700万円超でも決して高くない!? 世界初公開された限定500台のトヨタ新型「GRMNヤリス」はとんでもないモンスターマシンだった!【東京オートサロン2022】

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:森山 良雄/トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら
2022年1月14日(金)〜16日(日)に開催された東京オートサロン2022。モータースポーツ活動やGRモデルなどの商品ブランドを展開するトヨタガズーレーシングのブースでは、世界初公開となるGRMNヤリスが展示された。

まずGRMNとはどういったモデルなのか、そしてGRMNヤリスはGRヤリスとどういった違いがあるのか700万円超の豪華な装備内容を紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. GRMNヤリスは「究極のヤリス」と呼べるほどの仕上がりだ
  2. GRMNヤリスはエンジンやボディ補強までしっかりと手を入れている
  3. サーキットパッケージとラリーパッケージも用意! 3つの仕様が存在する

GRMNヤリスは「究極のヤリス」と呼べるほどの仕上がりだ

日産のNISMOやスバルのSTIに相当するトヨタのスポーツモデルやモータースポーツ活動などを行う部門となるトヨタガズーレーシング(以下GR)がラインナップするモデルは、現在既存のモデルをベースにするものを含め以下の3つに分類される。

GRスポーツ

既存のモデルをベースに必要に応じてボディ補強、専用サスペンションなどの装着、内外装をスポーティなものにするなどした比較的手軽なコンプリートカー(ハイラックス、ランドクルーザー、C-HR、プリウスPHV、トヨタでも販売されるコペンに設定)

GR○○

スポーツモデル専用として開発されたクルマそのもの(GRスープラ、GRヤリス、GR86)

GRMN

エンジン、トランスミッションといったパワートレーンにも手が加えられた、台数限定となるスペシャルモデル(過去にマークXGRMN、86GRMNなど)

ということを踏まえ東京オートサロンで発表されたGRMNヤリスを紹介していくと、そのコンセプトは「全日本ラリーやスーパー耐久といったモータースポーツからのフィードバックを盛り込んだ、究極のGRヤリス」と言える。

GRMNヤリスはエンジンやボディ補強までしっかりと手を入れている

1.6リッターターボ+4WDのGRヤリスをベースにしたGRMNヤリスは、量産モデルを買って後から手を加えて同様の仕様にするにはほぼ不可能なメニューが組み込まれている。

まずはその内容から挙げていこう。

ボディ補強

スポット溶接打点545点追加、鉄板と鉄板の密着をより強くする構造用接着剤を使用する長さの12m延長を行っている。

さらに、2シーター化に伴ってボディ補強ブレースを装着している。

アップデートプログラム&パーソナライズプログラム

次に、購入後サスペンションや空力パーツといったハードウェア、ステアリングやエンジンなどのソフトウェアの制御をユーザーそれぞれのドライビングスタイルも考慮しながらセットアップを行う。

約20kgの軽量化

具体的な手法としてはカーボン製ボンネット、リアスポイラー、ベースのGRヤリスでもルーフはカーボン製というのは同じながら材質が変更されている。

さらに2シーター化、サイドエアバッグ付レカロ製フルバケットシートなどが装着される。

エンジン

エンジンはハンドビルドではないが、ピストンを重量差が少なくかつ軽量なものに変更している。

それに伴うエンジン制御の変更により272馬力の最高出力は変わらないものの、最大トルクは37.7kgmから39.8kgmに強化されている。

駆動系

ディーラーオプションで設定されるクロスミッション、加速力重視のローギヤードファイナル、前後機械式LSD、強化クラッチを装着する。この時点で乗るには若干の覚悟のようなものが必要といえるだろう。

インテリア

インテリアでは、バックスキン巻のステアリング、サイドブレーキレバー、シフトノブ、量産のGRヤリスとは若干雰囲気の異なるメーターと、クルマ好きにはワクワクするチューニングメニューが満載だ。

サーキットパッケージとラリーパッケージも用意! 3つの仕様が存在する

そして、GRMNヤリスには以下の3つの仕様が設定される。

ベースとなるGRMNヤリス/731万7000円

これはここからユーザーの趣味、志向に合わせて仕上げていく文字通りベース車だ

サーキットパッケージ/846万7000円

サーキットでの速さ、楽しさを極めるためのパッケージオプション装着車で、減衰力調整機能付きビルシュタイン車高調、18インチの専用BBS製ホイールなどを設定する(オートサロン出展車は量産のGRヤリスより1サイズ太い235幅で、スポーツタイヤでは最強級となる横浜ゴムのアドバン052を履いていた)。

さらにカーボン製カナード付きリップスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーなども装着される。

ラリーパッケージ/参考価格837万8764円

ラリーなどのオフロード走行のため、ベースのGRMNヤリスにディーラーオプションのロールバー、サスペンションキット、アンダーガードを必要に応じて装着される。

高額ながら10倍近い倍率となりそうだ!

500台限定となるGRMNヤリスの価格は絶対的には高価だが、メーカーチューンとなる究極のGRヤリスを求めるユーザーには決して高いものではないのは確か。オートサロンで開発責任者の齋藤尚彦氏にGRMNヤリスについて話を聞くと、笑顔が絶えなかったことが印象的だった。

というクルマなだけに、GRMNヤリスに興味を持っている方は多そうだ。500台限定に対し10倍近い倍率となりそうなのは確実。購入検討者の方は、交渉権を得るためのWeb申し込みが2022年2月28日(月)までとなるので、忘れず応募いただきたい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
147万円254.8万円
中古価格:
114.2万円627.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる