autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 DUNLOP VEURO VE303 プレミアムコンフォートタイヤ ロードインプレッション 商品解説

斎藤 聡のロードインプレッション

剛性アップによって、操縦性が向上!

操縦性については各部の剛性アップによって実現。具体的には、タイヤの骨格の一番外側(トレッド面)に配置され、桶や樽のタガのような役割を果たすベルト部に、剛性の異なるコードを縒(よ)って作られたハイブリッドバンドを採用する。またサイドウォール部にもストリップエイペックスと呼ばれる補強帯を用いてダンピング性能の強化を図っている。
トレッドデザインも縦溝主体のものとなり、VE302と比べるとリブ(縦のブロック列)剛性が高められている。

剛性を高めた「新構造」・剛性分布を最適化した「新パターン」・接地形状・接地圧シミュレーションでの検証

DUNLOP VEURO VE303

ロードノイズを大幅に低減することに成功!

静粛性では、やはり特殊吸音スポンジの採用が大きな特長といえる。タイヤには、主にパターンノイズとロードノイズの2種類があり、このうちロードノイズはタイヤの振動がボディに伝わりボディと共振して起こるノイズといわれている。特にボディの固有振動数である250Hz付近のノイズはノイズ低減が難しいといわれている部分。VEUROの特殊吸音スポンジは、この250Hz付近で共振する、タイヤの内部で起こる空洞共鳴音を低減することで、ロードノイズを大幅に低減することに成功した。
トレッドデザインでは、左右のショルダーブロックを極細溝で小さく切る分けることで、滑らかな乗り心地とパターンノイズの低減を図っている。

世界初「特殊吸音スポンジ」で空気圧力変動を抑制・ラグ溝容積を減らした「新開発パターン」・パターンノイズ比較・ロードノイズ比較

DUNLOP VEURO VE303

転がり抵抗を低減し、ロングライフ性能を向上!

このほか、時代の要請にこたえて転がり抵抗を低減。評価したいのは、ウエットグリップ性能を落としていないこと。結果タイヤグレーディングでは転がり抵抗/ウエットグリップ=A/bを取得。
またトレッド面剛性を高めるとともに均一化したことで、耐摩耗性も高めて、ロングライフ性能もアップしている。

転がり抵抗比較・低燃費タイヤラベリング制度で「A-b」を獲得

DUNLOP VEURO VE303

Text:SATOSHI SAITO Photo:KIYOSHI WADA