autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) BMW&MINIのコーディングならRAIKO(ライコウ)!コーディングで出来るメニューとはどんなもの?【Vol.2】

編集企画(パーツ・用品) 2019/4/1 14:00 株式会社ファーストプロデュース
PR

BMW&MINIのコーディングならRAIKO(ライコウ)!コーディングで出来るメニューとはどんなもの?【Vol.2】

関連: ミニ ミニ Text: オマドーン Photo: オマドーン

コーディングをすれば、デイライト点灯や走行中のナビ操作も可能になる!

ファーストプロデュース RAIKO

純正コンピュータの設定を書き換えて、購入時に備わっている機能を変更するのがコーディング。輸入車の場合、日本の道路交通法に適合させるために本国仕様の機能を封印しており、コーディングによって変更できる箇所は多々ある。

ライコウではBMW&ミニをメインに施工しているがBMWなら05年モデル、ミニなら07年モデルあたりからがコーディングの対照車。それじゃ、BMW&ミニの場合、コーディングでどんなことができるか解説しよう。

>>RAIKOのオフィシャルサイトはコチラ

RAIKO(ライコウ)で可能なコーディングメニューの一例

ファーストプロデュース RAIKO

■スモールランプをデイライトへに設定変更(17年モデルまで)

各国の道路交通法の関係から、輸入車の17年モデルあたりまでは、本国ではデイライトとして点灯するLED。それがが日本仕様ではスモールとして点灯するように設定されている。

コーディングでデイライトとして点灯させれば、スモールでは自動的に減光して本国仕様と同じセッティングとなる。

ファーストプロデュース RAIKOファーストプロデュース RAIKOファーストプロデュース RAIKOファーストプロデュース RAIKO

■走行中にTVの視聴、ナビ操作が可能 (ID5 ID6 ID7除く) 

走行上の安全性を考慮して純正はTVの視聴やナビ操作は走行中にはできないようになっている。アフターメーカーからキャンセラーなどが販売されているが、コーディングによって解除することが可能。純正はコンピュータで速度10km/h以上で機能が作動するように設定されているが、コーディングによって255km/h以上に変更することで通常走行時ではTVの視聴やナビ操作が可能になる。

■バックに入れた際、助手席側ドアミラーの角度変更 

バックに入れた際、助手席側のドアミラーは自動的に下側に向くようになっている。ただ設定されている角度が下側に向き過ぎるためユーザーから角度変更を望む声が多い。コーディングによって適正な角度に設定することが可能。

■ドアロックと同時にドアミラーの格納(G系を除く)

ドアロック時にドアミラーを格納させるには1.5秒ほど長押しする必要がある。常にドアミラーを格納しておきたいユーザーにとっては面倒な作業。ドアロックと同時にドアミラーを格納することができる。

■ゴング音をロールスロイス用に変更

バック時やシートベルト未着用時にはBMW、ミニそれぞれのゴング音が鳴るようになっている。それをロールスロイス用に変更することが可能。人とは違う仕様を望むユーザーにオススメ。

■ヘッドライトスイッチ0ポジションでの無点灯

ヘッドライトスイッチが0ポジションでも暗くなれば自動的に点灯するようになっている。便利な機能ではあるが、暖機運転時や待ち合わせ時など点灯してほしくない場合もある。エンジン始動中に暗くなっても点灯しないように設定できる。

■エンジン始動時でのアイドリングストップ機能OFF

純正ではエンジンが始動した時点でアイドリングストップ機能はON状態。そしてスイッチ操作によってOFFになる。このアイドリングストップ機能をエンジン始動時はOFF、スイッチ操作でONへの設定変更が可能。

■エンジンをかけたままでのドアロックが可能

エンジンをかけた状態でドアロックしてもクラクションが鳴らないようにすることが可能。エアコンをかけた車内にペットを残してクルマから離れる機会が多いユーザーにとってありがたい機能。

以上8つのコーディングメニューを紹介させていただいたが、RAIKOではこの他にも様々なコーディングに対応することができる。「自分のクルマでこんな事は可能か?」と言うふわっとしたイメージを伝えるだけでいい。自分のクルマでどんな事ができるのかは、RAIKOに問い合わせてみると良いだろう。

RAIKO(ライコウ)では、ディーラーでアップグレードを行った後も無料で再設定可能!

ファーストプロデュース RAIKO

コーディングによって純正の機能を変更した場合、ディーラーでの整備点検おけるコンピュータのアップグレードはNG。コーディングによる設定変更のデータが消えて元の純正状態に戻ってしまう。

しかし、ライコウではユーザーがコーディングでどのような設定に変更したかをバックアップしているので、万が一コンピュータをアップグレードしてしまった場合、1回目は無料で元の設定状態に戻してくれるから安心だ(2回目以降は有料)。

あなたのBMW&MINIもRAIKOでコーディングを行って、本来眠っている機能を呼び覚ましてみてはいかがだろうか。

>>RAIKOのオフィシャルサイトはコチラ

筆者: オマドーン

Corporate Profile

企業名:株式会社ファーストプロデュース

郵便番号:522-0057

住所:滋賀県彦根市八坂町2965-2

企業HP:こちら

RAIKO Info

RAIKO とは?

RAIKO(ライコウ)は、滋賀県にあるBMW&MINIのカスタムショップである。欧州車用LED商品の開発・販売のほか、BMW・MINI・AUDI・VW車のコーディング作業を積極的に行っている。その他の作業メニューも、AVインターフェース&地デジチューナー取付やサブコンピューターの取り扱い等多種多様だ。滋賀県の本店のほか、横浜市都筑区にもショップを構えており、欧州車のカスタム・コーディングであればライコウ! と言っても過言ではない頼れるショップ、それがライコウなのだ。

<RAIKOのYahoo!ショッピングストアはコチラ> こちら