トヨタ 新型カローラアクシオ ハイブリッド/新型カローラフィールダー ハイブリッド 新型車解説(1/2)

トヨタ 新型カローラアクシオ ハイブリッド/新型カローラフィールダー ハイブリッド 新型車解説
トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ トヨタ 新型カローラアクシオ 画像ギャラリーはこちら

国産セダン/ワゴンではNo,1の燃費となった新型カローラハイブリッドの登場

トヨタ 新型カローラアクシオトヨタ 新型カローラフィールダー

“いよいよトヨタは全車にハイブリッドを搭載するのか!?”と思わせるのが、新型カローラアクシオ ハイブリッド&新型カローラフィールダー ハイブリッドの登場だ。

搭載するハイブリッドシステムは1.5リッターエンジンがベースで、基本的にはアクアに積まれるタイプと同じ。モーターの最高出力は45kW(61馬力)で、駆動用電池にはニッケル水素を使う。

エンジンとモーターを合計したシステム最高出力は100馬力。最終減速比まで含め、アクアのハイブリッドシステムをほぼそのまま移植した。

JC08モード燃費は、セダンのカローラアクシオ ハイブリッド、ワゴンのカローラフィールダー ハイブリッドともに33km/L。アクアは35.4km/Lだが、車両重量は新型カローラアクシオ ハイブリッドが1140kg、新型カローラフィールダー ハイブリッドが1180kgだから、1080kgのアクアに比べると60~100kgは重い。そのために2.5km/Lほど数値が下がる。

それでも国産のセダンとワゴンでは最良。ホンダの新型フィットハイブリッドは標準仕様が36.4km/L、売れ筋になるFパッケージが33.6km/Lだから、新型カローラアクシオ ハイブリッド&新型カローラフィールダー ハイブリッドは優れた居住性を考えると燃費効率が高い。

動力性能も満足できる。1.5リッターのハイブリッドは、強力なモーターの駆動力も手伝って、巡航時の動力性能はノーマルエンジンでいえば1.6~1.8リッタークラスに相当するからだ。

特に軽くアクセルペダルを踏み増した時は、反応の素早いモーターがエンジンを効果的に支援して、滑らかに速度を高める。これに33km/Lの低燃費が加われば、魅力的な組み合わせだろう。

グレードは新型カローラアクシオ ハイブリッド、新型カローラフィールダー ハイブリッドともに、標準仕様の「ハイブリッド」と上級の「ハイブリッドG」を用意する。ハイブリッドGではUVカットガラスの遮音性が高まり、サイドターンランプ付きのドアミラー、時間調節機能付きの間欠ワイパーなども加わる。

トヨタ 新型カローラアクシオトヨタ 新型カローラアクシオトヨタ 新型カローラアクシオトヨタ 新型カローラアクシオトヨタ 新型カローラアクシオ
トヨタ 新型カローラフィールダー

車両価格は、新型カローラアクシオの「ハイブリッド」が192万5000円、「ハイブリッドG」が207万5000円。新型カローラフィールダーはそれぞれ208万5000円(ハイブリッド)/216万5000円(ハイブリッドG)になる。

ハイブリッドとハイブリッドGの価格差は、新型カローラアクシオが15万円、新型カローラフィールダーは8万円だ。新型カローラアクシオ ハイブリッドGではドアハンドルがメッキになり、シート生地などの違いも見られるが、15万円の価格差は開きすぎだろう。標準仕様の新型カローラアクシオ ハイブリッドは法人ユーザーの比率が高く、諸費用込みで200万円前後に抑えたい事情は分かるが、新型カローラアクシオ ハイブリッドGも4万円くらいは安くしないとバランスが取れない。

とはいえ新型カローラアクシオ ハイブリッドには、ディスチャージヘッドランプ、スマートエントリーのメーカーオプション設定がない(これも価格を安くできた要因だが)。多くのユーザーは上級のハイブリッドGを選ぶ。

そこで新型カローラアクシオのノーマル1.5リッターエンジンを積んだ1.5Gと、ハイブリッドGで損得勘定を行ってみたい。

トヨタ 新型カローラフィールダートヨタ 新型カローラフィールダートヨタ 新型カローラフィールダートヨタ 新型カローラフィールダートヨタ 新型カローラフィールダー

ハイブリッドは1年間に1万5000km程度の走行により、6年少々でモトが取れる

トヨタ 新型カローラアクシオ
トヨタ 新型カローラアクシオトヨタ 新型カローラアクシオ

新型カローラアクシオ1.5Gの車両価格は165万円。新型カローラアクシオ ハイブリッドGは前述のように207万5000円。両グレードには42万5000円の開きがある。装備内容はフロントウインドーの遮音性能などを含めても、2万円程度の違いにとどまる。なので実質的な価格差は約40万円だ。そしてエコカー減税は1.5Gが50%、ハイブリッドは免税(100%)だから、負担額の違いは34万5000円と考えたい。

JC08モード燃費は、ハイブリッドが33km/Lで、ノーマルの1.5リッターエンジンを積んだ1.5Gは20km/Lになる。

実用燃費がJC08モードの85%、レギュラーガソリンの価格が1リッター当たり155円で計算すると、1km走るのに必要なガソリン代は、ハイブリッドGが5.5円で1.5Gは9.1円。1km当たり3.6円の差額になる。

トヨタ 新型カローラフィールダー
トヨタ 新型カローラフィールダートヨタ 新型カローラフィールダー

この走行単価の違いで34万5000円の負担額の違いを埋められるのは、約9万6000kmを走った時点だ。

ハイブリッドでは動力性能が少し高まり、二酸化炭素の排出量も抑制できる。「9万6000kmを走った時点でモトが取れる」という価値観だけで、新型カローラアクシオ ハイブリッドのメリットを語れるわけではない。

しかし、新型カローラアクシオを買う時の判断として、走行距離とのバランスも見ておく必要はあるだろう。新型カローラアクシオの購買層は概して走行距離が伸びず(カーナビの装着比率もほかの車種より低い)、1年間に5000km程度の使い方では価格の割高感が強まってしまう。

逆に1年間に1万5000km程度を走れば、6年少々でモトが取れるから選ぶ価値も生じる。使い方とのバランスで判断したい。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ カローラアクシオの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラアクシオのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラアクシオの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラアクシオの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラアクシオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる