SUV・クロカンにマッチするオフロード系! 街中でも映えるロングセラーホイール「デルタフォース・オーバル」/DELTA FORCE(デルタフォース)Vol.1

都会でも違和感なく溶け込むオフロード系ホイール

昨今のアウトドアブームと相まって、人気の高いトヨタ RAV4などのSUVや、スズキ ジムニーのようなクロカン(クロスカントリー車)。人気が高まり同車種が街中を多く走るようになれば、他車と差別化するためにホイール交換によるドレスアップを検討したくなるはず。

そして、せっかくホイールを交換するならば、キャンプやアウトドアシーンでのルックス向上だけでなく、街中でも違和感のない格好よさも両立させたいのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが、都会的で街中でも溶け込めるデザインと、アウトドアシーンでも頼りになるタフさを備えるオフロード系ホイールとして人気の高い「DELTA FORCE(デルタフォース)」ブランドの「OVAL(オーバル)」です。

当記事では、2022年時点で登場から5年以上が経過しているにも関わらず、まったく衰えを見せない「デルタフォース・オーバル」の特徴などをご紹介しながら、その人気の理由に迫っていきましょう。

>>デルタフォースのオフィシャルサイトはこちら

ジムニーやRAV4、プラド、ラングラーなど! ユーザーの要望に応えサイズラインアップを次々に展開

「デルタフォース・オーバル」は三菱 デリカD:5用の専用ホイールとしてデビューし、人気となりました。そしてユーザーからの要望に応えるように、別車種へも次々に展開。トヨタ ランドクルーザープラド、トヨタ RAV4、トヨタ ハイエース、スズキ ジムニー/ジムニーシエラ用がラインアップに加わりました。

そしてトヨタ アルファードやトヨタ ハイラックス、ジープ ラングラー用がラインアップに加わり、さらに新たなターゲット車種も続々と候補に上がっているようです。

デルタフォース・オーバルのデザインについて

そんな「デルタフォース・オーバル」はなぜ人気なのでしょうか。続いて、人気の理由であるデザインの特徴を見ていきましょう。

車種ごとに計算されたディープコンケーブデザインのディスク

OVAL(オーバル)/DELTA FORCE(デルタフォース)

ホイール外周部のリムエンドに深い溝があるのが特徴の1つです。ディスクは、そのリムの深い位置から押し出されたようなデザインとなっています。そしてディスクには、中央のセンターキャップに向かって沈む形状の「ディープコンケーブデザイン」が採用されています。

この立体的なコンケーブの深さは車種専用設計。それは、車種ごとに異なるブレーキキャリパーの逃げを緻密に計算しているからです。

ボリューム感と剛性感を両立させたホールデザイン

OVAL(オーバル)/DELTA FORCE(デルタフォース)

ディスク部は、ホイールの外周から中心の部分までお皿のように1枚の面状になっているディッシュ形状。大型のクロカンやSUVなど、ボディ面積の大きな車両にも迫力負けしないようデザインされています。

OVAL(オーバル)/DELTA FORCE(デルタフォース)

そのディスクには、デザインを象徴する特徴的な12個のホール(ディスクの穴)があります。これは路面からの衝撃をバランスよく受け流すという「応力分散」に優れた高い剛性と、ホイール全体の軽量化を追求した結果、ホールの形や大きさ、数が決まったとのこと。

「ビードロック風」のリムデザイン

OVAL(オーバル)/DELTA FORCE(デルタフォース)

リムデザインは、ハードなオフロード走行でもタイヤのビードを落ちにくくする機構「ビードロック」を表現。切削とボルトの表現がアクセントとなり、ホイールが大きく見えるという視覚効果もあります。

カラーは3種類を展開

カラーは下記の3色を展開しています。

・MAT BLACK(マットブラック)

・MAT SMOKE POLISH(マットスモークポリッシュ)

・BLACK MACHINING(ブラックマシニング)

オーナメントを4色付属したセンターキャップ

デルタフォースのロゴは、“デルタ”をイメージした三角に“フォース”をイメージさせるFを組み合わせたもの。それがセンターキャップとオーナメントプレートにデザインされています。

標準装備はシルバーですが、オレンジ、ベージュ、カーキの3色のオーナメントプレートも付属。ブラック基調のホイールの中心を、愛車のカスタムテーマやカラーに合わせたアクセントとして、好みに合わせてコーディネートができます。

こだわりの日本製! オリジナル軽量アルミナット「ミルナット」

「デルタフォース・オーバル」にマッチするオプション品として、アウトドアに似合うカラーが揃うデルタフォースオリジナルの軽量アルミナット「MIL NUTS(ミルナット)」も用意。ジャングルグリーン、ガンブラック、ツンドラシルバー、サハラベージュの4色展開がされており、こちらもホイールの中心部に加えるアクセントとしてさらに個性を追加できます。

こちらはMade in JAPAN。手締めの際の作業性向上のため、ナットの頭部に細かい凹凸や切り込みを入れるローレット加工が施されていたり、強度に影響しない部分は可能な限り軽量化など行っています。

ホイールを固定する重要部品であるため、高品質や高精度を実現するために日本で丁寧に作られている、デルタフォースこだわりのアイテムです。

レースでも優れたオフ性能とタフさを証明

2021年12月4~5日に開催されたICCR(ジャパン・クロスカントリーラリー)in長野で、林道やSS区間を激走し見事優勝を飾ったFLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESのトヨタ FJクルーザー。その足元を飾っていたのも、今回ご紹介の「デルタフォース・オーバル」でした。

OVAL(オーバル)/DELTA FORCE(デルタフォース)

「街中でも溶け込むデザイン」を大切にしているデルタフォース・オーバルですが、優れたオフロード性能や耐久性の高さもレースによって裏付けています。街中やキャンプ場へ向かうちょっとした悪路でも安心して走行できるでしょう。

「デルタフォース・オーバル」を装着するだけで映える愛車に!

ノーマルの外装や足回りに装着するだけでも、街中に溶け込みアウトドアシーンで映える愛車に仕立てることができる「デルタフォース・オーバル」。

適用車種を拡大しつつあるので、今後の展開がとても楽しみですね。サイズラインアップや価格、オプションなどに興味のある方は、オフィシャルサイトを要チェック!

>>デルタフォースのオフィシャルサイトはこちら

今回Vol.1ではSUVやクロカンへのフィッティングなどをご紹介しましたが、Vol.2では、「デルタフォース・オーバル」をトヨタ ハイエースやアルファード、三菱 デリカD:5などのワンボックスカーとのマッチングをご紹介しましょう! 掲載は7月下旬を予定しています。お楽しみに!

▼デルタフォースのInstagramはこちら

筆者   木村隆之
自動車カスタム誌編集長を経てフリーランスへ。多くのドレスアップカーやカスタムシーン、アフターパーツを取材し、ウェブ・雑誌媒体に寄稿。アウトドアやキャンプ好きで、自ら改造した軽バンでキャンプに出掛けることも。
関連車種
この記事の写真ギャラリーはこちら

Brand Info - DELTA FORCE(デルタフォース)

オンロード/オフロードの使用を問わないデザイン性と、高い機能性を両立させ、伝統的なオフロードスタイル×ミリタリーテイストでアーバンタフネスを表現するホイールメーカー「DELTA FORCE(デルタフォース)」

オンラインショップはこちら

Corporate Profile

企業名:株式会社フォース

所在地:兵庫県宝塚市高司4-1-7

TEL:0797-71-1170

企業HP:こちらから