autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) 車内がシアタールームに!ドライブに欠かせない、オススメ最新リアエンターテイメント【vol.3】

編集企画(パーツ・用品) 2018/12/4 14:06 パイオニア
PR

車内がシアタールームに!ドライブに欠かせない、オススメ最新リアエンターテイメント【vol.3】

Text: 松田 タクヤ(オートックワン) Photo: パイオニア株式会社

大迫力のリアエンターテイメントでドライブをもっと楽しく

近年のミニバンブームの影響で、3列シートを備える国産ミニバンの販売比率が非常に高まってきた。

これに伴って、天井から吊り下げるタイプのフリップダウンモニターや、ヘッドレストの後部に取り付けるタイプのプライベートモニターが普及し、後席でAVソースを楽しむ「リアエンターテイメント」が一般的になりつつある。

リアエンターテイメントの魅力は、大画面モニターによる迫力のシアタールームがクルマで手軽に楽しめること。

特に小さなお子様が居るファミリーでは、長距離ドライブのお供として無くてはならない装備であり、クルマを購入する時にはどのようなリアエンターテイメント空間を作れば良いか悩む方も大勢いる事だろう。

今回は、そんな悩める方たちの為にオススメのリアモニターをご紹介していきたい。

カーAV総合ブランドカロッツェリアが2018年11月に発売する、国内最大級の13.3V型大画面フリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」と、前席のヘッドレストの後部に取り付けて、手軽にプライベートシアターにすることができる「TVM-PW1000T」の2機種だ。

>>ナビも音楽もエンタメも!最新のサイバーナビがあればドライブがもっと楽しくなる【vol.1】

>>楽ナビ史上最大の9インチ大画面モデルやスマホの音楽が楽しめる最新ナビゲーションが登場【vol.2】

>>カロッツェリア オフィシャルサイト

業界初!エニタイムビジョンを新搭載した13.3V型大画面モニター

国内最大級のモニターは画面を閉じた状態でも視聴可能

13.3V型大画面フリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」

カロッツェリアが2018年11月に発売するTVM-FW1300-Bは、フルHD画質(1920×1080画素)の高解像度と、国内最大級の13.3V型大画面を採用したフリップダウンタイプのリアモニターだ。

13.3V型のモニターは後部座席に座ると迫力十分で、DVDや地デジ、スマートフォンの動画等を臨場感あふれる大画面映像で楽しむことができる。

モニター部にはXGA画質を超える高解像度のフルHDパネルを採用し、高度な映像処理技術と相まって高精細かつ鮮やかな映像を実現。

LCDパネル表面には光沢感のある強化ガラスを採用し、「ダブルARコーティング」を行うことで、外部からの不要な反射を排除した美しい映像を楽しめる。

いつでも映像を楽しめるエニタイムビジョンはカロッツェリアだけ

13.3V型 大画面フリップダウンモニターTVM-FW1300-Bのもう一つの魅力が、今まで無かった新しいリアエンターテイメント空間を作り出すことができる「エニタイムビジョン」の採用だ。

今までのフリップダウンモニターは画面を閉じると映像が見れなくなってしまったが、エニタイムビジョンを採用したTVM-FW1300-Bでは、モニターが開いているときはもちろん、モニターを閉じた状態でも映像を楽しむことができる。

エニタイムビジョンでは、停車中に前席シートを倒して天井に映った映像を見ながらゆったり映像を視聴することができるほか、モニターの開閉方法と設置面をこれまでと逆に設計した「バックフリップ」機構により、後部座席とモニターの距離を近づけた。

これにより、後部座席では従来製品よりも迫力のある映像を楽しめるとともに、モニターの距離が運転席から遠くなったことで、ドライバーの視界の妨げを低減させた。

また、モニターが閉じている時に天井をサンルーフのように演出することができる「ムードピクチャー」を搭載。青空・星空・オーロラの3種類から選べるプリセット映像を表示しておくことで、解放的でロマンチックな車室内空間を演出することができる。

大型ミニバンから軽自動車まで、様々な車種に取り付け可能

さらにTVM-FW1300-Bは、インテリアの一部として車室内を彩る洗練されたデザインを採用している。本体の両サイド部に採用したハーフミラー仕様のブルーLEDイルミネーションや、前面両サイド部に搭載したホワイトLEDルームランプが高級感溢れる車室内を演出する。

カロッツェリアで既に販売されている、別売りのフリップダウンモニター用取付キットを使用した取り付け方法に加え、30系アルファード・ヴェルファイア専用に新たに開発された取り付けキットにより、車室内のデザインと一体化した、純正のようにスマートな取り付けが可能だ。

>>13.3V型大画面フリップダウンモニター TVM-FW1300-Bの詳細

13.3V型大画面フリップダウンモニター TVM-FW1300-Bの主な仕様

■商品型番:TVM-FW1300-B

■本体寸法(突起部含まず):38.5mm(W)×37.8mm(H)×242.5mm(D)

■製品高さ(設置後):パネル閉時(0°)31.8mm/パネル開時(90°)222.9mm

■パネル開閉角度(調整範囲):0°~125°(無段階)

■本体質量:約2.4kg

■使用電圧:DC14.4V(10.8V~15.1V使用可能)

■最大消費電流:2.0A

■アース方式:マイナスアース方式

■使用温度範囲:-10℃~+60℃

■液晶パネル画面サイズ:13.3V型フルHD(有効表示エリア:横293.76mm × 縦165.24mm)

■液晶パネル表示方式:透過型FFS液晶

■液晶パネル駆動方式:TFTアクティブマトリックス方式

■液晶パネル解像度:横1920 ×縦1080

■使用光源:LED

■ビデオ入力端子:2系統

■音声出力端子:1系統

■HDMI入力端子:1系統(480i/480p/1080i/720p/1080p)

どんな車種にも取り付け可能な10.1V型プライベートモニター TVM-PW1000T

リアモニター

フリップダウン式のモニターが好みではない方や、取り付けスペースが確保できない車種に乗っている方には、ヘッドレストの足を利用して取り付けることができるプライベートモニター、TVM-PW1000Tがオススメだ。

プライベートモニターTVM-PW1000Tは、10.1V型XGA液晶を採用した左右独立式の大画面モニターとなる。

左右2台セットのTVM-PW1000Tの魅力は、リアシートに座った人がそれぞれのスマートフォンなどを繋いで別々の映像ソースを楽しめることにある。

ヘッドレスト取付部のヒンジを40mmと余裕を持たせたことで、国産車はもちろん輸入車まで、様々な車種のシートヘッドレストに取り付けすることが可能だ。

スタイリッシュな薄型デザインの取り付け部にはブルーのLEDイルミネーションを採用し、車室内のインテリアに溶け込みながら、洗練された空間を演出することができる。

また、乗る人の目線の高さや車室内の広さ、シートテーブルやアシストグリップの位置によって、HIGHポジションタイプとLOWポジションタイプのモデルが用意されている。

約300万画素の10.1V型高解像度ワイドXGAパネルを採用したプライベートモニターを取り付ければ、あなたのクルマのシート一席ずつが特別なプライベート空間に早変わりだ。

>>プライベートモニター TVM-PW1000Tの詳細

プライベートモニター TVM-PW1000Tの主な仕様(モニター1台あたりの仕様)

■商品型番:TVM-PW1000T

■本体寸法(突起部含まず):259.4mm(W)×167.0mm(H)×127.3mm(D)(モニター部 90°時)

■本体質量:約900g

■使用電源/最大消費電流:DC14.4V/1.5A

■アース方式:マイナスアース方式

■使用温度範囲:-10°C~+60°C

■液晶パネル画面サイズ:10.1V型ワイドXGA (有効表示エリア:横216.96mm × 縦135.6mm)

■液晶パネル表示方式:透過型IPS液晶

■液晶パネル駆動方式:TFTアクティブマトリックス方式

■液晶パネル解像度:横1280 × 縦800

■使用光源:LED

■ビデオ入力端子:1系統

■ビデオ出力端子:1系統

■HDMI入力端子:1系統(480i/480p/1080i/720p/1080p)

■ヘッドホン出力端子:1系統(HDMI専用)

■給電端子(USB形状):1系統(DC5V/1A)

>>カロッツェリア オフィシャルサイト

Corporate Profile

企業名:パイオニア株式会社

郵便番号:113-0021

住所:東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート

TEL:0120-944-111

企業HP:こちら

carrozzeria Info

carrozzeriaとは?

carrozzeria(以下、カロッツェリア)とは、パイオニア株式会社が展開するカーナビ・カーAV用品の総合ブランドである。1963年にパイオニアが初めて発売したカーステレオであるRPS-501から始まったカーAV事業を、1986年に名称変更した所からカロッツェリアの歴史が始まった。以降、カーナビゲーション、カーオーディオを主軸とした商品を展開し、様々なユーザーから高い評価を受けてきた。カロッツェリアは、カーナビ・カーオーディオ分野のまさにパイオニア的存在である。

<カロッツェリア オフィシャルサイト> こちら