外車の新車で200万円以内! これならイケるぞ! お手頃輸入コンパクト3選【外車のススメ】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
最近、国産の新車も高くなりました。軽やコンパクトで200万円を超えることもザラ。そんなに出すなら、いっそ外車にも手が届きますよ。というのが今回の企画!

これならイケそうな気がする! お手頃輸入コンパクトカーを画像でもっと見る!

オシャレでカワイイ! ドイツ・イタリア・フランスのコンパクトカーをご紹介します!

目次[開く][閉じる]
  1. 最近、国産の新車って価格が高いよねとお嘆きのアナタに
  2. ベーシックカーながらも高い実力を誇る「フォルクスワーゲン up!」
  3. カワイイは正義! モダン・クラシックで高い人気をキープする「フィアット 500」
  4. 狭い道でもキビキビ! かつ遠乗りもラクラクな「ルノー トゥインゴ」

最近、国産の新車って価格が高いよねとお嘆きのアナタに

最近、国産の新車って価格が高いよね、と感じる人は多いかもしれません。小型コンパクトカーのトヨタ ヤリスを見ると、装備充実の売れ筋グレードでは本体価格175.6万円に達します。軽自動車に至っては200万円近く、もしくはそれを超えることも珍しくないのです。もちろん、価格に見合うだけの安全装備を誇り、燃費も優れていることを考えるべきですが、絶対的な金額では「高いなあ」という感じは否めません。

その一方で、国産車よりも価格帯が上がる輸入車でも、思いのほか手に届きやすいクルマがいくつかあります。そこで今回は、コンパクトカーに的を絞り、車両本体が「ほぼ200万円」の輸入車を3台チョイスしてみました。

ベーシックカーながらも高い実力を誇る「フォルクスワーゲン up!」

欧州では2011年から、日本では翌年から販売がスタートしたフォルクスワーゲンの1リッタークラスコンパクトカーが「up!(アップ)」です。

3.5m台という小さな車体、1tを切るという軽さを誇りつつ、ユーロNCAPという欧州の厳しい安全テストで、最高点となる五つ星を得る高い安全性を実現。余計な要素をそぎ落とした、飽きの来ないシンプルなデザインの内外装は、機能美をも感じさせ、登場後9年を経た今なお魅力的です。

フォルクスワーゲンのエントリーモデルですが快適装備は充実。シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)も標準装備しています。

フォルクスワーゲン/up!
フォルクスワーゲン up!カタログを見る
新車価格:
167.3万円234.2万円
中古価格:
34万円246万円

バリエーションは「move up!」「hi up!」そしてSUV風の「cross up!」があります。

アルミホイールやクルーズコントロール、パークディスタンスアシストなどを備え、価格と装備のバランスに優れた「hi up!」の車両本体価格は202.2万円です。さらにシンプルな装いの「move up!」では2ドアが167.3万円、4ドアでは187.5万円ですので、総額200万円前後で狙うこともできます(価格はいずれも税込)。

カワイイは正義! モダン・クラシックで高い人気をキープする「フィアット 500」

「フィアット 500(チンクエチェント)」は、1957年に誕生したイタリアを代表する “国民車”、「ヌォーヴァ500」を現代流に蘇らせたファッショナブル&スタイリッシュな小型コンパクトカーです。

気が付けばデビューから10年が経過しましたが、細部まで作り込まれたイタリアン・デザインはまったく古さを感じさせません。他に類のないカワイイクルマとして、今なお高い人気を誇っています。カラフルなボディカラー、インテリアの色使いやオシャレなマテリアルのチョイスも、ハレの気分を盛り立ててくれます。

フィアット/500(チンクエチェント)
フィアット 500(チンクエチェント)カタログを見る
新車価格:
187.4万円279万円
中古価格:
38万円299万円

日本での2020年7月現在のバリエーションは、フィアットでは長年にわたって使用されている直4のパワーユニット「FIREエンジン」を積む「1.2 Pop」、2気筒875cc+ターボの「ツインエア」エンジンを搭載する「1.2 TwinAir Pop」、上級版の「1.2 TwinAir Lounge」の3種類があり、「1.2 Pop」の車両本体価格はまさにちょうど200万円(税込)。

1.2Popはエントリーグレードですが、一通りの快適な装備を完備し、ABS+EBD

(アンチロックブレーキシステム+エレクトロニックブレーキフォースディストリビューター)、ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)など、数多くのセーフティ・エクイップメントも搭載しています。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン up!の最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン up!のカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン up!の中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン up!の記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン up!のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる