車買取フリマUllo(ウーロ)TOP Ullo(ウーロ)での販売価格はどう設定すればいい? 愛車を高く売るのにオススメの値付け方法は?

車を高く売るには? ~愛車を高く売るためにできること、値段の付け方、写真の撮り方~

1、高すぎず、安すぎない価格設定を探る

  • 無料査定時にUlloフリマでの3種類の買取予想額を提示しましたが、高値売却を希望するのであれば「Ulloオススメ価格」~「これ以上では売れない価格」の間で価格を決定し、店舗からの反応を見ながら価格を少しずつ下げていくのがオススメです。
    オーナーの皆さんはやや強気な販売価格を設定する傾向がありますが、その場合は店舗から販売価格より少し値段の低い「値段交渉での購入申し込み」が入るかもしれません。

    Ulloフリマではいつでも販売価格の変更が可能です。売却を急いでいない方は少し強気な価格設定からスタートしてもいいでしょう。ただし、「これ以上では売れない価格」以上の販売価格でフリマ出品を行っても店舗からの購入申し込みはないと思ってくださいね。

2、写真や傷情報、車検証情報など、車の詳細な情報を充実させる

  • 車に購入申し込みを行う店舗はできる限り詳細な情報を求めています。
    特に店舗が知りたいのは…車の各部の写真、傷情報についてです。
    写真については前後左右から全体がわかりやすい写真を日中に撮影しましょう。
    内装の状態やダッシュボード周辺の装備を見せるためにも、後部座席中央からダッシュボードやハンドル回りを撮影すると、そこから店舗はいろいろな情報を判断できます。

    車の傷情報については、隠してもフリマ成立後の実車確認時に必ず傷はバレます。
    最初から正直に申告しておいた方がいいでしょう。

    また、フリマ出品時に車検証写真をアップロードすると出品情報に「車検証」マークが表示され注目度が高まります。
    車検証写真はフリマ成立後に購入申し込みを行った店舗にだけ公開される情報です。
    フリマ掲載情報に間違いがないか、確認するため、必要になる手順ですのでフリマ出品時にあらかじめ車検証写真をアップロードしていただくのをオススメします。

3、質問が来たら早めに回答

  • フリマに掲載しきれない情報、例えばその車に装備されているナビが純正オプションなのか、社外品なのかマイナーチェンジが行われた年式の車の場合、その車が前期型なのか、後期型なのかなどの質問が来ることがあるでしょう。
    詳細がわからない場合でも、できるだけ丁寧に、早めの回答を心がけてください。

    詳しいことがわからない質問の場合は「どこを見ればそれがわかりますか?」と店舗に質問すれば、回答の仕方も教えてくれます。
    回答がわからない場合も、まずは早めに店舗からの質問にリアクションを取ってあげてください。

  • かんたん出品!高価買取!すぐ売れる!
  • 出品から引き渡しまで、カンタン!! ウーロ活用術