autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー “トヨタの顔” カローラがハッチバックから先行フルモデルチェンジ│スポーティイメージの裏に込められた意味とは!?【ニューヨークショー2018】

モーターショー 2018/4/18 11:53

“トヨタの顔” カローラがハッチバックから先行フルモデルチェンジ│スポーティイメージの裏に込められた意味とは!?【ニューヨークショー2018】

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)
トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)画像ギャラリーはこちら

12代目となる“トヨタの顔” 新型カローラハッチバックが登場

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)

1966年に初代モデルが登場して以降、進化・熟成を行なってきたトヨタ カローラ。

累計4500万台以上を販売し、名実ともにトヨタの「顔」と言える存在である。しかし、ベストセラーならではの問題も抱えている。失敗が許されないため保守的になりがちで、更に世代を重ねるごとにユーザーの高齢化も課題となっているそうだ。

生まれ変わったカローラ

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)

2016年に生誕50周年を迎えたが、カローラのチーフエンジニアで小西良樹さんは「次の50年に向けたファーストバッターとして大きく変える必要がある」と考えた。

それがニューヨークショー2018でお披露目された12代目だ。驚きなのは、セダンではなくまずはハッチバックからお披露目されたこと。恐らく歴代カローラ史上初の出来事だろう。

「ハッチバックを最初にお披露目したのは、カローラが生まれ変わったことを伝えたかった事が大きいですね。スポーティなイメージを高め、楽しく走れるクルマ……ある意味『原点回帰』ですね。また、若い人にも乗ってもらいたいと言うメッセージも込めています」。

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)トヨタ 新型オーリス ハイブリッド/ジュネーブショー2018

ちなみに現在のカローラ購入者の平均年齢が60歳を超えているそうだ。

「これまで支えてくれたシニアの方も大事ですが、カローラを知らない若い世代に『こんなクルマがありますよ!!』と打ち出していきたいと思っています」。

2月下旬に開催されたジュネーブショー2018で新型オーリスが世界初公開されているが、カローラハッチバックは基本的には同じと考えていい。更に言えば日本向けは「カローラ●●●●」とサブネームが付くそうだ。

初代カローラFX以来のインパクト

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)

エクステリアはオーリスの流れを組んだデザインだが、より立体的で力強いフォルムへと進化。歴代のカローラハッチバックを振り返ると比較的コンサバなデザインが多かったが、新型は「2BOX上級生」のキャッチが話題となった初代カローラFX以来のインパクトだ。ちなみにボディサイズは全長4370×全幅1790×全高1435mm、ホイールベース2640mmとなっている。

カローラの刷新

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)の内装

インテリアは奇を狙わずシンプルなレイアウトで、薄型インパネと連続したトリムにより解放感にこだわったデザインだ。質感にかなりこだわっており、レクサス顔負けのクオリティを実現。この辺りはバブル期に開発された100系を思い出す。

「あのカローラがこんなに立派になってしまって……」と言う人もいると思うが、それも含めて「カローラの刷新」なのだ。

プラットフォームはプリウス/C-HRにも採用されるTNGA「GA-C」を採用。20mmの低重心化をはじめとする基本性能のレベルアップに加えて、既販モデルの知見をフィードバックさせることで、より高いレベルの走りを実現しているそうだ。

「カローラは12代目以降、スポーティなモデルになって展開していくつもりです。このクラスはコンペティターがたくさん存在します。世界ではVW ゴルフ。北米でホンダ シビックの人気が高いので、気持ちの中では『追いつけ追い越せ』です。ただ、まだ発売までにやることはたくさんありますよ」。

一貫してスポーティなイメージを持たせて展開していきたい

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)

パワートレインは2月に技術発表され2.0リッター直噴「ダイナミックフォースエンジン」に発進用ギア付のCVT「ダイレクトシフトCVT」もしくは、こちらも新開発の「6速MT」を組み合わせる。北米仕様はこれ一本のラインアップだが、日本向けはこれとは異なるパワートレインを用意しているそうだ。1ヶ月前にジュネーブショーでお披露目された欧州向けのオーリスは1.2リッターターボと2種類のハイブリッド(1.8リッター/2.0リッター)を用意するが、果たして!?

もちろん、カローラシリーズは様々なボディバリエーションを持つが、12代目はその辺りの展開はどのような感じだろうか?

「もちろん考えていますが、一貫してスポーティなイメージを持たせて展開していきたいと思っています」

スポーツバージョン“GRMN”の登場にも期待がかかる

VW ゴルフには「GTI」、ルノー・メガーヌには「R.S.(ルノー・スポール)」ホンダ シビックには「タイプR」とスポーツモデルが用意されるが、カローラハッチバックはどうだろうか? トヨタには「GRシリーズ」があるが……。

「私はそういうモデルが凄く好きですが、やはり必要ですよね?」

カローラハッチバックの公開に合わせて、お披露目されたフォーミュラドリフト参戦マシンカローラハッチバックの公開に合わせて、お披露目されたフォーミュラドリフト参戦マシン

今回、カローラハッチバックの登場に合わせて、フォーミュラドリフト参戦マシンもお披露目。

駆動方式はFFからFRに変更、エンジンは2AR(縦置き)+ターボ+NOS により1000hpを誇るモンスターマシンだが、筆者はこのクルマをジックリと観察、運転席に座って製作者と熱心に話をする小西CEの姿を見ている。彼の頭の中には、スポーツバージョン(GRMN!?)の構想がすでにでき上がっているのかもしれない。

[Text:山本 シンヤ/Photo:トヨタ自動車]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ カローラフィールダー の関連編集記事

トヨタ カローラフィールダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラフィールダー の関連編集記事をもっと見る

トヨタ カローラフィールダー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR