autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型ハイラックス 特別モデルを速攻試乗!その実力とは

試乗レポート 2019/2/19 10:16

トヨタ 新型ハイラックス 特別モデルを速攻試乗!その実力とは(1/4)

関連: トヨタ ハイラックス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村 栄二
トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗
トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗画像ギャラリーはこちら

13年ぶりの復活を遂げたトヨタ「ハイラックス」とは

最近はホンダが「シビック」や「CR-V」を復活させ、トヨタはBMWと共同開発したスポーツカーを「スープラ」の名称で改めてデビューさせる。

同様の流れに位置付けられるのが、2017年9月に発表されたトヨタ「ハイラックス」だ。ハイラックスは国内では1968年から2004年まで販売されたピックアップトラックで、ボンネットを備えたボディ形状が特徴になる。日本では13年ぶりの復活だ。

>>トヨタ ハイラックス Z/Z“Black Rally Edition”の内外装を画像で見る

新型ハイラックス、先代モデルからの乗り換え需要は期待外れだった!?

トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗

発売時点で開発者は、復活させた理由のひとつに「従来型ハイラックスが約9000台保有されていること」を挙げたが、1年以上を経過して改めて尋ねると「先代型からの乗り替えは期待したほどではなかった」という。

かつてのハイラックスは、全長が4690mm、全幅が1690mmの4ナンバー車で、最小回転半径は5.7mだ。価格は直列4気筒3リッターディーゼルエンジン搭載車が約130万円であった。荷台の長いシングルキャブだから、純粋にビジネスで使われるクルマだ。

一方、復活したハイラックスは、タイ製の輸入車で、全長は5335mm、全幅は1855mmの1ナンバー車に拡大された。最小回転半径も6.4mに達する。エンジンは2.4リッターのクリーンディーゼルターボで、排出ガス浄化のために尿素水溶液(AdBlue)を使う。全車が6速ATと4WDを搭載して、価格はスチールホイールを備えたシンプルなグレードの「X」でも326万7000円だ。

ビジネス用途から若者が“楽しむ”クルマに変わりつつある

トヨタ ハイラックス 特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」試乗

上級グレードのZは、ミリ波レーダーと単眼カメラを使って緊急自動ブレーキを作動させるプリクラッシュセーフティシステム、LEDヘッドランプ、アルミホイールなどを標準装着して374万2200円になる。2004年まで売られていたハイラックスの約3倍だ。

ほかのSUVに当てはめると、トヨタのハリアーやランドクルーザープラドと同程度だから、ビジネスユースには不向きだろう。従って先代型からの乗り替え需要も少ない。

それでも開発者に売れ行きを尋ねると「1か月に約500台を販売している。先代型からの乗り替えは少ないが、20~30代の男性が多く購入している」という。2017年に発売した時のハイラックスの販売目標は、1年間に2000台(1か月なら167台)だから、予想以上の実績だ。20~30代という年齢層も、今日の300~400万円の車種では圧倒的に若い。

グレードの販売構成比を開発者に尋ねると「発売直後は上級のZが80%を占めたが、最近は60%に下がり、Xが40%まで増えた」とコメントした。パーツが出そろって、ドレスアップを楽しむユーザーが増えたようだ。ホイールなどを付け替えるなら、スチールホイールのXを選ぶ方がムダを抑えられる。

>>特別モデル「Z “Black Rally Edition”」に試乗!その実力とは[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ ハイラックス の関連編集記事

トヨタ ハイラックスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイラックス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR