autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【美女の乗るクルマ】-scene:5- トヨタ プロボックス × 立花サキ

特別企画 2019/2/14 17:00

【美女の乗るクルマ】-scene:5- トヨタ プロボックス × 立花サキ(1/4)

関連: トヨタ プロボックスバン , トヨタ サクシードバン Text: 安藤 修也 Photo: 小林 岳夫 Model:立花 サキ
トヨタ プロボックス × 立花サキ
トヨタ プロボックス × 立花サキトヨタ プロボックス × 立花サキトヨタ プロボックス × 立花サキトヨタ プロボックス × 立花サキ画像ギャラリーはこちら

美しすぎる営業職・立花サキの日常

日本の労働者総数は、およそ6600万人。そのうち営業職は約880万人程度と言われている。日本経済を支えるさまざまな企業において、営業職は欠かせないものだが、ここのところその就労人数は減少傾向にあるといわれる。

インターネットの普及が進み、流通の変化やコンプライアンス問題、働き方改革などにより、社会構造の変化が起きたことで、営業職の必要性が見直されただけでなく、その労働の過酷さがクローズアップされたことも要因となっている。

そんな「やる人が減ってきた」営業職だが、結果を出し続けるために、目的意識とチャレンジ精神を持ち、度胸があり、心身も丈夫な、“営業の鏡”のような人材がここいる。キラキラと輝く、会社からすれば大変貴重な存在といえる人材。それがこの物語の主人公、“美しすぎる営業職”こと立花サキである。

(この物語はフィクションです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トヨタ プロボックス × 立花サキ

>>トヨタ プロボックス × 立花サキ フォトギャラリー

「はぁ〜、今日もダメだった……」

路肩に止めたプロボックスから降りつつ、私はひとりごちる。株式会社・大得湾商事に入社して早8年、ずっと営業畑を歩んできたが、今だに契約が取れなかった時は落ち込むものだ。

入社したての頃は、「美しすぎる営業」なんて言われたりしてチヤホヤされ、いかにも下心ありそうなオジさんたちから契約を勝ち取ってきた。とはいえ、一度でも色仕掛けで獲得したことはなく、あくまでも私の信条でもある「熱意と行動力」が功を奏したのだと、自負しているつもりだ。

「けど、いつからだろう。契約が取りづらくなったのは……」

考えてみると、私は8年間ずっと同じようなやり方をしてきた。果たしてこのままでいいのだろうか。いや、きっとよくはないのだろう。私だって変わらなきゃいけない。なにせ、この営業車だって時代ともに変わっているのだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ プロボックスバン の関連編集記事

トヨタ プロボックスバンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プロボックスバン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR