autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 スズキ 新型スイフト HYBRID ML×RSt 比較検証 ROAD IMPRESSION

新型SWIFT 比較検証ROAD IMPRESSION

RS t HYBRID ML

欧州で鍛えられたスズキの最新ホットハッチ 新型スイフトが、再び旋風を巻き起こす

2004年の市場投入以来、世界累計販売台数は530万台を超えるまでになったスズキ スイフトが遂に3代目へと生まれ変わった。大胆なフロントマスクと躍動的なスタイリング、そして新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用など見所タップリな新生スイフトの良さはどこにあるのか?街乗りから高速道路、そしてワインディングロードまで連れ出し、その特徴をじっくりと見て行くことにしよう。

刷新されたデザインと洗練されたパフォーマンスは、ドライバーズカーであることを強調する!!

内外装の大胆なデザイン進化は走りに対するこだわりを表す!!

  • 1.0Lブースタージェットエンジン搭載のスズキ 新型スイフト RSt
  • 1.2Lデュアルジェットエンジン+ハイブリッドのスズキ 新型スイフト HYBRID ML
  • (左から)スズキ 新型スイフトRSt/HYBRID ML

新型スイフトを語るうえでまず外せないのが、新たなテイストを盛り込んだエクステリアデザインだ。より精悍でありつつ力強さが備わった大開口フロントグリルは、スイフトがウリとしてきた走りの良さを演出。重心の低いプロポーションもそれを後押ししている。

一方でインテリアも刷新。液晶カラーディスプレイが与えられたメーターまわりや、D型ステアリングホイール、さらにはセンターパネル全体が5度ドライバー側へと傾けられ、コクピット感覚が得られるようになったことなど、走りに対する姿勢が感じられるところは特筆すべきポイントといえるだろう。

コンパクトカークラスにありながら、ドライバーズカーであることを主張するインテリアは、唯一無二のスイフトらしいキャラクターを見事に表している。

  • スズキ 新型スイフト RSt インパネ周り
  • スズキ 新型スイフト RSt ナビ/オーディオ・エアコンパネル
  • スズキ 新型スイフトRSt フロントシート

新プラットフォーム“HEARTECT”を採用し、走りに対するこだわりはさらに高まる

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」

シャシーは新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用することで剛性を確保しながらもアンダーボディで30kgもの軽量化を実現。車両重量は最大で120kgも先代より軽く仕上げられていることが新型の特徴だ。

  • スズキ 新型スイフト RSt 走行イメージ
  • スズキ 新型スイフト HYBRID ML 走行イメージ

また、RSグレードは専用外装パーツが与えられるだけでなく、欧州仕様の足回りやタイヤ、そして専用設定の電動パワーステアリングが盛り込まれるなど、走りに対するこだわりはさらに高まっている。

  • スズキ 新型スイフト RSt 16インチアルミホイール [切削加工&ブラック塗装]
  • サスペンション形式:(前)マクファーソンストラット式 (後)トーションビーム式
  • TEXT:橋本洋平
  • PHOTO:小林岳夫
SUZUKI エキサイティング・コンパクト 新型スイフト誕生 メーカーサイトへ