ボルボ 新型XC60 T5 AWD試乗&評価|ベストセラーボルボの2代目が日本で発売開始(1/2)

  • 筆者: 山本 シンヤ
  • カメラマン:小林 岳夫・ボルボカージャパン

”XC60”が2代目へと刷新、2017年10月いよいよ日本でも発売開始

2009年に登場したクロスオーバーSUVの初代XC60は、デザインや走りでも従来のボルボを覆すイメージとミディアムクラスのSUV市場人気が相まって世界中で高い人気を誇り、今やボルボの年間生産台数の約3割を占める基幹モデルへと成長した。日本にも同年に導入され、日本初の“完全停止”するエマージェンシーブレーキが採用されたモデルでもある。当時、日本はエマージェンシーブレーキに対して懐疑的な姿勢だったが、ボルボの熱心な説得に認可が下りたと聞く。その後、スバルのアイサイトが登場し、エマージェンシーブレーキ普及が始まるのだが、そのキッカケはボルボが作ったのである。

ただ、当時の関係者に話を聞くと、「XC60にはエマージェンシーブレーキレスと言う仕様がなく、認可されないと日本で発売ができなかったので、とにかく必死でした」と語る。

結果として8年のロングセラーとなったが、パワートレイン/ドライブトレインはもちろん、シャシーも着実に進化・熟成が行なわれており、日本ではモデル末期となる2017年1-8月の販売も前年比を超えたそうだ。

そんなベストセラーボルボが2代目へと刷新。今年3月に開催されたジュネーブショーで世界初公開されてから約7か月、2017年10月16日に日本での発売がスタートされた。

>>美しい内外装・・・新型XC60の魅力を画像ギャラリーでもっと見る

主張を強めたデザインで新型XC60のスポーティさを表現

”小さいXC90”ではない、新型XC60独自のキャラクターを確立したエクステリア

新しいボルボXC60のエクステリアは、新型XC90の流れを踏襲したロングノーズ化、ショートオーバーハング化された次世代ボルボデザインを採用するが、小さなXC90ではなくXC60独自のイメージをプラス。フロント周りはより主張を強めたグリルや、トールハンマーがモチーフポジションランプもヘッドライトを突き抜けたデザインでスポーティさを表現。

サイドはXC90ではエレガント路線でプレーンな面構成なのに対し、XC60はフェンダーやドアに削り出したような表現が盛り込まれ、短い全長も相まって力強く筋肉質なイメージとなっている。

ただ、不思議なのは初代XC60とはプロポーションもパッケージも全然違うのに、どことなく共通性を感じたことだ。つまり、初代のいい所はシッカリと受け継がれている。

ボディサイズは全長4690×全幅1900(1915)×全高1600mm、ホイールベース2865mmで、実はサイズは初代から大きく変わっていない。

>>ボルボ XC60のカタログを見る

細部にまで注目したい、新型XC60の美しいインテリア

インテリアは縦型タッチスクリーンを中心に置く水平基調のインパネ周りはXC90やS90/V90の流れに沿ったデザインだが、よりコクピット感が強められたイメージ。

実は次世代ボルボデザインを表現したコンセプトカー3部作の一台である「クーペコンセプト」を忠実に再現されているそうだ。細かい部分では独特な風合いのアッシュウッドパネルや“隠しスウェーデン”など細部にも注目だ。

ボルボ新型XC60のメカニズムは何から何まで全て新しく生まれ変わった

ガソリンとディーゼル、直列4気筒2LターボのDrive-Eパワートレインがデフォルト設定

パワートレインは全て4気筒の2Lの「Drive-E」を搭載。「T5 AWD」は254ps/350Nmを発揮するターボ、「T6 AWD」は320ps/400Nmを発揮するターボ+スーパーチャージャーのツインチャージャー、「T8 TWIN ENGINE AWD」にはツインチャージャーに87ps/240Nmのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド、そして「D4 AWD」は190ps/400Nmのディーゼルターボと豊富にラインアップ。トランスミッションは全て8速ATの組み合わせとなる。

ちなみにT6 AWDとD4 AWDは来年3月より納車開始予定となっている。

独自開発のボルボ SPAプラットフォームを90シリーズに続き採用

プラットフォームはXC90に代表される90シリーズ譲りのSPA(スケラブル・プロダクト・アーキテクチャ)。サスペンションはフロント・ダブルウィッシュボーン/リア・マルチリンクの組み合わせだが、ミドルクラスの60系には初採用だ。もちろん、ボディサイズが小さく軽量なXC60に合わせて最適化されている。また、車高調整可能でアクティブダンパー仕様の四輪エアサスペンションも選択可能(T8 TWIN ENGINEは標準)。タイヤはグレードによって異なり、Momentum(モーメンタム)が18インチ、Inscription(インスクリプション)が19インチ、そしてインスクリプションのT8 TWIN ENGINEが20インチを履く。更にスポーティグレードのR-Designはスポーツサスペンション+21インチタイヤの専用スペックが奢られる。

ボルボが世界に誇る先進安全性能、新型XC60でさらに進化

ボルボが世界に誇る先進安全性能は「新シティセーフティ」が採用されるが、XC90よりもバージョンアップ。

新たに追加されたのは、車両への衝突がブレーキ制御だけで不足したと判断した場合、運転者が回避行動を取った際にステアリング回避をサポートするように内側ブレーキを作動させる「ステアリングサポート」やACC機能をドライブモードに合わせて特性を変える「ECO ACC」などがプラスされている。

ボルボ/XC60
ボルボ XC60カタログを見る
新車価格:
625.4万円941.1万円
中古価格:
86万円808万円
ボルボ/V60クロスカントリー
ボルボ V60クロスカントリーカタログを見る
新車価格:
559.2万円661万円
中古価格:
184.6万円629万円
ボルボ/V60
ボルボ V60カタログを見る
新車価格:
508.2万円844.4万円
中古価格:
49.7万円730.9万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボ XC60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ XC60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ XC60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ XC60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ XC60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる