日産 セレナ 日産「セレナ」がビッグマイナーチェンジ~衝突回避支援システムなど先進安全装備を標準化 ~

記事・レポート 特集 モーターショー 東京モーターショー 2013 日産 日産「セレナ」がビッグマイナーチェンジ~衝突回避支援システムなど先進安全装備を標準化 ~

日産「セレナ」がビッグマイナーチェンジ~衝突回避支援システムなど先進安全装備を標準化 ~

日産「セレナ」がビッグマイナーチェンジ~衝突回避支援システムなど先進安全装備を標準化 ~

日産 セレナ 関連ページ

日産 セレナ

日産自動車はビッグマイナーチェンジを行い、12月に発売予定の「セレナ」を2013年東京モーターショーに参考出品すると発表した。今回出品する車両は、エマージェンシーブレーキをはじめとする衝突回避支援システムを含む先進安全装備を標準装備している。

◎関連記事

■日産、「第43回東京モーターショー2013」の出展概要を発表~次世代EV「ブレイドグライダー」初公開~

概要

・衝突回避支援システムを標準装備化

・2WDのS-HYBRIDの燃費を改善

・上品さ、エレガントさに力強さと高級感を加えて一新したエクステリアデザイン

・イメージを一新したインテリアデザイン

・2013年12月下旬に日本で発売予定

「セレナ」のビッグマイナーチェンジでは、室内空間の広さはそのままに、好評のS-HYBRIDの燃費をさらに向上。また、先進安全装備として衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を20Sを除く全グレードに標準装備している。

エクステリアデザインは、マイナーチェンジでありながら、フロントからリアまでデザインを一新。特に「ハイウェイスター」はフロントグリルとアルミホイールで存在感と迫力を、フード・フェンダー・サイドシルプロテクターはダイナミックさを、LEDリアコンビネーションランプは高級感を表現することで、デザインを大きく進化させた。

また、快適性・使い勝手をさらに向上させるため、フロントドアにスーパーUVカット断熱グリーンガラスや、フロントウィンドウに開放感と防眩を両立するトップシェード、3列目シートにパーソナルテーブル等、その他多くの装備を追加した。

日産のグローバル販売および日本市場での販売・マーケティングを担当する副社長の片桐隆夫氏は、「『セレナ』は、その『モノより思い出』というキャッチコピーに代表されるように、常に家族を意識し、親子が時間と空間を共有するための解として、何がその時代に求められているのかを考え抜いて造りこんだクルマです。家族の安全と安心をより強力にサポートする『セレナ』。日本のお客さまに、再び新しい価値をご提供できることを嬉しく思います。」と述べました。

上品さ、エレガントさに力強さと高級感を加えたエクステリアデザイン

エクステリアデザインは、上品さ、エレガントさに加え、力強さと高級感を表現。ヘッドランプは堂々とした印象を与えるスタイリッシュな二段構えのデザインに変更するとともに、シグネチャーランプが点灯するLEDヘッドランプを新たに設定(オプション)し、先進感あふれるデザインに進化。

「ハイウェイスター」ではさらに、フロントグリルを立体的で存在感と迫力のあるデザインに変更するとともに、16インチアルミホイールに切削面の輝きが特徴的なスポーティーなデザインを新たに採用。また、LEDリアコンビネーションランプにS字ラインが特徴的な新デザインを採用し、点灯時には高級感を印象づけるとともに、フロントバンパーからの流れを受けた動きを感じさせるデザインのサイドシルプロテクターなどでダイナミックさを表現し、エクステリアデザインを大きく進化させた。

今回出展する車両のボディカラーは、ハイウェイスターの精悍さを際立たせる、虎の目のような凄みと深みを持った「タイガーアイブラウン」。これを含めて「セレナ」のマイナーチェンジでは5色の新色を採用。

他には、「S-HYBRID」の先進イメージを向上させる「ブルームーンホワイトパール」、パールブラックで質感を向上させた「ダイヤモンドブラック」、さらに、色選びをもっと楽しみたいという女性ユーザーの声に応えて、女性に人気の暖色系カラー2色を追加した。珊瑚からイメージした深みのある華やかさとアクティブな印象を持つ「プレミアムディープコーラル」と、ナチュラルさとエレガントさを持った女性らしい柔らかな「ロゼブロンズ」の新色2色が登場。

イメージを一新したインテリアデザイン

「ハイウェイスター」の「ブラックインテリア」、20Gの「フェザーグレーインテリア」を一新し、さらに「ハイウェイスターG」には新規オプションとしてシートのカラー・素材・パネル加飾を刷新し先進感と上質感を合わせ持たせた「プレミアムハイコントラストインテリア」を設定。

衝突回避支援システムを標準装備化

「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を20Sを除く全グレードに標準装備。さらに、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」や、「MOD(移動物検知)」機能が追加された「アラウンドビューモニター」といった先進安全装備を設定。「セレナ」はこれらの先進安全装備を搭載することで、駐車場から高速道路まで、幅広い運転シーンで、ユーザーの安全・安心をサポートする。

今回の東京モーターショーでは、「ハイウェイスターGS-HYBRID」を展示する。

◎関連記事

■日産、「第43回東京モーターショー2013」の出展概要を発表~次世代EV「ブレイドグライダー」初公開~

■日産 新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)試乗レポート

■女医 美波千夏の新型車診察しちゃうぞ!~日産 セレナ編~

  • 1

Facebookからコメント

  1. Page1 日産「セレナ」がビッグマイナーチェンジ~衝突回避支援システムなど先進安全装備を標準化 ~
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

東京モーターショー2013 日産 記事一覧

東京モーターショー2013 日産に関連する全ての記事を見る

東京モーターショー2013 主要参加企業

オートックワンのモーターショー特集ページ