autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) コラゾン レヴォーグ用フルLEDテールランプの魅力を徹底解説 Vol.2

編集企画(パーツ・用品) 2018/9/27 12:57 株式会社ラブラーク
PR

コラゾン レヴォーグ用フルLEDテールランプの魅力を徹底解説 Vol.2

コラゾンのフルLEDテールランプはスバルファンも納得のクオリティ!

ラブラーク コラゾン フルLEDテールランプ

コラゾン、レヴォーグ用LEDテールランプの魅力を全3回に渡って紹介する今回の連載。Vol.1の記事では、スバル専門カスタムパーツメーカーであるコラゾンの紹介と、レヴォーグオーナーが抱えるテールランプの悩みについて紹介させていただいた。

連載2回目となる今回の記事では、コラゾンのレヴォーグ用フルLEDテールランプのどこが優れているのかを詳しく紹介していく。

もしVol.1の記事を見逃してしまった方が居たら、以下のリンクから読んでコラゾンの魅力を知っていただきたい。

>>コラゾン レヴォーグ用フルLEDテールランプの魅力を徹底解説 Vol.1

>>コラゾンのオフィシャルサイトはコチラ

コラゾンのフルLEDテールランプは、安心の保安基準適合品

ラブラーク コラゾン フルLEDテールランプ

さて、ここまで読んでいただいた方の殆どはスバル車のオーナーなのではないだろうか。それを知って敢えて言わせてもらうが、スバル車オーナーは他メーカーのオーナーに比べてクルマに拘りのある方たちが非常に多いように思う。

スバル車を愛してやまない方達のことを「スバリスト」と呼ぶこと自体がそれを物語っている。(一般的に、他メーカーの愛好家たちはそれを示す言葉が存在しない)

そんなスバル車オーナーの諸兄たちは、取り付けるパーツへの拘りもひときわ強く、品質はもちろん保安基準への適合性も気になるのではないだろうか?

「コラゾンのLEDテールランプは保安基準適合品か?」その点に関して、コラゾン製のテールランプは全く問題ないと断言できる。

コラゾンのフルLEDテールランプは、欧州の厳しい審査基準をクリアした「e-マーク」を全製品で取得済みなのだ。「e-マーク」を取得した製品は一定の保安基準を満たしている証明になるので、日本の保安基準にも適合している証明となるので安心だ。

コラゾンのフルLEDテールランプは、そのほかにも取り付けるメリットが沢山!

ラブラーク コラゾン フルLEDテールランプ

左右対称デザインで視認性が大幅に向上

コラゾンのレヴォーグ用LEDテールランプは、ラインナップの全てが左右対象のデザインをしていることも特徴のひとつだ。

リアフォグ付きの純正テールランプは右側レンズの一部赤くなっており、デザインのバランスが少々悪い。更には上述したような視認性の問題も出てくるが、コラゾンのLEDテールランプであればこの問題を全てクリアできる。

コラゾンのLEDテールランプは、リアフォグランプ、並びにバックランプが左右両方のテールランプで対象に光るため、視認性と安全性の両方が大幅に向上するという訳だ。

またLEDバーの部分には光り方が均一で色ムラの無い設計としている。夜間に抜群のアピール力を発揮するとともに、日中でも高い視認性を確保しているのだ。

ラブラーク コラゾン フルLEDテールランプ

LEDのドット抜け(球切れ)にも1年間の保証付き

LEDのテールランプは、ハロゲン球を使用したテールランプとは違い、多数のLEDが基盤に配置されている。

基盤に取り付けられた小さなLED電球は基本的に交換不可能となるため、もし基盤に配置された一部のLEDが球切れを起こしてしまうと、発行面の一部だけが光らなくなる「ドット抜け」という症状が発生してしまう。

そして、品質の悪いLEDテールランプではこの「ドット抜け」が起きる事が非常に多く、ドット抜けに対する保証がされることもほとんど無い。

しかし、この点もコラゾンのテールランプならば心配いらない。コラゾンのテールランプは1年間の製品保証が付いており、LEDのドット抜けもその対象に含まれる。また、水漏れに対する保証にも同様の期間が適用されるので安心だ。

ラブラーク コラゾン フルLEDテールランプ

型から起こした完全オリジナル品

コラゾンのLEDテールランプは、自社で起こした型から作られている完全オリジナル製品だ。細部まで拘りぬいた設計となっているため、純正テールランプと同等の非常に高品質な仕上がりとなっている。

全レンズにはCORAZONのロゴも入っており、自社製品への自信の高さがうかがえると共に、購入者への満足度も高い仕上がりだ。

流行のシーケンシャルパターン(流れるウインカー)にも対応

ラブラーク コラゾン 切り替えスイッチ

コラゾンのLEDテールランプは、通常の点滅タイプのウインカーと、シーケンシャルパターン(流れるウインカー)の2種類から選ぶことができる。

シーケンシャルパターンも保安基準に適合した点灯パターンとなっているので、2種類のパターンから好みのものを選択することが可能だ。

また、4灯ウインカー&点灯切り替えバージョンのLEDテールランプでは、ハッチバック側のランプからボディ側のランプまで連続して流れるシーケンシャルパターンを実現。さらには、付属のスイッチによって瞬時に点滅パターンを通常の点滅に切り替える事も可能だ。

ディーラーでの取り扱い、取り付け実績もあり。DIYでも取り付け可能

コラゾンのLEDテールランプの配線は、DIYでも取り付けができるようにすべてカプラーオン方式となっている。面倒な配線加工を必要としないため、説明書を見ながらじっくりとカスタムに挑戦することも可能だ。

また、スバルディーラーでの正規取り扱いや取り付け実績も多数ある為、もし取り付けに不安のある方は頼んでみることも容易だ。

もはや取り付けない理由が見当たらない!?コラゾンのテールランプ!

ラブラーク コラゾン フルLEDテールランプ

いかがだっただろうか。正直これほどまでクオリティの高い社外テールランプを探すのは困難なほどの拘りようだと言えよう。

次回、連載最終回となるVol.3の記事では、コラゾンのレヴォーグ用テールランプの製品ラインナップを紹介していく。自分の思い描いたレヴォーグのスタイルを実現する、コラゾンのLEDテールランプシリーズの紹介を期待していてほしい。

>>コラゾンのオフィシャルサイトはコチラ

Corporate Profile

企業名:株式会社ラブラーク
郵便番号:536-0025
住所:大阪府大阪市城東区森之宮2丁目4番30号
TEL: 06-4258-0416
<企業HP>こちら
<会社概要>こちら

CORAZON Info

CORAZONとは?

CORAZON(コラゾン)は、大阪府に本社を置く自動車用アフターパーツの企画、デザイン、開発を行っているブランドである。スバル車専門のパーツブランドとして25年以上の歴史を持っており、独自の発想を持った製品をこれまで数多く世に送り出してきた。コラゾンの製品は日本だけでなく世界から高い評価を受けており、年々そのファンを増やしている。ちなみに「CORAZON」とはスペイン語で「心」を意味している。心をもってデザインし、制作し、ユーザーの要望に応える。そんな信念がブランド名になっているという訳だ。

<CORAZON 製品について> こちら

<CORAZON コンプリートカー情報> こちら