家族4人で車中泊も可能! ポップアップルーフ付きのデリカD:5のキャンピングカー「DELICA D:5 D:POP」/西尾張三菱自動車販売 Vol.1

悪路走破性の高い唯一無二のワンボックスカー デリカD:5をキャンピングカーに

三菱ディーラーとして2店舗を展開しながら、キャンピングカービルダーや販売店などで構成されるJRVA(日本RV協会)会員であり、キャンピングカーに造詣が深い「西尾張三菱自動車販売」。

新車販売では、人気高い軽自動車よりも三菱 デリカD:5の販売実績の方が多い。それくらいにデリカD:5ファンの間では全国区の認知度を誇る。

今回紹介するのは、そんな同店がつくるデリカD:5ベースのキャンピングカー「DELICA D:5 D:POP(以下D:POP)」だ。

三菱 新型デリカD:5三菱自動車 雪上試乗会

デリカD:5は、ワンボックスカーの中でも唯一無二の存在だ。高い安全性能、乗り心地の良さはもちろん、悪路や雪道でも高い走破性を発揮し、舗装されていない山奥などの不整地にだって安心して連れ出すことができる魅力満載のクルマだ。

西尾張三菱自動車販売ではそんなデリカD:5をベースに、ポップアップルーフテントとフルフラットベッドを装備することで大人4名の就寝可能にしつつ、普段はミニバンとして日常使いもこなせるように仕立てた。家族揃っての車中泊やレジャーも楽しめながら、普段使いもできて利便性も高いキャンピングカー、それがD:POPだ。

>>西尾張三菱自動車販売のオフィシャルサイトはこちら

防虫ネット付き! 大人2人が就寝可能なポップアップルーフ

DELICA D:5 D:POP (デリカ D:5 D:POP)/西尾張三菱自動車販売株式会社

D:POP最大の特徴は、ポップアップルーフを装備していることだ。ポップアップルーフの就寝スペースは長さ180cm×幅116cmと十分な広さ。車内のシートや荷物を動かしたりせずとも、大人2人が寝られるのだ。

FRPの軽量なポップアップルーフはダンパーヒンジ付きのため、軽い力で展開できる。ルーフを上げれば、車内で立つことも可能。

デリカD:5はボディがリブボーンフレーム(環状骨格構造)という頑丈なフレームによって高剛性を獲得している。

衝突安全性やラフロードでの操縦安定性、静粛性にも寄与するフレームの堅牢さを保ったまま、その部分を切らないようにサードシートの天井部分だけを開けてルーフ架装を行っている。

デリカD:5の良さである高いボディ剛性はそのままに、室内空間を広げることができる。正規三菱ディーラーならではの仕様だ。

ポップアップルーフ内の床面には長さ38cmの隙間が開いている。これはポップアップルーフと車内とアクセスができ、ルーフ内の人と下にいる人の意思疎通が図れるように開けてある。

こちらの隙間はオプションの床板を1枚追加すれば埋めることができ、就寝スペースの長さを218cmに延長することもできる。身長の高いユーザーや隙間が気になる場合はこちらを追加しても良いだろう。

テントの幕にはネオプレーン素材を使用しており、雨で濡れても半日もあればすぐに乾いてくれる。通常のテント生地だと収納時に仕舞いにくいものも多い。しかしこのネオプレーン素材はそういった心配からも解放されるため、テントの展開から撤収までが早い。シワできにくく、見栄えが良いのもポイントだろう。

Scamp(スキャンプ)/西尾張三菱自動車販売

夏場は幕をロールアップし、防虫ネットを展開すれば風通し良く使えるので、1年を通して使用できる。フレームレスのため視界が広いのも魅力的だ。

ポップアップルーフ装着による全高の変化は、ノーマルの187cmから12cmアップのみ。全高199cmと2m以下なので、多くの立体駐車場、地下駐車場にも停められる。つまり普段使いに影響を与えないのだ

このように、日常の買い物でも通常のミニバン同様に利用できながら、ポップアップルーフを備えることで、ドライブ先での仮眠からキャンプ場での宿泊まで、思い立ったらすぐに使えるのがD:POPの魅力だろう。

簡単設営のベッドキット! フルフラットシート「D:BED/D:BED II」

デリカD:5は2列目・3列目シートの背もたれを倒せばフラットになり就寝は可能だ。しかし、シートを倒した際にできる段差などにより、完全にフラットな状態にはならない。こうした問題を解消するため、西尾張三菱オリジナルのフルフラットシートがオプションとして用意されている。

フルフラットシートは下記の2種類から選べる。

・サードシートの背面を使用してベッド化するコンセプトの「D:BED」

・サードシートを跳ねあげ(あるいは撤去し)て使用する「D:BED II」

「D:BED」はベッドマット4枚で構成されており、背もたれを前に倒したサードシートの背面に合わせてフルフラットとなるように設計されている。

一方、サードシートを跳ね上げて、もしくは外してしまってから使用できるようにと改良されたのが「D:BED II」だ。サードシートを利用しないことで、ベッド下に荷物が載せられるため荷物の積載量を増やすことができる。

荷物は多くなく、シートを格納せずに手軽に車中泊がしたいという人は「D:BED」。キャンプ道具などをベッド下に納めて車中泊をしたいのならば「D:BED II」が最適だろう。

ベッドを展開するフレームはどちらも置くだけのタイプなので、ボディへの加工もなく着脱も簡単。ポップアップルーフとD:BED/D:BED IIがあれば、家族4人が車中泊できるというワケだ。

多彩なオプションパーツで本格的なデリカD:5のキャンピングカーが作れる

ビギナーだけでなく、本格的なキャンパーを目指したい人にもD:POPはオススメだ。

サブバッテリー、ソーラーパネル、12V冷蔵庫、FFヒーター、フロントシートの回転機構、ダイネットテーブルなど、オプションパーツが多彩に用意されている。ユーザーのリクエストには出来る限り応えたいとのこと。

三菱ディーラーなのでメンテナンスや点検も安心

西尾張三菱自動車販売株式会社

紹介してきたD:POPは、日常での利用を主目的とし、普段の買い物やドライブなどで通常のミニバンと変わらない使い勝手を保ちながら、気軽に車中泊が出来るキャンピングカーが欲しいという人には最適な1台となるはずだ。

三菱ディーラーでキャンピングカー購入ができるので、日々のメンテナンスや車検時など、安心という観点からもメリットは大きい。しかも本格キャンパーも目指せてしまうのだ。

ポップアップルーフを装備したD:POPの価格は、ベースとなる車両グレード+100万円が目安だ。一番売れ筋の最上級グレードのPグレードから、Gパワーパッケージ、G、Mなど、どのベース車にも装着可能。

DELICA D:5 D:POP (デリカ D:5 D:POP)/西尾張三菱自動車販売株式会社

西尾張三菱自動車販売にはもうひとつ、アメリカ製キャンピングトレーラーの正規輸入代理店という顔も持っている。だからこそキャンピングカーに対するノウハウも豊富で積極的な姿勢もあるのだが、そのあたりは次回Vol.2で紹介しよう。

>>DELICA D:5 D:POPの詳細はこちら

筆者   木村隆之
自動車カスタム誌編集長を経てフリーランスへ。多くのドレスアップカーやカスタムシーン、アフターパーツを取材し、ウェブ・雑誌媒体に寄稿。アウトドアやキャンプ好きで、自ら改造した軽バンでキャンプに出掛けることも。
カメラマン   年岡 尚利
関連車種
  • デリカD:5
この記事の写真ギャラリーはこちら

Brand Info - 西尾張三菱自動車販売

愛知県の三菱ディーラー。一宮末広店、津島神守店の2店舗を展開する。デリカD:5では全国区の認知度を誇る人気店。三菱の軽自動車、デリカD:5、アウトランダーPHEVのオリジナル車中泊車・キャンピングカーの製作・販売を行い、ポップアップルーフの架装や、フルフラットベッドなどを独自で開発。代表車種は「DELICA D:5 D:POP 」「OUTLANDER PHEV E:POP 」。キャンピングトレーラーの正規輸入代理店としてHappier Camper、Scampトレーラーの輸入・販売も行う。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:西尾張三菱自動車販売株式会社

郵便番号:491-0918

本社所在地:愛知県一宮市末広2-29-11

TEL:0586-45-2521

企業HP:こちらから