autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 お買い得なボルボV50/S40 Aktiv PLUSがさらにお得に!



Volvo S40/V50 2.0e Aktiv PLUS 特集!!キャンペーン実施中♪ Volvo S40/V50 2.0e Aktiv PLUS 特集!!お店でボルボに乗って応募するともれなくQUOカード2000円分プレゼント

Volvo. for life

安全を最優先したクルマ作り

 ボルボはスウェーデンの自動車メーカーで、安全性を重視した特徴のあるクルマ作りに徹することで知られている。

 「クルマは人によって運転される。従ってボルボの設計の基本は、常に“安全”でなければならない」というのがボルボの創業者の信念で、今もこれを受け継いだクルマ作りを徹底させている。

 安全についていえば、忘れることのできない絶対的な事実がある。ごく当たり前のように使われている3点式シートベルトを発明したのはボルボで、特許を取得しながらもそれを公開したことで、世界中で販売されるクルマに1台残らず3点式シートベルトが装備されていることだ。50年を経てもこれを上回る発明が出てこない3点式シートベルトは、クルマの受動安全の基本として、これまでに100万人以上の命を救ったと言われている。

 ボルボの安全を重視したクルマ作りは、エントリーモデルとして開発されたS40/V50にも徹底されている。比較的コンパクトなボディが与えられたS40/V50も、衝突安全性能に関してはボルボの最上級モデルであるS80と同等の性能が確保されているのだ。

 ボディ構造に工夫を凝らし、強度の高い高張力鋼板を効果的に使うことで、衝突時に乗員の受けるダメージを低く抑え、S80と同等の水準を確保した。

 このほか、横滑り防止装置のDSTCやBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)などの能動安全を始め、デュアルモードSRSエアバッグやインフレータブル・カーテン(=サイドエアバッグ)、全席3点式シートベルト、後席にも採用されるシートベルト・プリテンショナー、インテグレーテッド・チャイルドクッションなどの受動安全のメニューは、一部はオプション設定ながら、全体としてとても充実したレベルにある。

センスの良いスカンジナビアンデザイン

 ボルボの特徴のひとつにスウェーデンの自動車メーカーならではのスカンジナビアンデザインがある。シンプルでクリーンな印象を与えると同時に、とてもエレガントな仕上げが施されたインテリアは、派手さとは違った落ち着いた感じの高いクオリティさを感じさせるものだ。

 ボルボならではというか、ボルボ車に共通する仕様として採用されているのがフリーフローティング・センタースタックだ。裏側に空洞を設けたほかにはない独特のデザインで、モダンなデザインとスイッチ類の操作性の高さを両立させている。センタースタックの表面部分は、Aktivではアルミパネルが標準で、木目パネルがオプション設定されている。

 ホールド性と快適性を両立させたシートは、ボルボが人間工学に基づいて開発したもので、ヘッドレストレイントの部分を一体化した構造にも、ボルボの安全思想が反映している。また衝突時のむち打ち症の被害を軽減するWHIPSと呼ぶ構造も採用されている。

 ヨーロッパ車らしい合理的な設計に基づくFF車として、室内空間は必要十分なものがある。ボディが小さめなエントリーモデルであるため余裕十分というほどではないが、S40のトランクスペース、V50のラゲッジスペースを含めて使い勝手の良さが追求されている。

最新のパワートレーンの軽快な走り

 S40/V50はデビュー以来何度かマイナーチェンジを重ねており、現在のAktivには最新のパワートレーンが採用されている。直列4気筒2.0Lの可変バルブタイミング機構付きエンジンは107kW/185N・mのパワー&トルクを発生し、パワーシフトと呼ぶ6速のデュアルクラッチと組み合わされる。

 デュアルクラッチはヨーロッパ車を中心に採用例が増えている新世代のトランスミッションで、MTをベースにした効率の良さを確保しながら、ATと同様に2ペダルでの運転を可能としたものだ。効率という点では、従来の2.4Lエンジン+5速ATに比べ、2.0Lエンジン+パワーシフトは22%も燃費が向上している。

 排気量は2.0Lになったが、エンジンの動力性能はS40/V50の重量に見合ったもので、軽快な吹き上がりに合わせて滑らかにパワーが盛り上がっていく。またパワーシフトは湿式タイプのデュアルクラッチであるため、変速時のショックが少ない。走りの質感が高いレベルにあるのが分かる。

 足回りはちょっと硬めの印象ながら、乗り心地とのバランスにも優れていて、いかにもヨーロッパ車らしい味付け。ストローク感のあるサスペンションはコーナーで緩やかにロールして安定感のある挙動を示す。

お買い得感いっぱいのAktiv PLUS登場!!

