車買取フリマUllo(ウーロ)TOP 中古車無料査定後、フリマでの販売成立までにそろえる必要がある書類とは?

車売却時に必要な書類と陸送手配について

1、一般フリマ、オークションでの車の個人売買は名義変更などの手続きが面倒、不安

  • イメージ 書類

    車の販売時には下記の書類が必要です

    手配の必要あり 1、印鑑証明
    or住民票
    2、譲渡証明書
    3、委任状
    通常は印鑑証明でOK。
    役所で取得する必要あり。
    販売時には必ず必要です。
    譲渡証明書とセットになっていることが多い。
    捨てているかも 4、自動車税納税証明書 税金未納の車でないことを証明するために求められることが多い。
    保存していない場合は再発行が必要。
    手元にあるはず 5、車検証
    6、自賠責保険証明書
    7、自動車リサイクル券
    車検証とセットで手元にあるはずの書類。

    車を売却する場合、上記の1~7の書類を用意する必要があります。1は通常は印鑑証明で大丈夫ですが、車検証記載の住所と現住所が違う場合、住民票提出が必要となることがあります。

    個人売買での名義変更手続きの不安点

    1、すぐに名義変更を行ってもらえるか
    名義変更手続きをすぐに行ってもらえず、年度をまたいでしまった場合、自動車税の通知書があなたのところに届くなんて不安があります。

    2、名義変更前に交通事故を起こされた場合、責任を問われる可能性がある
    名義があなたのままで新たな所有者が車を運転し、事故を起こした場合、あなたに所有者責任が及ぶ可能性があります。
    そういった面倒なトラブルが起きないためにも個人売買で車を売る場合は名義変更をすぐに行ってもらう必要があります。

一般のフリマやオークションで車を売る際にはこういった面倒さ、不安があります。

2、販売した車の配送、陸送手配を自分で行うのも大変

  • イメージ 費用

    車の配送方法、陸送距離によってかかる費用はさまざま

    車の配送、陸送の手配はどのように行えばいいのか、ご存じでしょうか?
    専門の代行業者もありますが、自宅から購入者宅まで運ぶのか、デポからデポまで運ぶのか、配送先への距離によってかかる費用が違います。
    フリマやオークションではそのかかった費用をあなたか、購入者どちらが負担するのか、車の売却費用に費用が含まれるのか、なども考える必要があります。

    ご自身で購入者宅まで届ける…のも手間がかかって大変ですよね。

Ulloでの車の購入者は車を知り尽くした専門店、だから面倒な手続きも不安も無し

  • Ulloであなたの車に購入申し込みを行えるのは古物商許可証を取得している、車の販売店のみです。Ulloに参画する際にはオートックワン社での審査も行っています。名義変更手続きや車の引き取りは販売店が行ってくれますし、プロの目で現車を確認した上での売買契約となりますので安心です。

    だから車を売却するなら、個人売買の一般フリマより、オークションより、Ulloが楽で安心!!!

  • かんたん出品!高価買取!すぐ売れる!