トヨタC-HRはデザイン勝負?トヨタが今年の“イチオシ”に推すSUV、実は一番のウリは走り!

トヨタC-HRはデザイン勝負?トヨタが今年の“イチオシ”に推すSUV、実は一番のウリは走り!
コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル C-HR開発主査の古場博之氏 コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル 画像ギャラリーはこちら
最初に登場した3ドアのC-HRコンセプトモデル東京モーターショー2015でも出展された5ドアのC-HRコンセプトモデル

モーターショーに出展されるコンセプトカーがカッコ良かったのに、市販モデル見てガッカリというケースは珍しくない。

しかし!今年のジュネーブショーで発表されたトヨタC-HRの場合、コンセプトカーよりカッコ良かったから皆さん驚いた!何しろ何度かモーターショーに出展されたC-HRのコンセプトカー、話題にすらならなかったほど。

写真を見て頂ければ解る通り「こんな気持ち悪いスタイルのクルマなど誰も買わない」。私も何度かモーターショーで見たけれど、原稿書くどころか写真すら撮らなかったほど。

一方、トヨタの関係者に聞くと今年の“イチオシ”だという。確かに今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースにもC-HRを出すと発表された。

コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル

今回ジュネーブショーでデビューしたのは、市販モデルそのものと言って良いという。あれほど不気味なデザインだったのに、常識的なサイズのホイールを履かせ、乗員スペースを確保出来るキャビンスペースを持たせたら、突如バランス良くなった。

特にボディサイドの躍動的な面構成と、個性的なリアスタイルが良い。

自信を持っているのが走りの楽しさ

C-HR開発主査の古場博之氏コンセプトモデルよりカッコイイと評判のC-HR量販モデル

てっきりデザインで勝負なC-HRかと思いきや、最も自信を持っているのが走りの楽しさだという。なるほどC-HRのチーフエンジニアは、自分でもレースに出場している古場博之さん。何と今年から国際B級ライセンスに昇格したというから素晴らしい!

その古場さん曰く「とにかく乗ってみてください!」。古場さんの味付けなら大いに期待していいと思う。

搭載される欧州仕様のパワーユニットは3タイプ公表された。プリウスと同じくシステム出力122馬力となる1.8リッター+モーターのハイブリッドと、オーリスに搭載されている116馬力/185Nmの1.2リッター直噴ターボ、そして150馬力/193Nmの2リッター。

ニュルブルクリンク24時間に出ることを考えると、スポーツモデルも追加される?

気になるのが価格帯。当初、ホンダ ヴェゼルやマツダ CX-3、日産 ジュークのクラスだと言われていたけれど、ボディサイズはホンの少し大きい。

ハイブリッドでヴェゼルやCX-3より気持ち高い程度の280万円前後と予想。2リッターエンジンを240万円前後くらいの価格レンジにしてくれば、日本でも売れると思う。今から試乗が楽しみだ。

[Text:国沢光宏]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 夢乃井庵 夕やけこやけ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる