることができるのだ。

塗装せず個性的なボディへと変身させるボディラッピング施工

ジャスティス

まず紹介するボディラッピングはフィルムを使用したボディカラーチェンジ。塗装と違い、フィルムを剥がせば元の純正ボディに戻せるので車両価値が下がらないのもボディラッピングの魅力。

傷一つつけたくないボディの保護にも一役買ってくれるため、塗装をするにはちょっと・・・という高級車には最適な施工だ。

ジャスティスジャスティス

ピットの一角にはホコリなどが入らないように外部と遮断した作業ブースが設けられており、そこでラッピング作業が行われている。

ジャスティス

3M、エイブリーデニソン、オラカルなどの耐久性に優れたフィルムを使用し、オールペン同様の美しいボディに仕上げてくれる。

ジャスティス

人気のカラーはマットブラックで、これまでランボルギーニ・アヴェンタドールやロールスロイス・ゴーストをマットブラックにカラーチェンジをしたという。

ジャスティス

そして個性的なボディカラーを望むユーザーにオススメしているのがメッキ系のフィルムや見る角度によって色が変わるカラーシフトのフィルム。数タイプの中から好みのカラーをセレクトできる。

ジャスティスジャスティス

またリクエストがあればオリジナルのグラフィックを出力したラッピングやアニメキャラを配置した痛車ボディに仕上げることだって可能だ。

ボディラッピングの詳細はこちら

飛び石などからボディを守るペイントプロテクションフイルム施工

 

ジャスティス

ペイントプロテクションフィルムはそのネーミングどおり、飛び石からボディを守る透明のフィルムだ。ポルシェやフェラーリなどのスポーツ系モデルの場合、サーキット走行を行うこともあるはず。その際、ペイントプロテクションフイルムは有効だ。

素材は無色透明なのでプレミアムスポーツならではの艶やかなボディの美しさをフィルムによって阻害することはない。

ジャスティス

使用するのは国産のIKCプロテクションフィルムだ。バンパー/ボンネット/フェンダーは軟質ウレタンフィルム、ウインドウにはパッド系フィルムでボディをしっかりとガードしてくれる。

このラッピング作業はフィルムがあればできるというわけではなく、経験と知識が必要となる作業だ。ボディサイズに応じて適切にフィルムをカットし、気泡やホコリが入らないように丁寧に貼っていく必要がある。ジャスティスでは最新のカッティングマシンを備えて、熟練したスタッフが完璧な施工を行っている。

ペイントプロテクションの詳細はこちら

撥水性防汚・高耐久パフォーマンスのボディーコーティング

ジャスティス

ジャスティスが得意とするもうひとつの作業メニューがボディコーティング。

丁寧に下地処理をおこない、オリジナル1液性コーティング剤のガラス系被膜で覆うことで、撥水性を高め、汚れを寄せ付けない濡れたようなしっとりとした光沢のボディに仕上げてくれる。ウォータースポットなどの固着を低減してくれるため、雨の度に神経質にならなくても良いのはうれしいポイントだろう。

新車はもちろん、汚れや水を弾かなくなったり、輝きが鈍くなった愛車にも最適なメニューだ。

ガラスコーティングの詳細はこちら

高級車のラッピングからカスタマイズまで頼りになるジャスティス

ジャスティス

このようにジャスティスではハイグレードな高級車やスポーツカーのラッピングやプロテクションフィルム施工を得意としている。さらにドレスアップや車両内部の機能のカスタマイズも可能であり、高級車ユーザーにとっては頼りになるショップだ。

次回のvol.3はジャスティスの別事業部となるジムニー専門ブランドのクライムマックスを紹介する。次回もお楽しみに!

ジャスティスのオフィシャルページはこちら

筆者   オマドーン
元自動車雑誌編集者で、現在はフリーランスフォトグラファー・ライターとして活動している。カスタム系雑誌やWEB媒体への寄稿も多く、関西エリア、東海エリアを主に拠点としている。車両撮影やイベント取材も積極的に行っており、様々な才能を多方面で発揮しているマルチプレイヤーだ。
関連車種
  • 488GTB
  • 488ピスタ
  • アヴェンタドール
  • 911
この記事の写真ギャラリーはこちら

ジャスティスの関連記事

Brand Info - ジャスティス

ゲレンデヴァーゲンファクトリーのアンテナショップであり、全商品および一流メーカーのパーツを取り揃えている。ハイグレードな欧州車、プレミアムスポーツカーなど様々な車種のカスタムからメンテナンスまで幅広く対応している。またボディラッピング/ペイントプロテクションフィルム施工/ボディコーティングを得意としており、世界レベルの技術力を持つことからも安心して施工を任せられると高級車ユーザーから好評。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:株式会社 Justice(ジャスティス)

郵便番号:571-0002

住所:大阪府門真市岸和田3-45-23

TEL:072-887-7333

企業HP:こちらから