富岡製糸場
富岡製糸場

国際社会にも認められる国の大切な文化財

富岡製糸場は、明治5年(1872年)に明治政府が日本の近代化のために開設し、近代化を牽引した官営の模範器械製糸工場です。明治維新後、政府は日本を外国と対等な立場にするため、産業や科学技術の近代化を進めました。そのための資金を集める方法として力を入れたのが、生糸の輸出です。洋式の繰糸器械を備えた官営の模範工場として建設された富岡製糸場は現在までほぼ変わらぬ姿で残されています。見どころや歴史について解説しながら場内を案内するガイドツアーがおすすめです。2014年世界文化遺産登録されています。

アクセス

観光スポット・アクティビティはこちら

近隣の宿はこちら