【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型 クラウン デザイナーインタビュー/トヨタデザイン部 グループ長 藤吉 正一(4/4)

  • 筆者: 森口 将之
  • カメラマン:オートックワン編集部・茂呂幸正・トヨタ自動車
【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型 クラウン デザイナーインタビュー/トヨタデザイン部 グループ長 藤吉 正一
トヨタデザイン部 グループ長 藤吉 正一さん トヨタ 14代目 新型 クラウン「ReBORN」 トヨタ 14代目 新型 クラウン発表会で話題を呼んだ「ピンクのクラウン」 トヨタ 14代目 新型 クラウン ロイヤル 専用設計のフロントフェンダー 画像ギャラリーはこちら

ピンクのクラウンもイイけれど・・・デザイナーいち押しカラーはコレ!

トヨタ 新型クラウン チーフデザイナー 藤吉正一さんがオススメするボディカラー:ダークレッドマイカメタリック【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型 クラウン デザイナーインタビュー/トヨタデザイン部 グループ長 藤吉 正一

AO:ボディカラーについてはどうでしょう。CMに登場しているピンクも販売することになったそうですが。

F:ピンクはキャンペーンカラーとしての位置づけですが、「トヨタが変わる」ことの象徴として、限定でこういうクルマがあっても面白いかなと考えています。塗ってみたらそれほど違和感はありませんでしたし。

それ以外では、プレシャスブラックパールとプレシャスシルバーが、キラキラしつつもしっとりしていて、カタチを際立たせるという点でお勧めです。

個人的にはダークレッドマイカメタリックもお気に入りです。従来のクラウンでは赤系の色はあまりなかったのですが、けっこうカッコいいと思っています。

イマジネーションが膨らむ瞬間

【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型 クラウン デザイナーインタビュー/トヨタデザイン部 グループ長 藤吉 正一トヨタ 新型 クラウンのミニチュアモデル ロイヤル・アスリートの全ボディカラー(+ピンク!)が大集合!

AO:ところで藤吉さんがデザインを進めていくうえで、イマジネーションが膨らむ瞬間は、どんな時でしょうか。

F:個性豊かなデザイナーがたくさん集まって、コンペを重ねたりしながら、1台のクルマを作っていくわけですが、そのときにまとまる方向ではなく、突き抜けていくようなアイディアが出てくるときがあるんです。その瞬間ですね。

「こういうデザインが好き」と決め付けてしまっては、そういう瞬間には出会えないでしょう。まとめに入ったら、コストや安全などを考えて、どんどん萎んでいってしまいます。人間って、居心地の良いほうに行きやすいのです。でもそれでは時代が追いついてしまう。

クリエイティブな仕事って、常に人の先を行かないとダメだと考えています。今、トヨタはそういう方向に向かっているので、これからも個性的なデザインがどんどん出てくると思います。

デザイナーを目指す君へメッセージ

トヨタ 14代目 新型 クラウン発表会でプレゼンするトヨタ自動車 デザイン本部 藤吉 正一 グループ長【DESIGNER’S ROOM】トヨタ 新型 クラウン デザイナーインタビュー/トヨタデザイン部 グループ長 藤吉 正一

AO:カーデザインを目指している若い読者へ向けて、アドバイスをいただけますか。

F:2つあります。ひとつは既成概念を取り去ること。クルマ好きであることは脇に置いといて、興味の範囲を広げていくことが大事です。知識や技能を吸収するスポンジの量を増やすのです。

ひとつのことに固執してしまうと、そこから抜け出せず、いいカタチが描けないのではないでしょうか。変わったデザインを見る機会を増やすことも重要でしょう。

もうひとつは、他人を納得させる能力を身につけることです。

スケッチの表現力もそうですが、話し方などのパフォーマンス面でも、自分の考えをまとめ、相手を納得させることが大切ではないかと思います。

フォルム全体に、クラウン変革の意志を感じる

トヨタ 14代目 新型 クラウン ロイヤル

クラウンが変わったのは顔だけではなかった。フォルム全体に革新の意志が込められていることが伝わってきた。

そしてトヨタがデザインを含めて、変革のまっただ中にいることも、藤吉氏の話を聞いて理解できた。

これからどんなカタチのクルマを描いて、僕たちを楽しませてくれるのか。期待できそうだ。

[インタビュー:森口将之]

前へ 1 2 3 4
この記事の画像ギャラリーはこちら
森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ クラウンロイヤルの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンロイヤルのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンロイヤルの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンロイヤルの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンロイヤルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる