autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 トヨタの隠し玉!トヨタ最小“遊べるFRスポーツ”「TOYOTA S-FR」を世界初披露!

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/10/8 13:30

トヨタの隠し玉!トヨタ最小“遊べるFRスポーツ”「TOYOTA S-FR」を世界初披露!

関連: トヨタ Text:

次期型プリウスが大きな話題となっているトヨタだが、「東京モーターショー2015」ではさらに隠し玉を持っていた。全長4mを切るサイズのコンパクトFRスポーツを披露するというのだ。

世界初公開となる新世代ライトウェイトスポーツコンセプトの名前は「TOYOTA S-FR」。ちなみに「S-FR」の「S」は、スポーツの“S”ではなく、スモールの“S”。

ボディサイズは、全長3,990×全幅1,695×全高1,320(mm)、ホイールベース2,480mm。乗車定員は4人でトランスミッションは6速MT。

TOYOTA S-FR エクステリア

【S-FRの画像ギャラリー29枚】

トヨタは2017年から世界ラリー選手権(WRC)に参戦しようとしているが、そのクルマをベースに、このS-FRの開発を進めたとも言われている。

開発テーマは大きくわけて[Compact & Simple][Fun to Drive][Design]の3つ。

ボディはコンパクトで画期的な軽量化を実現し、ロングノーズとワイドスタンスはスポーツカーとしての骨格を追求。

さらに意のままに操れ、思い通りにクルマが反応し、クルマから返ってくる挙動を感じてコントロールできるFR(フロントエンジン・リアドライブ)独自の心地よさも追求したという。

最近のトヨタとフロントフェイスといえば、キーンルックと呼ばれるツリ目顔だが、このS-FRは方向が違う。愛着のわく丸みを帯びたスタイルに丸目を採用。これにより親しみやすさを表現している。

また、シンプル&モダンに仕上げられたインテリアと合わせて「親しみやすいシンプルさ」と「走りの予感」を両立させたという。

TOYOTA S-FR エクステリア

気になる方も多いと思うが、エンジンは何を載せるか等、何も決まっていないという。デザインもあくまで提案ベースで、ユーザーの反応を見てみたいとのこと。

ただ、写真を見てもらえば分かるように、コンセプトカーといえども完成度は非常に高い。市販化されるかどうかは、このモーターショーでの反響をみて決断されると思われる。

TOYOTA S-FR インテリア

東京モーターショー2015にて速報中!!その他の気になるモデルはコチラから

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド