ダイハツ ハイゼットをスタイリッシュに仕上げるエアロパーツ/軽トラのルックスを引き締める足回りパーツ&インテリアパーツ【Kei-Zone Vol.3】

軽トラカスタムの先駆者であるシフトのKei-Zone(ケイゾーン)ブランド。働く軽トラ&軽バンをオシャレにカスタムして楽しむ・使うというコンセプトで様々なカスタムパーツを提供している。

そのKei-Zoneでは、軽トラには「慶虎」、軽バンには「慶番」というインパクト大の商標登録済みのオリジナルブランドを設けて、販売している軽トラのほとんどに対応した魅力的なパーツを多数取り揃えている。

>>Kei-Zone(ケイゾーン)のオフィシャルサイトはこちら

Vol.1ではスズキの旧型DA63Tキャリー&現行DA16Tキャリー/スーパーキャリー、Vol.2ではホンダの旧型HA6/HA7アクティ&現行HA8/HA9アクティ用のアイテムを特集した。

>>キャリイ/スーパーキャリイをスタイリッシュにカスタムしたい人必見! 「慶虎」ブランドがオススメな理由とは 【Kei-Zone Vol.1】

>>ホンダ アクティをカスタムしたい人必見! スタイリッシュなエアロパーツ & 軽トラの車高ダウン・乗り心地を向上させるサスペンションキット【Kei-Zone Vol.2】

今回のVol.3で取り上げるのは、軽トラの中で絶大な人気を誇る「ダイハツ ハイゼット」だ。

対象となるのは先代ハイゼット(S200P)/ハイゼットジャンボ(S210P)&現行ハイゼット(S500P)/ハイゼットジャンボ(S510P)。

ハイゼットのデビューは1960年(昭和35年)で、現行モデルは10代目。軽トラの中ではもっとも長い歴史があり、軽/小型/普通トラックにおける販売台数もここ数年トップを誇っている車種だけに、Kei-Zoneでも力を入れている車種だ。

Kei-Zoneのハイゼット/ハイゼットジャンボ用パーツは、OEMである「トヨタ ピクシストラック」、「スバル サンバートラック/サンバートラックグランドキャブ」へも装着が可能なので、各車両のオーナーもぜひチェックしてほしい。

軽トラをよりスタイリッシュでインパクト大なルックスに! ハイゼット専用エアロパーツ

ハイゼット用のエアロパーツは先代(S200系)/現行(S500系)ともにスポイラータイプとバンパータイプが用意されている。

中でも純正グリル&フォグランプ対応のS500系用フロントバンパーVol.1は、Kei-Zoneの定番フェイスともいえるスピンドルデザインが採用されており、フロントフェイスを大きくスタイルチェンジが可能。人気のアイテムだ。

2018年のマイナーチェンジにてフォグランプがLEDになり、純正バンパーのデザインが変更されてはいるものの、Kei-Zoneのバンパーはその現行モデルにも素早く対応しており、マイナーチェンジ前後どちらでも対応している。

そのVer.1の人気を受けて、さらに造形に躍動感を加えたフロントバンパーVol.2も登場。レクサス「RC F」や「LS500 F」のような、大胆で揺るぎのない存在感がバンパーによって表現されている。

また純正バンパー下部に取り付けるタイプのフロントリップも用意されている。バンパータイプよりも手軽に装着可能でありながら、スタイリッシュなフロントフェイスを造り上げることができるため、こちらも人気のエアロパーツの1つだ。

また荷台下の見栄えの悪いパートを隠してスタイルアップを図るサイドパネル&リアバンパーや荷台周辺をオシャレにガードするステンレス製のアングルポスト(鳥居)、キャビンガード、ステンレス鏡面仕上げ&アルミ縞板仕上げのデッキカバーは軽トラならではのドレスアップアイテム。

現行(500系)用エアロパーツの詳細ぺージはこちら

・ダイハツ ハイゼット S500P(2WD)/S510P(4WD)

>>ダイハツ ハイゼット(S500P/S510P)の詳細はこちら

・ダイハツ ハイゼット ジャンボ S500P(2WD)/S510P(4WD)

>>ダイハツ ハイゼット ジャンボ(S500P/S510P)の詳細はこちら

先代(200系)用エアロパーツの詳細ページはこちら

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

・ダイハツ ハイゼット S200P(2WD)/S210P(4WD) EF型 後期(H16/12~)

・ダイハツ ハイゼット S201P(2WD)/S211P(4WD) KF型(H19/12~)

>>ダイハツ ハイゼットの詳細はこちら

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

・ダイハツ ハイゼットジャンボ S200P(2WD)/S210P(4WD) EF型後期(H16/12~)

・ダイハツ ハイゼットジャンボ S201P(2WD)/S211P(4WD) KF型(H19/12~)

>>ダイハツ ハイゼットジャンボの詳細はこちら

美しいローフォルムのハイゼットを造り上げるサスペンションキット

軽トラにエアロパーツを装着し、さらに美しいロースタイルをセッティングしたい場合は慶虎サスペンションキットがオススメだ。

ハイゼットにはもちろん、その他の軽トラ・軽バンにも用意されている。Vol.2の記事後半で詳しく紹介しているので、興味を持った方は下記の記事もぜひチェックしてほしい。

>>軽トラの車高ダウン・乗り心地を向上させるサスペンションキット【Kei-Zone Vol.2】

ハイゼットの足元にインパクト&軽快さをアップ! 軽トラ・軽バン用オリジナルホイール

慶虎エアロシリーズ アルミホイール

Kei-Zone慶虎のデモカーに採用され、軽快な足元を造り上げているホイールも、Kei-Zoneオリジナルだ。スポーティな極細5本スポークを採用、さらにスポークサイドやリムの内側がブラックアウトされており、よりシャープな印象となっている。

こちらは15-5J、16-5.5J、17×5.5J(オフセット+45で共通)の3サイズが用意されている。慶虎のエアロパーツはもちろん、様々な仕様の軽トラ・軽バンに合わせやすいデザインとなっており、オススメしたいアイテムの1つだ。

>>慶車輪の詳細ページはこちら!

オシャレなだけじゃない! 本格仕様の制動力 6本スリットローター

Kei-Zoneオリジナルのような極細スポークのホイールを履くと、スポークの隙間からブレーキ系が丸見えになってしまう。となれば制動力アップも兼ねてブレーキ系も手を加えてみたい。

そんなユーザーのためにKei-Zoneがフロントディスクブレーキ用に用意しているのは、6本スリットブレーキローターだ。素材は摩耗に強いFC鋳鉄が採用されており、6本のスリットを刻むことで摩擦係数を高めている。価格も1万5000円(税別)とお手頃なので、ホイールを交換した場合はぜひとも取り入れたいアイテムだ。

>>慶虎 6本スリットローター フロント用の詳細はこちら

ドラムブレーキを好きなカラーへドレスアップできるドラムブレーキカバー

フロントだけではなくリアのドラムブレーキにも手を加えてたくなるはずだ。そこでKei-Zoneが用意したのはアルミニウム製のドラムブレーキカバー。

ブレーキドラムに被せるだけで簡単にドレスアップできるスグレモノ。カラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッドの4色が用意されている。

>>ドラムブレーキカバーの詳細はこちら

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

またEVA素材で厚みが2mm、ステンレスの装飾を組み合わせたマッドフラップ(泥除け)も用意されている。

ドラムブレーキのカラーに合わせたり、デカールなどと揃えたりできるように全6色が用意されている。

ハイゼットでレーシーな音やスタイルを楽しめる慶虎マフラー

軽トラでレーシーな雰囲気を楽しみたいのならば、心地良いサウンドを奏でる慶虎マフラーがオススメだ。

テールエンドは80φ×2のダブル出しでノーマルバンパー対応と慶虎エアロ対応の2タイプが用意されている。

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

また、より本格的なスタイルを求めるユーザーに向け、テールエンド50φ×2のサイドダブル出しの慶虎サイドマフラー(競技用)も用意。もちろんハイゼット以外にもラインナップされているので、デザインが気に入った軽トラ・軽バンユーザーは詳細は下記をチェックしてほしい。

>>慶虎マフラーの詳細はこちら

コックピットを彩る! 軽トラならではのインテリアパーツ

このKei-Zoneがラインアップしているパーツはエクステリア・機能系パーツだけじゃない。軽トラならではのコンパクトな2シーターのコックピットにもアレンジができるように、インテリアパーツも用意されている。

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

まず紹介するのは、ブラック×レッドのダイヤモンドステッチで慶虎の刺繍入りのシートカバーだ。シートカバーを交換するだけで、室内のイメージが一変するのがお分かりいただけるはず。PVC合成皮革を使用しているため、ルックスだけでなく汚れをふき取りやすいというメリットもある。

>>慶虎シートカバーの詳細はこちら!

慶虎ロゴ入りプレート付きのフロアマット

KeiZone フロアマット

慶虎ロゴ入りプレート付きのフロアマットはウェーブブラック、チェックレッド、チェックブルー、チェックイエロー、チェックグレー、チェックホワイトの6色、またマット以外にも2mm厚アルミ縞板を用いたレーシーなフロアパネルもラインナップしている。

>>慶虎フロアマットの詳細はこちら!

車内の雰囲気を一変させるダッシュボードマット

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼットシフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

そしてダッシュボードにマジックテープで固定するダッシュマットは縁をレース処理したレッド×イエロー、ブラック×レッド、ブルー×イエローの3色。ダッシュボードマットを敷くことで車内の雰囲気が一変する。こちらは車種専用設計なのでピッタリとフィットするようになっている。

>>慶虎ダッシュマットの詳細はこちら!

軽トラ・軽バンは軽カスタム専門のKei-Zone

シフト KeiZone ダイハツ ハイゼット

これまで3回に渡って軽トラ・軽バン専門ブランドKei-Zoneのパーツを紹介してきた。

仕事で活躍するクルマとしての機能である走行性能/運搬性能を損なうことはないパーツがラインナップされているので、仕事のパートナーでも気軽にカスタマイズしてみてはどうだろうか。

これまで思い描いていた軽トラ・軽バンのイメージがきっと変わり、もっと楽しい・愛しい相棒となってくれるだろう。

>>Kei-Zone(ケイゾーン)のオフィシャルサイトはこちら

筆者   オマドーン
元自動車雑誌編集者で、現在はフリーランスフォトグラファー・ライターとして活動している。カスタム系雑誌やWEB媒体への寄稿も多く、関西エリア、東海エリアを主に拠点としている。車両撮影やイベント取材も積極的に行っており、様々な才能を多方面で発揮しているマルチプレイヤーだ。
関連車種
  • ハイゼットトラック
この記事の写真ギャラリーはこちら

有限会社シフトの関連記事

Brand Info - Kei-Zone

軽トラカスタムの先駆者であるKei-Zone。働く軽トラをお洒落にカスタムして楽しむ・使うというコンセプトで様々なカスタムパーツを提供している。Kei-Zoneでは、軽トラに「慶虎」、軽バンには「慶番」という商標登録済みのオリジナルブランドを設けており、スタイリッシュなエアロパーツからサスキット、ホイール、マフラーなど数多くのパーツをラインアップしている。車種バリエーションも充実しており、様々な車種(現行&旧型)とのマッチングを図ってパーツをリリースしている。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:有限会社シフト

郵便番号:651-2321

住所:兵庫県神戸市西区神出町宝勢1969

TEL:078-965-0813

企業HP:こちらから