香川県
まんのう
PR

湯山荘 阿讃琴南 阿讃山脈に抱かれた渓流の奥座敷で、暮らすように泊まる温泉宿

湯山荘 阿讃琴南の3Dバーチャルツアー

すべての方向を自由に見渡す全天球パノラマで楽しむことができるVRコンテンツです。施設の中をデジタル空間でリアルに体験してください。

国道438号線を道なりに進んでいくと、すぐ側を流れる川のせせらぎ、山地特有のひんやりした心地よい空気を感じられる。「湯山荘 阿讃琴南(あさんことなみ)」は、渓流の奥座敷である旧琴南町に、静謐な山の風景に溶け込むように建てられた山峡の湯宿である。本館へと続く橋を渡れば、もうここは別世界。都会の喧騒を忘れ、雄大な自然に抱かれながら暮らすように泊まる、里山の別荘でのひとときが始まる。

客室 本館客室と里山ヒュッテ 2つのスタイルから選べるくつろぎ方

阿讃琴南の客室は、全28室。稜線を見上げる本館は、いつでも温泉を楽しめる「露天風呂付客室」や「モデレート客室」を備える。いずれの部屋も、大きな窓から絶景の大パノラマを堪能できる。ヒノキを基調に造られた室内は、木肌を活かしたぬくもりある空間だ。
山の斜面を活かし、広々としたウッドデッキテラスを備えた離れ客室の「里山ヒュッテ」は、より自然を肌で感じられる。デイベッドやハンモックで横になれば、あまりの心地よさに時間を忘れてしまうだろう。山あいならではの、ひんやりした清浄な空気が頬を撫でる。滞在中は、貸切露天風呂「なごみ湯」も60分間無料で利用可能。自家源泉の美合(みあい)温泉を気兼ねなく楽しもう。
そして里山ヒュッテのうち4室は、愛犬と宿泊できるドッグフレンドリーな客室だ。敷地内にはドッグランや専用のチェックインサロンを用意しており、愛犬と気兼ねなく寛げる空間を実現している。

客室からの風景 心が揺さぶられる阿讃山脈の絶景を大パノラマで

香川県と徳島県の境に連なる、阿讃山脈の懐に抱かれた阿讃琴南。部屋に着いたらまず、バルコニーから景色を見渡してみてほしい。視界にダイナミックに広がるのは、静謐な自然。耳を澄ませば、聞こえるのは木の葉のざわめき、滝の流れ落ちる音、野鳥のさえずり─。自分自身が大自然と一体となったような安らぎを味わえる。初夏に訪れたなら、目に鮮やかな新緑と色とりどりの紫陽花が楽しめる。夏の夜には、運が良ければ川沿いにホタルを見ることもあるのだとか。春は薄桃色の山桜、秋には山を赤黄色に染め上げる紅葉、冬は純白の雪が山を包み込む。
「訪れるたびに新しい景色と出会えるのが阿讃琴南。四季折々の美しさを楽しもうと、季節を変えて何度もご宿泊いただくお客様も多くいらっしゃいます」と語るのは、マネージャーを務める畠山さん。ホテルの4階にある星見テラスも、ぜひお訪れてほしいスポットなのだとか。「夜には空一杯に広がる満天の星空、明け方にはうっすらと霧のかかった山々…。吸い込まれるような、幻想的な光景がお楽しみいただけます」

温泉 自然との一体感を味わえる露天風呂で 贅沢なひとときを

阿讃琴南では、大浴場から部屋付きの露天風呂まで、自家源泉の美合温泉を引き込んでいる。pH値8.7の低張性アルカリ性冷鉱泉で、さらりとした泉質が特徴だ。神経痛、高血圧、筋肉痛、肩こりに効能があるとされている。
森に抱かれた河畔風呂「せせらぎ」は、川と滝の心地よい水音が響く温泉。風情ある岩風呂で、自然と調和する入浴が楽しめると人気を博している。寝湯は、枕木に頭を乗せて全身を伸ばして湯に浸かれる。森の木の葉の擦れる音、鳥や虫たちの歌声に耳を傾けながら目を閉じれば、極上の時間を楽しめるだろう。あえてぬるめの温度に設定しているため、長い時間浸かっていても心地よい。水深100㎝の深湯は全身に湯圧がかかり、血行促進効果が期待できる。身体がじんわりと解きほぐされていくのを感じながら、眼前に広がる四季折々の木々の彩りに癒されよう。

料理 旬の食材の良さを引き出した里山料理に舌鼓

入り口にあるグリルと釜炊きコンロが印象的な「ダイニング 穀雨」で腕を振るうのは、料理長の石田さん。京都の名料亭で修業を積んだ石田さん曰く、阿讃琴南のメニューは「素朴な里山料理」なのだそう。囲炉裏で焼く鮎やヤマメの塩焼き、旬の山菜をたっぷり使った佃煮やきんぴら―。讃岐でよく用いられるいりこ出汁や醤油をベースとした、温かみある料理が味わえる。
季節によっては、料理長自ら山に分け入って山菜を採ることもあるのだとか。多く収穫できた日には多めに作った一品をサービスする粋な計らいもある。「渓流で穫れた川魚や山深くで育った山菜、地元野菜。食材自体はシンプルですが、懐石料理を手掛けてきた料理長によって、素材そのものの味が最大限に引き出されます。京料理らしい丁寧な盛り付けと精緻な造形によって、見た目にも美味しい一皿に仕上がるのです(畠山さん)」

アクティビティ バードウォッチングやトレッキングで 自然を味わい尽くす

雄大な自然を五感で楽しめる山の中のリゾート・阿讃琴南。山に溶け込むように佇むこの宿は、敷地内に留まるだけでも思う存分自然を満喫できる。琴南の魅力をさらに味わい尽くそうと、少し足を伸ばして川遊びやトレッキング、バードウォッチングやホタル観賞に繰り出す宿泊客も多いのだとか。
山歩きでよりアクティブに大自然を味わいたい方には、「香川のみどり百選」にも選ばれた近隣の大川山(だいせんざん)が最適な名峰だ。フロントでは専用のトレッキングシューズやポールを無料で貸し出している。木漏れ日を浴びながら生い茂る木々のトンネルを抜ければ、讃岐平野や瀬戸内海の島々を望む絶景が楽しめる。標高1,000メートル超の山頂に到達すれば、えも言われぬ達成感が味わえるはずだ。宿に戻れば、美合温泉の露天風呂が一日の疲れを和らげてくれる。

里山の大自然に心行くまで癒される阿讃琴南。日常の喧騒と切り離された美しい空間は、ホテルでありながら私邸のような安らぎを与えてくれる。滞在を終える頃には、すでに次に訪れる日に思いを馳せてしまうだろう。刻々と表情を変える山の風景、素朴で美しい里山料理の数々、日常の疲れを癒してくれる温泉─。渓流の奥座敷は、いつでもあなたの訪問を受け入れてくれる。

キーパーソン

マネージャー 畠山裕靖(はたけやま・ゆうせい)

2012年、阿讃琴南を運営するホテルニューアワジグループに入社。高知県出身で幼い頃から自然に親しんできたことから、故郷に似た自然豊かな場所で働くことを希望していた。グループ運営の淡路島のリゾートホテルで経験を積んだのち、香川・琴平町の「琴平花壇」、岡山・津山市の「ザ・シロヤマテラス津山別邸」で勤務。2021年、湯山荘 阿讃琴南のマネージャーに就任。

「毎日違うお客さまがお越しになるホテルに、同じ一日は二度とありません。いかなる場合でもお客さまにお喜びいただくために、お出迎えからお見送りまで、当館スタッフが一丸となっておもてなししています。大切にしているのは、お越しいただくお客さまとの会話やコミュニケーション。お客さまに寄り添うため、スタッフ一人ひとりが知識を蓄え、成長し続けるよう心がけています。
阿讃琴南は、地元のみなさまとの交流も盛んです。県内アーティストの作品をホテルロビーで展示するほか、地元のそば畑から収穫したそばをメニューに取り入れるなど、地域とホテル一体となって、訪れたお客様をお迎えいたします」

お知らせ

衛生管理(新型コロナウイルス感染予防対策)について

【阿讃琴南より衛生管理について】
当館では新型コロナウイルス感染症流行への対策として、お客さまの安全を第一に考え、各種ガイドラインに基づいた取り組みを実施しております。
詳細は下記リンクをご参照ください。

https://www.asankotonami.com/topics/detail.php?id=146

更新日:2022年10月15日

宿泊予約をする

宿泊プランを見る

近隣の宿はこちら

その他の宿はこちら

淡路
淡路島にある第二の我が家。リゾート地で楽しむ気ままな休日
淡路島にある第二の我が家。リゾート地で楽しむ気ままな休日 海のホテル島花 レジデンスヴィラ&ドッグフレンドリーヴィラ
草津
23種の湯めぐりを館内で 草津の醍醐味が詰まった湯宿
23種の湯めぐりを館内で 草津の醍醐味が詰まった湯宿 湯宿 季の庭
伊勢志摩
愛犬とゆったり過ごせる、森の中のプライベートヴィラ
愛犬とゆったり過ごせる、森の中のプライベートヴィラ Villaお伽噺
黒部
黒部の自然に抱かれ、日本の美と食を愉しむ極上のくつろぎを
黒部の自然に抱かれ、日本の美と食を愉しむ極上のくつろぎを 延楽
奥飛騨
何度でも訪れたくなる 極上の温泉と安らぎ空間
何度でも訪れたくなる 極上の温泉と安らぎ空間 湯元長座
姫路
満天の星と、あたたかなホスピタリティに包まれる宿
満天の星と、あたたかなホスピタリティに包まれる宿 夢乃井庵 夕やけこやけ