 ボルボS40/V50の最新モデルとして2.0e Aktiv PLUSが登場した。これはその名前が示すように、従来のAktivに魅力的な装備をプラスしたモデル。

 追加された装備は、本革シート、クルーズコントロール、上級グレードの2.4i SEに採用されていた17インチアルミホイール&50タイヤ、フルエクステリア・カラーコーディネイトなど。ほかにS40にはリアサンカーテンも装備される。

 これらの装備はざっと計算しても30万円以上になる内容。ところが今回のS40/V50 2.0e Aktiv PLUSでは、価格を据え置きにしたままでこれらの装備が追加される。これはかなりの買い得感がある。

 さらに今年の第3四半期に購入するユーザーには、2年間の保証延長が無償で提供される。新車から5年間のボルボ・サービス・パスポート(VSP)、5年間のロードサイド・アシスタンス、5年間の保証などを組み合わせたもの。VSPだけでも15万円を下らない値打ちがあるから、ますますお得な印象になる。

 この夏、クルマの購入を考えているなら、ボルボS40/V50の2.0e Aktiv PLUSは大きな狙い目になると思う。

私がボルボを選んだ理由

 私がボルボを選んだのは安全が理由だった。本文にも触れたようにボルボが3点式シートベルトを発明したメーカーであること、またその特許を公開したことを知り、とても徳の高いメーカーであるとの感銘を受けた。このようなメーカーを応援したいと思い、いつかはボルボに乗ろうと考えていた。

 代替のタイミングと欲しいボルボ車とがうまくかみ合わず、なかなかボルボに乗る機会が得られなかったが、V50が発売された直後にそれが訪れてすぐにV50 2.4iを購入した。

 手頃なサイズで使い勝手の良いワゴンであることなども購入を決めた要素だったが、クルマそのものより、安全なクルマ作りにかけるボルボというメーカーの姿勢が最大の理由だった。

ボルボを試乗してQUOカードをもらっちゃおう!

スウェーデンの自動車ブランド“ボルボ”。
ボルボが、現在の自動車のデザインや安全性能に多大な影響を与え続けていることは、広く認知されていることであり、その結果、ボルボは1927年の生産開始から2009年までの間に全世界へ向けて累計1,627万台を出荷するなど、そのブランドの功績は計り知れません。

今回はそんなボルボの主力モデルでもあるV50とS40 Aktiv+キャンペーンとして体感イベントを開催致します。
正規販売ディーラーで試乗すれば2,000円分のQuoカードがもらえるという内容です。
獲得までのSTEPとしては3STEPです。


■■■ Step.1 ■■■
左下にある『登録フォーム』よりご登録後のサンクスページ、またはご登録完了後の自動転送メールをプリントアウトして下さい。

■■■ Step.2 ■■■
Volvo販売ディーラーへご来店頂き、Volvo車の試乗を行って頂きます。
試乗後、[Step.1] でプリントアウトした用紙へ、Volvoディーラー担当者からサインを貰って下さい。
※自動転送メールを印刷した際には、下部にございます「サイン欄」へサインを 頂いてください。

■■■ Step.3 ■■■
[Step.2] の、担当者サイン済みの自動転送メール(またはサンクスページ)を携帯・デジカメ等で撮影してください。
試乗感想(100文字以上)と、上記の画像を一緒に、

campaign@autoc-one.jp

までお送りください。
※必ず「試乗感想(100文字以上)」「サイン済みメール(サンクスページ)の写真」の2つをお送り下さい。いづれか片方のみの際には、プレゼントの対象外とさせていただきますので、予めご了承下さい。

この機会に是非ともボルボの機能性や安全性といった、世界中で愛され続けるその魅力をあなた自身の目と手で実感していただければと思います。