三菱 三菱自動車、次世代コンパクトSUV「Concept XR-PHEV」をワールドプレミア

記事・レポート 特集 モーターショー 東京モーターショー 2013 三菱 三菱自動車、次世代コンパクトSUV「Concept XR-PHEV」をワールドプレミア

三菱自動車、次世代コンパクトSUV「Concept XR-PHEV」をワールドプレミア

三菱 車種情報

Photo:
和田清志/三菱自動車工業
三菱自動車、次世代コンパクトSUV「Concept XR-PHEV」をワールドプレミア

俊足、軽快!“走る歓び”の新次元を開くコンパクトSUV

三菱自動車は、2013年11月20日(水)~[一般公開は23日(土)から]12月1日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターショー2013」において、次世代コンパクトSUV『MITSUBISHI Concept XR-PHEV』を世界初披露する。

『MITSUBISHI Concept XR-PHEV』は、FFタイプのPHEVシステムを採用した次世代コンパクトSUVコンセプトモデル。車名のXRとは、「スペシャリティクーペとSUVを融合」させ、「街中をきびきび走る」という意味の“X(cross)over Runner”に由来。

走行状況に応じて、最適な走行モードを自動選択するPHEVシステムにより、燃費・航続距離を飛躍的に高めながら、俊敏で軽快な走りを実現する。

俊敏な走りを想起させるエクステリア

エクステリアデザインのキーコンセプトはアスリートフォルム。クラウチングスタートを切った瞬間の躍動感を、エッジの効いたサイドキャラクターラインと前傾姿勢のシルエットで表現。

フロントフェイスは、スリーダイヤを中心にSUVらしいデザインとなっており、フェンダーデザインは筋肉質で張りがあり、大径タイヤを包み込む。車体の動きにフレキシブルに対応するアダプティブヘッドライトから始まる象徴的なグリルフレームを施している。

また、ルーフにはソーラーパネルを装備し、補器用バッテリーを充電。ルーフ後端には走行状態に応じて角度を調整できる可変スポイラーを採用している。

ドライビングスピリットを刺激するインテリア

インテリアは、スポーツマインドを刺激するドライバーオリエンテッドなデザインとなっている。

ドライバーズシートは、ドライバーが常に確かな運転ができるようにサポート性を重視したバケットタイプ。シート素材は、ボディカラーやインテリアのアクセントカラーとコーディネートしたレッド色で、他のシートとは異なる特別感を演出。

スピードメーターやタコメーターなどの走行情報モニターには、状況変化を素早くキャッチできるデザインを施し、運転への集中力を高めるものとしている。

効率の追求により、燃費と走りを極限まで高めたFFタイプの新開発PHEVシステム

同社の販売中のSUVモデル『アウトランダーPHEV』をベースとした軽量・高効率なFFタイプのPHEVシステムを採用。1.1リッター直列3気筒直噴ターボチャージドMIVECエンジン、軽量・小型・高効率モーター、必要に応じてモーター駆動電圧を700Vまで昇圧する昇圧コンバーターをフロントに搭載し、大容量バッテリーをフロア下に配置。昇圧コンバーターの採用により、モーターとジェネレーターの出力と効率をともに向上させている。

また、リアモーターを採用しないFFタイプのPHEVシステムにしたことで、軽量化とともにフリクションロスを低減し、燃費・電費を向上させた。

このPHEVシステムは、モーター走行を基本に、エンジンが発電と駆動の両方を担い、走行状況やバッテリー残量に応じて、EV走行、シリーズ走行、パラレル走行のうち最適な走行モードを自動選択する。さらに、バッテリーセーブモードやバッテリーチャージモードを使うことで、“EV走行がしたい状況”でEV走行が可能になる。

また、同じく「第43回東京モーターショー2013」に出展する 『MITSUBISHI Concept GC-PHEV』 と同様、大容量バッテリー搭載により「100V AC電源(1500W)」を設定し、一般家庭の電力消費量の約1日分相当、エンジン発電を含めると最大で約10日分相当の電力供給が可能となる。

“走る歓び”の土台となる先進の予防安全技術「e-Assist」。

『MITSUBISHI Concept XR-PHEV』は、軽快で俊敏な運動性能とともに、安心・安全を確保するため、走行時に起こりそうな事故や衝突を想定した機能を予防安全技術「e-Assist」に追加。さらに先進の情報システムを活用したコネクティッドカー技術と連携することで、危険性の予測や警告、セーフティ機能の作動などを迅速・的確に行いながら、常に安全な走りを支える。

主な「e-Assist」搭載機能

歩行者衝突軽減ブレーキ/後側方死角車両警報/路車間通信利用運転支援/オートハイビーム/誤発進抑制制御/衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)/車線逸脱警報システム(LDW)/レーダークルーズコントロールシステム(ACC)

『MITSUBISHI Concept XR-PHEV』基本諸元(目標値)

全長×全幅×全高:4370mm×1870mm×1570mm/乗車定員:4名/ハイブリッド燃料消費率:28km/L以上/EV走行換算距離:85km以上/エンジン型式:1.1リットル 直列3気筒 直噴ターボチャージドMIVECエンジン/最高出力:100kW/使用燃料:ガソリン/モーター最高出力:120kW/バッテリー総電力量:14kWh/駆動方式:2WD(FF)/トランスミッション:トランスアクスル

関連コンテンツ

  • 1

Facebookからコメント

  1. Page1 三菱自動車、次世代コンパクトSUV「Concept XR-PHEV」をワールドプレミア
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

東京モーターショー2013 三菱 記事一覧

東京モーターショー2013 三菱に関連する全ての記事を見る

東京モーターショー2013 主要参加企業

オートックワンのモーターショー特集ページ