autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 アバルトはニューモデルもやってきた!ハード&エレガントの2本立て【TMS2015】

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/11/2 19:44

アバルトはニューモデルもやってきた!ハード&エレガントの2本立て【TMS2015】

関連: アバルト Text:
アバルトはニューモデルもやってきた!ハード&エレガントの2本立て【TMS2015】

695ビポストはまさにマシーン

FCAジャパン株式会社は、今年9月に発売が開始されたばかりのニューモデル「ABARTH 695 Biposto(アバルト 695 ビポスト)」も、『東京モーターショー2015』にやってきた!

1964年のABARTH 695誕生から50周年を記念してラインアップされた695ビポストは、190馬力で1tを切る車重というスペックによりパワーウェイトレシオはなんと5.2kg/HP。しかもレース用トランスミッションであるドグリングトランスミッションを一部に採用、さらには2シーターというのだから、まさに「マシーン」だ。ボディカラーもマットグレーで凄みを増している!

ABARTH 695 Biposto(アバルト 695 ビポスト)

いっぽう、赤と黒のシックなツートン(ビコローレ)に装われた外観とアルカンターラ+レザーの上質な内装を持つ「アバルト595ツーリズモ」は、アバルトのシリーズの中でもエレガンスとハイパフォーマンスを兼ね揃えたグレードだ。

フィアットのコンパクトハッチバック「500(チンクエチェント)」をベースにしたスポーツモデル「アバルト500」をベーシックとして明確に分けたことで、「アバルト595」がより上位車種であることが鮮明になった。高い性能を持つが快適に移動出来る優れたグランドツーリング(GT)カーでもあるのだ。

2台のアバルトはどちらもフィアット500をベースとしたエクステリアを持つが、その中身は真逆。695ビポストはサーキット専用車のようなハード・マシン、そして595ツーリズモはオトナ向けのエレガントさを持つGTカー。その違いを見るのも面白いだろう。

【TMS2015】アバルト595ツーリズモ

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アバルト の関連編集記事

アバルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト の関連編集記事をもっと見る

アバルト の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド