autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) 警察庁御用達! アサヒリサーチのドライブレコーダー Drivemanの選び方

編集企画(パーツ・用品) 2018/6/14 14:39 アサヒリサーチ株式会社 Driveman
PR

警察庁御用達! アサヒリサーチのドライブレコーダー Drivemanの選び方

Text: オートックワン 編集部
警察庁御用達! アサヒリサーチのドライブレコーダー Drivemanの選び方

Drivemanのラインナップは3種類、ミラー一体型モデルも近日登場予定!

アサヒリサーチのドライブレコーダー、Drivemanが警察などの官公庁で非常に評価が高いことは別記事で先日紹介した(上記参照)。アサヒリサーチからはバイク用、自転車用も含めて複数のドライブレコーダーが販売されているが、車用に絞ればGP-1、1080sα、720α+の3モデルが選択肢となる。

この3モデルを画質やショックセンサーの精度などの機能、価格帯から比較し、最適なモデルを選択するのだが、近日中に3モデルに加え、ミラー一体型ドライブレコーダーMR-201が追加される予定になっている。

ミラー一体型ドライブレコーダーMR-201については近日中に別記事で紹介するので、今回は現行ラインナップの3モデルにフォーカスして紹介する。まずは3モデルの特徴を簡単にまとめてみよう。

GP-1:警視庁共同開発モデルをベースにした最上位モデル

Driveman GP-1 GPS+SECURITY MODE

GP-1は警視庁と共同開発をおこなった警察専用モデル「PS-1」をベースにした一般ユーザー向けモデルだ。フルHDを超える2K映像が撮影可能で、10段階で設定可能なショックセンサーを採用している。GP-1ではGPSが標準装備となっており、Drivemanに採用されているすべての装備を採用したハイエンドモデルがGP-1だ。

参考価格:23,760円

商品詳細: GP-1 メーカーHP

1080sα:2K映像の撮影が可能なミドルクラスドライブレコーダー

Driveman 1080sα

GP-1と同様、2K映像が撮影できるミドルクラスドライブレコーダーが1080sαだ。ハイエンドモデルのGP-1との主な違いはGPSがオプションなこと、ショックセンサーの設定が3段階となっていること。Drivemanの中ではミドルクラスだが、アンバレラ製高速チップA7を採用。夜間でも鮮明な映像が撮影できるなど、一般のドライブレコーダーと比較すると充分に高性能なモデルだ。

参考価格:19,980円

商品詳細:1080sα メーカーHP

エントリークラス:720α+

Driveman 720a+

720α+はフルHD画質での撮影機能や3段階のショックセンサーなど必要十分な機能を備えたモデルとなっている。Drivemanの中ではエントリーモデルだが、こちらのシリーズも各都道府県警、官公庁で採用された実績があり、映像のクオリティは官公庁お墨付きと言っていいだろう。

参考価格:16,200円

商品詳細:720α+ メーカーHP

3モデルとも電波・ノイズ対策は万全、TV再生も可能!

一部のドライブレコーダーは機器から出る電波が、ラジオやワンセグ放送に悪影響を及ぼすことがある。

Drivemanはアメリカの電波干渉の規格FCC認証を受けており、GP-1、1080sα、720α+の電波・ノイズ対策は万全だ。なお、3モデルともTV 再生も可能な仕様となっている。

上位2モデルはフルHDを超える2K画質での撮影が可能

走行映像をDriveman専用ビューアーで再生
モデル名参考価格撮影画質画素数
GP-123,760円2K、フルHD、HD約300万画素(2304×1296ピクセル)
1080sα19,980円2K、フルHD、HD約200万画素(1920×1080ピクセル)
720α+16,200円フルHD、HD約100万画素(1280×720ピクセル)

現在販売中の3モデルの違いを表にまとめてみた。少し前までは「フルHDで撮影可能」と性能をうたう製品が多くあったが、フルHD画質はもう当たり前。2Kの解像度を持つドライブレコーダーが最先端となりつつある。

Drivemanの現行3モデルのうち、上位2モデルは2K撮影が可能で、鮮明な映像で撮影したい場合は2K撮影が可能なGP-1、1080sαがオススメだ。

ドライブレコーダーの2K、フルHD、HDの3種類の画質についてもう少し詳しく説明しておこう。簡単に言えば画質が上位になるほど、拡大しても鮮明な映像となると考えて欲しい。

なお、映像から車両のナンバープレートを読み取るレベルであれば、時間帯や天候によって多少の違いはあるが、HD画質でも問題なく判別可能だ。

画角の違いからDrivemanを選ぶ

ドライブレコーダー選びで重要なのは適正な水平画角
モデル名水平画角垂直画角
GP-1114度60度
1080sα115度65度
720α+110度78度

どれだけ広い範囲を撮影できるのかを示す数値がドライブレコーダーの「画角」となる。水平、垂直、対角それぞれに撮影可能な角度が設定されているが、もっとも重要になるのはカメラのレンズの左右どこまでの範囲を撮影できるのかを示す「水平画角」だ。

水平画角が狭すぎると側面から来る車や自転車、歩行者がギリギリまで近づかないと映像に映らないなどの問題があり、最低でも100度以上の画角は欲しいところ。

一方、水平画角があまりにも大きくなり過ぎると周囲が歪んだ映像となり、四隅が見づらい映像となる。

Driveman全モデルは全国のLED信号機に対応済み

ドライブレコーダーを選ぶ際にはフレームレートも重要な指標となる。フレームレートとは「1秒間に何コマ撮影するのか」を表す数値で、フレームレートが低いと撮影対象がパラパラ漫画のように見えてしまう。

フレームレートを比較する参考になるのがTVや映画のフレームレートだ。今の地デジTVは約30fps、映画は約24fpsで撮影されている。24fps以上のフレームレートであれば違和感のない映像になるのはイメージできるだろう。Drivemanはどのモデルも地デジTVと同等、もしくはそれ以上のフレームレートで撮影が可能だ。

高速で点滅しているLED信号の信号が消えるタイミングとドライブレコーダーの撮影タイミングが合ってしまうと、映像内で信号が消えて映ってしまうのだ。Drivemanは全モデルでLED信号問題には対応済みなので安心して欲しい。

Drivemanを通販で購入、近隣の販売店での取り付け依頼も可能

Drivemanの取り付けは全国どこの販売店、整備工場でもOK

Drivemanは通信販売での購入ももちろん可能だ。自身で取り付けできるノウハウがない人は普段付き合いのあるディーラーや車の販売店から注文すればOK。近隣に親しい販売店がない場合、アサヒリサーチが提携している全国の「ゴーゴーガレージ加盟店」に取り付け依頼することも可能だ。

ゴーゴーガレージ: 加盟店検索ページ

GP-1、1080sα、720α+のサンプル映像も公開

Drivemanの3モデルの特徴はおわかりいただけただろうか。最後に各モデルの撮影映像サンプルを紹介しよう。実際の走行映像がどんなモノなのか、道路標識などがどのくらいハッキリ見えるのかを確認する参考にしてほしい。

GP-1のサンプル映像

1080sαのサンプル映像

720α+のサンプル映像

Corporate Profile

企業名:アサヒリサーチ株式会社

郵便番号:141-0031

住所:東京都品川区西五反田8-3-13

TEL: 03-3779-1791(代表)

製品HP:http://www.driveman.jp/

会社概要・官公庁採用実績HP:http://www.driveman.jp/company/

Driveman Info

ドライブマンとは?

警察など官公庁での採用実績が豊富で、タクシーなど法人仕様の評価も高いドライブレコーダー。走行時と駐車監視時のフレームレートを変更する機能はアサヒリサーチ独自の特許技術となっているなど、他社製品にはない独自機能の数々は一般ユーザーからも高く評価されている。

<製品ラインナップ>

こちら

<ドラレコの役割について>

こちら

Back Number

2018年6月1日 第1回目
警視庁御用達!アサヒリサーチのDrivemanとは?