ルノー ルノー・ジャポン「東京モーターショー2013」出展概要を発表~ジャパンプレミア2台を含む合計6台を展示~

記事・レポート 特集 モーターショー 東京モーターショー 2013 ルノー ルノー・ジャポン「東京モーターショー2013」出展概要を発表~ジャパンプレミア2台を含む合計6台を展示~

ルノー・ジャポン「東京モーターショー2013」出展概要を発表~ジャパンプレミア2台を含む合計6台を展示~

ルノー・ジャポン「東京モーターショー2013」出展概要を発表~ジャパンプレミア2台を含む合計6台を展示~

ルノー・ジャポンは『第43回東京モーターショー2013』のルノーブース展示テーマを、ルノーの新デザイン戦略である『サイクル・オブ・ライフ』とし、ジャパンプレミア2台を含む合計6台を展示する。このほか、一人ひとりの好みに合わせた、自分だけの1台を作るためのオプションパーツの展示、そして新しい装備の解説をする技術展示を行う。

ルノーの新デザイン戦略『サイクル・オブ・ライフ』をテーマとする展示の中心となるのは、ルノーの新デザイン戦略に沿ってデザインされた初のコンセプトカーで『LOVE(恋に落ちる)』がテーマの「デジール」、同じく新デザイン戦略に沿って全てがデザインされた、初の市販モデルの新型「ルノー ルーテシア」、そしてそのスポーツモデルである新型「ルーテシア ルノー・スポール」である。

加えて、11月20日(水)には新デザイン戦略に沿った2番目の市販モデルで、EXPLORE(冒険の旅に出る)をテーマとするニューモデルを、日本初披露する。

プレスブリーフィングでは、ルノーのデザイン担当SPV(常務取締役)で新デザイン戦略を考案したデザイナーのローレンス ヴァン・デン・アッカーが登壇し、自らルノーの新デザイン戦略を紹介する予定。

ルノー・ジャポンブース出展概要は以下の通り。

デジール【ジャパンプレミア/コンセプトカー】

ルノーの新しいデザイン戦略『サイクル・オブ・ライフ』に沿った、初のコンセプトカー。『サイクル・オブ・ライフ』は、人が中心となるデザイン戦略で、人生を6つのステージに分け、それぞれのステージに合ったモデルをデザインし提供することで、ユーザーとブランドの結びつきを深めることを目指す。

デジールは、その第一番目のステージである『LOVE(恋に落ちる)』がテーマのコンセプトカー。曲線で構成された力強く官能的なデザインは人の体や筋肉を思わせ、深い赤のボディカラーは情熱を表現している。

また、前後重量配分を考慮したミッド・リアの位置に搭載したモーターで走行する電気自動車であり、バッテリーはシート背後に搭載された24kwのリチウムイオン電池で、航続距離は160kmである。

新型 ルノー ルーテシア

4代目となる新型「ルノー ルーテシア」は、全てがルノーの新デザイン戦略『サイクル・オブ・ライフ』のもとでデザインされた、初めての市販車。コンセプトカー「デジール」そのままの情熱的なデザイン、2.0Lエンジンに匹敵する性能を発揮する新開発の1.2L 直噴ターボエンジンと、2組のクラッチシステムによりエンジンからの出力をスムーズかつ効率良く伝える、エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)の組み合わせによる爽快な走りが特徴。

新型「ルノー ルーテシア」は、7色のボディカラーと内装カラー、ホイールカラーを組み合わせた『パック・クルール』(インテンスのみ対象・一部注文生産車)や、内装パーツセットの『パック・デザイン』(全グレード対象・ディーラーオプション)によって、自分だけの1台をデザインすることができる。また、装備の違いにより、インテンス・ゼン・アクティフの3つのグレードを設定。

※今回展示されるのは新型「ルノー ルーテシア インテンス」

◎関連記事

■ルノー 新型[4代目] ルーテシア 試乗レポート/まるも亜希子

新型「ルーテシア ルノー・スポール」

新型「ルーテシア ルノー・スポール」は、シンプルでありながら温かく官能的なデザインに、F1を始めとするレースで培われたノウハウを取り入れルノー・スポールが開発した、200馬力を発生する1.6L 直噴ターボエンジンと、レスポンスが良く効率に優れた6速エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)トランスミッションを採用した、本格スポーツモデル。

新型「ルーテシア ルノー・スポール」には、日常の使い勝手とスポーツ性能を高い次元でバランスさせた『シャシースポール』と、『シャシースポール』に対し、車高を3mm下げスプリングレードを前を27%、後を20%高め、本格スポーツ性能に対応している『シャシーカップ』の2種類のシャシーが用意されている。

※今回展示されるのは、新型「ルーテシア ルノー・スポール シャシーカップ」

◎関連記事

■ルノー新型ルーテシアに「R.S.(ルノースポール)」登場 ~F1日本GP第3位のロマン・グロージャン選手もデビューを祝福!~

新型「ルノー カングー」

「ルノー カングー」は、広い室内空間と高い機能性から、欧州ではLUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)と呼ばれ親しまれてきた。随所に散りばめられた遊び心のあるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティー、広くて高い開放的な室内空間、大容量のラゲッジスペースなど、「ルノー カングー」には、『見て』『乗って』『使って』楽しい、沢山の工夫が凝らされている。

新型「ルノー カングー」は、ルノーの新デザイン戦略に沿って、フロントデザインが一新された。新しいフロントデザインは、新型「ルノー ルーテシア」と同じく大きく角度を立てて取り付けられたルノーロゴとそこからヘッドライトまで繋がるブラックグリルバー、そしてブラックのアクセントが際立つ新デザインのアーモンド形ヘッドランプにより、生き生きとした新しい表情を与えている。

モデルラインナップは、標準グレードのゼンと、仕事や遊びでの使い勝手を高めたアクティフの、2グレードとなった。ゼンには、ボディ同色フロント/リアバンパーで、ボディカラーは3色の新色を含む9色のバリエーションを用意。また、3トーンファブリックシート、オートランプ/オートワイパー、オートエアハンドル、ブラックリアコンビランプガーニッシュ、ダークカーボンファブリックシートなどにより、内外装ともシンプルで引き締まった印象となり、装備もシンプルなので仕事や遊びに使いやすい仕様となっている。

※今回展示されるのは「ルノー カングー ゼン。」

◎関連記事

■ルノー 新型 カングー[2014年マイナーチェンジモデル]試乗レポート/森口将之

メガーヌ ルノー・スポール

メガーヌ ルノー・スポールは、F1を頂点とする、ルノーの長年に渡るモータースポーツへの取り組みの中で培われたノウハウを多く取り入れて造り上げられた、レーシングカー直系のスポーツモデル。

最高出力265ps、最大トルク360N・mの強力なエンジンのパワーを余すことなく路面に伝え、思いのままのドライビングを楽しむことができるシャシーは、本格的なスポーツ走行にも対応するシャシーカップを採用している。

エクステリアは、シックで流れるようなボディラインが際立つクーペスタイルに、スポーツモデルに求められる幅広で低く構えたフォルム、ボリューム感溢れるフェンダー、そしてエアロダイナミックなパーツによって、スポーツ性能の高さをアピールしている。

◎関連記事

■ルノー 新型 メガーヌ ルノースポール(R.S.) 試乗レポート/岡本幸一郎  

11月20日公開市販予定モデル【ジャパンプレミア/参考出品車】

ルノーの新デザイン戦略に沿った2番目の市販モデルで、EXPLORE(冒険の旅に出る)をテーマとするニューモデルを、11月20日(水)10時15分から実施するルノー・ジャポンプレスブリーフィングで披露する。

  • 1

Facebookからコメント

  1. Page1 ルノー・ジャポン「東京モーターショー2013」出展概要を発表~ジャパンプレミア2台を含む合計6台を展示~
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

東京モーターショー2013 ルノー 記事一覧

東京モーターショー2013 ルノーに関連する全ての記事を見る

東京モーターショー2013 主要参加企業

オートックワンのモーターショー特集ページ