トヨタ 新型 カローラフィールダー・カローラアクシオ[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

トヨタ 新型 カローラフィールダー・カローラアクシオ[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎
トヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G トヨタ 新型 カローラアクシオ ハイブリッド G 試乗レポート/渡辺陽一郎 トヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G トヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G 画像ギャラリーはこちら

高いバランスでまとめられた新開発1.5リッターエンジン

トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G "WxB"[新開発1.5リッター「2NR-FKE」VVT-iEエンジン搭載] 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G "WxB"[新開発1.5リッター「2NR-FKE」VVT-iEエンジン搭載] 試乗レポート/渡辺陽一郎

まずは新しくなった1.5リッターエンジンだが、燃費性能を重視した割には、低い回転域から余裕を感じる。特にカローラアクシオは車両重量が1100kgを下まわることもあり、2000回転以下の領域でも力不足をほとんど感じない。普通の1.5リッターエンジンだから鋭い加速力は期待できないが、実用的には十分だ。

そして3500回転付近からは、速度の上昇が少し活発になり、高速道路に進入する時の安心感も高まる。5000回転を超えると伸び悩み傾向になるが、スポーツ指向のエンジンではないから不満は感じない。

エンジンノイズは小さくないが、アクセルペダルを深く踏み込まない限り、耳障りに感じることはない。いろいろな意味で使いやすくバランスの取れたエンジンだ。

今回の変更では、1.5リッターエンジン搭載車にはアイドリングストップが標準装着され、この制御方法も変わった。以前はアイドリングストップの作動中にブレーキペダルを踏み増すと(戻すのではなく)、ブレーキ圧の変化を検知して再始動したが、この不都合が改善された。

ハイブリッドモデルも更なる高効率化が図られた

トヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G "AEROTOURER(エアロツアラー)" 試乗レポート/渡辺陽一郎

一方、1.5リッターのハイブリッドも、JC08モード燃費をカローラアクシオ、フィールダーともに33.8km/Lに向上させた。従来型は33km/Lだからわずかな違いだが、効率を一層高めている。

ハイブリッドの運転感覚にほとんど変化はないが、駆動用電池が充電されていれば、発進はモーター駆動のみで行われて滑らかだ。

走行中もエンジン回転を示すタコメーターの針が頻繁にゼロを示す。減速時には、駆動用モーターが発電を行って駆動用電池に充電。主にこの電気を使い、エンジンを停止させてモーターのみで走れる。

トヨタ 新型 カローラアクシオ ハイブリッド G 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G "AEROTOURER(エアロツアラー)" 試乗レポート/渡辺陽一郎

モーター駆動のみの走行中にアクセルペダルを踏み増すと、エンジンが再始動するが、この時の振動やノイズは低く抑えられている。走行中には路上をタイヤが転がる音、風切り音なども聞こえるから、エンジンの再始動はほとんど分からない。モーター駆動で発進した直後のエンジン始動は認識されるが、耳障りではない。

ハイブリッドの動力性能は、ノーマルエンジンに当てはめると1.6~1.8リッターくらい。高回転域の吹き上がりは鈍く、1.6リッター相当だが、アクセルペダルを軽く踏み増した時の加速は、モーター駆動の併用で滑らかだ。なので1.8リッタークラスの余裕を感じる。

[前期モデルに比べ、乗り心地も改善・・・次ページへ続く]

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ カローラフィールダーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラフィールダーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラフィールダーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラフィールダーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラフィールダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる