トヨタに続きホンダも参戦!ナゼ自動車メーカーが「AI(人工知能)」に多額の投資をするのか(1/2)

  • 筆者: 桃田 健史
  • カメラマン:桃田健史/トヨタ自動車/本田技研工業
トヨタに続きホンダも参戦!ナゼ自動車メーカーが「AI(人工知能)」に多額の投資をするのか
人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(TRI)を、米国カリフォルニア州の通称“シリコンバレー”に設立 人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(TRI)を、米国カリフォルニア州の通称“シリコンバレー”に設立 人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(TRI)を、米国カリフォルニア州の通称“シリコンバレー”に設立 人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(TRI)を、米国カリフォルニア州の通称“シリコンバレー”に設立 画像ギャラリーはこちら

日本のAI研究者が集う場を作る

ホンダリサーチインスティテュートヨーロッパ

ホンダは6月2日、「ホンダ・イノベーションラボ東京」を今年9月に東京都港区赤坂に開設すると発表した。その役割は、「知能化技術の先端研究・モビリティ領域への応用研究」というもの。ざっくりいえば、AI(人工知能)の研究だ。

ホンダは、同社の得意分野である機械工学に加えて、知能化の技術を盛り込んだ研究を行うため、2003年にホンダ・リサーチ・インスティテュート(HRI)を設立。現在、四輪車の生産拠点や研究開発拠点がある日本の埼玉県和光市、ドイツのフランクフルト市、アメリカのオハイオ州コロンバス市、さらにはIT系企業が密集するシリコンバレーのマウンテンビュー市にHRIのラボがある。

今回発表された東京のラボは、既存の4つのラボとの協調を狙う。

さらに、東京ラボは、大学などの教育機関、国の研究施設、そしてベンチャーを含む幅広い分野でのIT系企業が「集う場」として活用される予定だという。

トヨタを追え!?

人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(TRI)を、米国カリフォルニア州の通称“シリコンバレー”に設立

どうしていま、ホンダがAI研究を強化するのか?

その理由については、各種報道でよく目にするのは、「トヨタがTRIを作ったから」というものだ。TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)は2016年1月末から実動している。米西海岸のスタンフォード大学と、米東海岸のMIT(マサチューセッツ工科大学)の2拠点で、ロボット工学や人工知能に関する世界トップクラスの研究者を今後、200人近く集める予定だ。そのなかには、グーグルの自動運転プロジェクトの上席研究員もいる。

TRIの驚くべきは、その予算の規模で、5年間に10億ドル(約1100億円)と超高額。トヨタの先行投資は8000億円~1兆円と見られているが、これは全世界での自動車開発のすべてに対しての予算。この10%強を一気に人工知能に振り分けるのだから、トヨタとしては大英断といえる決定だ。

ホンダとしては、トヨタほどの大規模な新規投資ではなく、既存のHRIを強化する方法を選んだ。テレビ、新聞、ネットのニュースでは、「そういう見方」をする向きが多い。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... まつさき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる