人気沸騰中の新型ジムニー&ジムニーシエラを大胆にスキンチェンジ! DAMDのlittle Gとlittle D

20年ぶりにフルモデルチェンジが行われたスズキ ジムニー&ジムニーシエラ

スズキ 新型ジムニー/新型ジムニーシエラ

昨年7月におよそ20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたジムニー&ジムニーシエラ。

一時期は納車待ちが1年後とアナウンスされるほど爆発的な人気車種となっている。その要因の一つとして挙げられるのが、フルモデルチェンジによって乗り心地が大幅に良化したという点が大きく影響しているようだ。

それまでのジムニーはどちらかというと本格的なオフローダーとして、プロユースや一部のコアなファンがユーザーとなっていたが、フルモデルチェンジをした新型ジムニー&ジムニーシエラでは、日常的に使えるモデルとなったことで、それまでとは違った層のユーザーも食指が動いていると言われている。

そんな新たな層も取り込んだ新型ジムニー&ジムニーシエラ用に、エアロパーツ界の雄であるDAMDがリリースに向けて準備しているのが、「little G」と「little D」と名付けられた2種類のボディキットだ。

すでに東京オートサロン2019や大阪オートメッセ2019でも実車が展示され、その存在を知る人も多く、一部海外メディアにも取り上げられたことで日本国外からも反響が大きいというそのキットを改めてチェックしてみよう。

>>DAMDのオフィシャルサイトはコチラ

ドイツ語でオフローダーを意味する「Gelandewagen」の頭文字を付けられたlittle G

JIMNY_LITTLE-G_K_1
JIMNNY_LITTLE-G_SIERA_1DAMD little GDAMD 028ForJimny  SemiGlossBlack-SpokeEndDC

実は発売前から「メルセデスのGクラスに似ているのでは?」と言われていた新型ジムニー&ジムニーシエラ。

それならば! ということで、DAMDがオマージュカスタムを施したのがこのlittle Gというわけだ。

ストック状態のジムニーに比べて非常に多くの部分が変更されているようにも見えるが、実は変わっているのはフロントグリル周りとフロントバンパー(ジムニー用とジムニーシエラ用で異なる)、そしてオーバーフェンダーとサイドステップ(シエラ用)、スペアタイヤカバーだけ(デモカーには試作品のボディモールも装着)。

もともとのボディ形状をうまく生かして、必要最低限のアイテムだけでGクラスらしさを創り上げているのは、さすが老舗のDAMDといったところだろう。

ちなみにジムニーシエラ用のサイドステップは、実際に乗り降りの際に足をかけても大丈夫なように強度を持たせた作りになる予定とのこと。

リフトアップカスタムがなされることが多いジムニーシエラだけに、ここに足をかけられるようになることで乗降性が格段にアップすることだろう。

また、ジムニーシエラに備わるオーバーフェンダーも、片側8~9mmの張り出しに抑えることで、構造変更の必要がないように配慮がなされている点も嬉しいところ。

装着もボディ側の大幅な加工は必要なく、いざとなったらノーマルのスタイルに戻すことも可能となっている。

なお、DAMDではlittle Gのスタイリングにピッタリと合うオリジナルのアルミホイールも発売予定とのこと。

カラーはセミグロスブラックとブラッシュドアルミの2種類が用意される予定なので、車体の色に合わせて好みのホイールカラーが選択できると言う訳だ。こちらの発売も、ボディキットと合わせて心待ちにしたい。

>>little Gの詳細な画像はコチラ

DAMD little GDAMD little GDAMD little GDAMD little G

イギリスの伝統ある本格的オフローダーをモチーフとしたlittle D

DAMD Little-D
DAMD Little-D

こちらも前述のGクラスと同じく本格的なオフローダー車両として、軍用や警察、消防車両としての需要も高かった、ランドローバー ディフェンダーをモチーフとしている。その名もlittle D。

こちらはフロントグリル周りと前後バンパー、そしてボンネットフードに被せるボンネットカバーを取り付ける事でトラディショナルなスタイルを実現している。

無骨な雰囲気を醸し出す前後バンパーは一見するとスチール製のヘビーなものが装着されているように見えるが、ここもほかの部分と同じくABS樹脂製で、特殊な塗装によってまるで鉄のような質感を実現している。

後付けのボンネットフードは真空成型のABS製でフィッティング抜群。純正ボンネットフードにかぶせて装着するタイプのため、強度が不足するようなこともない。

フロントバンパーは両端が切れ上がった形状になっているため、純正のインナーフェンダーを一部カットする必要があるが、純正バンパーにすれば見えない部分なので、こちらも純正戻しも容易い設計となっている。

>>little Dの詳細な画像はコチラ

DAMD Little-DDAMD Little-DDAMD Little-DDAMD Little-D

DAMDのlittle Gとlittle D、どちらも発売が待ち遠しい!

JIMNY & SIERRA_LITTLE-G_image1
JIMNY & SIERRA_LITTLE-D_image1

なお、エアロパーツと並行して、little Gとlittle D専用にデザインされたシートカバーや、内装の加飾パーツも開発中とのことで、どれも完成が楽しみなアイテム揃いだ。

まずは2019年春のボディキット発売を目標に、最終的な調整を詰めているとのこと。

最新情報は、下記のリンクから登録できるメールマガジンでチェックできるので、気になる方はぜひ登録してみていただきたい。

>>DAMD公式メールマガジンの登録はコチラ

DAMD Little-DDAMD Little-DDAMD Little-DDAMD Little-D
DAMD Little-GDAMD Little-GDAMD Little-GDAMD Little-G

>>DAMDのオフィシャルサイトはコチラ

DAMDの関連リンク

>>CX-8が持つ優雅なイメージをさらに強調させる DAMDのスタイリングキット5アイテムが遂にリリース!

>>マツダ 新型CX-8用のエアロパーツがダムドから登場! DAMD Styling Effect CX-8

>>DAMD 新型ジムニー用ボディキット等のデモカーを東京オートサロン2019に出展

>>DAMDの新型ジムニー用ボディキットは、ディテールに至るまで明らかにあのクルマをオマージュ!その完成度は圧巻

関連車種
  • ジムニー
この記事の写真ギャラリーはこちら

DAMDの関連記事

Corporate Profile

企業名: 株式会社ダムド

郵便番号:242-0001

住所:神奈川県大和市下鶴間45−1

DAMD公式HP:こちら

DAMD Info

DAMD とは?

DAMD(ダムド)は、1980年代に創業したエクステリア・インテリアパーツメーカーである。「憧れを創ること。違いを創ること。」をキャッチコピーとしており、ダムド独自の感性で創られたエクステリア・インテリアパーツ達はこれまで多くのクルマ好きの心を捉え続け、ファンを増やしてきた。その時代にマッチしたデザインを取り込み、オーナーがもっとクルマを愛せるようにしたい。ダムドは単なるカスタマイズパーツのメーカーに留まらず、クルマに乗る人の”生き方”をもデザインするメーカーと言っても過言ではないだろう。

<DAMD 公式instagramはコチラ> こちら