autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 作るだけじゃなく、売る!コーチワーカーとしての存在をより鮮明に!コード9・スパイダーを発表【TMS2015】

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/11/4 15:30

作るだけじゃなく、売る!コーチワーカーとしての存在をより鮮明に!コード9・スパイダーを発表【TMS2015】

Text:
作るだけじゃなく、売る!コーチワーカーとしての存在をより鮮明に!コード9・スパイダーを発表【TMS2015】

自動車事業は積極展開へ!“量産型”を販売

クルマだけでなく新幹線やトラクターデザインなどでも知られる、KEN OKUYAMA DESIGN。

同社CEOの奥山 清行氏は、ヤンマーの社外取締役として総合デザイン開発にも携わるなどして、創業9年目を迎え、KEN OKUYAMA DESIGNは従業員40名•年商10億円規模の会社に発展した。

KEN OKUYAMA DESIGN

前回出品されたコード9は “量産型”となるプロダクションモデルへと発展、2015年秋から限定5台で発売を開始したが、すでに完売しているとのことだ。また、オーダーメイドによるワンオフモデルの受注もスタート。2016年にはV12エンジンをミッドマウントしたスーパースポーツをローンチする予定で、同社の自動車事業は積極展開の時期を迎えている。

ガルフカラーの「コード9・スパイダー」など3台をワールドプレミア

KEN OKUYAMA DESIGN
KEN OKUYAMA DESIGNKEN OKUYAMA DESIGN

今回の東京モーターショーでは、前回出品した2モデル、コード7とコード9をベースにした3台のワールドプレミアモデルを出展。

1台はコード7シリーズ2で、ボディの軽量化と剛性アップのため全面的に再設計を行ったもの。2台目は前述の通りコード9のプロダクションモデル、そして3台目は今回の展示の目玉、2座ライトウェイト•スパイダーモデル「コード9・スパイダー」の量産プロトである。

コード9・スパイダーはボディ剛性や重量増などのオープン化に伴うスペックダウンは一切なく、むしろ軽量化を実現。ミッドシップマウントの横置きエンジンは顧客に合わせてセレクトが可能で、展示モデルには1.8リッター直4+スーパーチャージャー付きエンジンを搭載。780kgのウェイトと相まって、軽快なドライビングが可能である。

ブースにはKEN OKUYAMAデザインの大胆な外観を持つヤンマートラクターYT5113、耕耘機としては画期的なデザインのミニ耕耘機「YK-MR」なども展示され、同社のデザイン力をアピールしていた。同社の今後のチャレンジに期待したい。

KEN OKUYAMA DESIGNKEN OKUYAMA DESIGNKEN OKUYAMA DESIGNKEN OKUYAMA DESIGNKEN OKUYAMA DESIGN
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド