autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 横浜ゴム、2つの“ビッグニュース”を発表 ~チェルシーFC ロゴ入り記念タイヤ発売/20年振り「ADVAN」を国内トップフォーミュラへ供給~ 2ページ目

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/11/5 18:19

横浜ゴム、2つの“ビッグニュース”を発表 ~チェルシーFC ロゴ入り記念タイヤ発売/20年振り「ADVAN」を国内トップフォーミュラへ供給~(2/2)

横浜ゴム、2つの“ビッグニュース”を発表 ~チェルシーFC ロゴ入り記念タイヤ発売/20年振り「ADVAN」を国内トップフォーミュラへ供給~

水森友香ちゃんが、横浜ゴムブースの見どころをご紹介!

皆さんこんにちは。今回の東京モーターショーで横浜ゴムブースのコンパニオンを務めております、水森友香と申します。今日は私が横浜ゴムブースの見どころをたっぷりお伝えしたいと思います。

まず、最初にご紹介するのは、横浜ゴムの最新技術が詰め込まれた「エアロダイナミクスタイヤ」です。これは、2010年から横浜ゴムが研究を重ねてきたテクノロジーで、なんとクルマの低燃費化に貢献することができるタイヤなんです。

最初に着手したのは「ディンプルサイドデザイン」です。タイヤのサイドにディンプル、つまりくぼみをつけることで、走行中の空気の広がりを抑えて空気抵抗を減らすことができました。なんとこれ、ゴルフボールの表面のくぼみからアイディアを得たんですって。

そして次に開発したのが「サイドフィンデザイン」です。

まずはタイヤの内側に小さなフィンをつけて、クルマを前に進める推進力が発生することを見つけました。さらに、タイヤの外側にもフィンをつけたことで、クルマ全体の空気抵抗を小さくすると同時に、クルマ自体の安定感を高めるリフト抑制効果があることを発見したんです。

これらのテクノロジーを複合的に組み合わせて空気抵抗を減らし、結果的に燃費性能の向上を実現するのが「エアロダイナミクスタイヤ」なんです。

この世界でも類を見ない「エアロダイナミクスタイヤ」、現在はまだコンセプトモデルですが、横浜ゴムでは今後も開発を続けていき、近い将来の市販化を目指しています。

次にご紹介するのは、横浜ゴムブースの中央に置いてあるカッコいいアドバンカラーのフォーミュラマシンです。

実は2016年シーズンから、国内最高峰のフォーミュラカーレースである「スーパーフォーミュラ」で、YOKOHAMAのタイヤが使用されることが決定しました。

現在FJやF3、スーパー耐久などでも採用されている横浜ゴムのタイヤが来年からスーパーフォーミュラでも採用されることで、今後は国内のほとんどすべてのモータースポーツでYOKOHAMAを見られるようになります。もう今からレースのある週末が楽しみで仕方ないですね♪

最後にご紹介するのは、私たち横浜ゴムのコンパニオンが着ているこのユニフォームに関するニュース。

はい、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、英国のサッカー・プレミアリーグのチェルシーFCと横浜ゴムが今シーズン(2015-2016シーズン)からスポンサー契約を結ぶことになりました。

チェルシーといえば、サッカー好きで知らない人はいない世界的にも有名なチーム。ブラジル代表のオスカル選手やスペイン代表のディエゴ・コスタ選手、セスク・ファブレガス選手、イングランド代表のジョン・テリー選手など世界中のスタープレイヤーが数多く所属する強豪です。

見てのとおり、今シーズンのチェルシーのユニフォームの胸には「YOKOHAMA」の文字が大きく刻まれています。また、この横浜ゴムブースには、チェルシーFCからお借りした、本物のプレミアリーグの優勝トロフィーも展示されているんです!なかなか日本ではお目にかかれないこのトロフィーを是非見に来てください。

それともうひとつ、今回のチェルシーFCとの契約を記念して、チェルシーのロゴが入った特別なタイヤ「ブルーアース・エース チェルシーFCエディション」が発売されることになりました。全国のタイヤガーデンかグランドスラムにて3サイズ限定で販売されています。ファンの方は是非チェックしてみてくださいね。

以上、横浜ゴムブースコンパニオン、水森友香が今回のブースの見どころをお伝えしました。あ、もちろん私に会いに来てくれても嬉しいですよ。

東京モーターショー 横浜ゴムブースでお待ちしています!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド