autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ カムリ 試乗レポート

試乗レポート 2006/2/20 15:39

トヨタ カムリ 試乗レポート

関連: トヨタ カムリ Text: 松下 宏 Photo: 島村栄二
トヨタ カムリ 試乗レポート

ワールドワイドで展開、トヨタを代表するアッパーミドルセダン

かつてはセリカのセダン版として、セリカ・カムリの名前でスタートしたクルマ。その後、ビスタと姉妹車を構成してトヨタの上級FF車としての歴史を歩んできた。FF車となった後しばらくは、日本版のカムリとワイドボディのアメリカ版カムリが作り分けられた時代もあったが、今では世界のマーケットに同じボディのカムリが供給されている。

アメリカでは長期にわたってベストセラーカーの座を維持する大ヒットモデルとなっている。アメリカでの40万台に加え、カムリのベースのESやソラーラなどを加えたり、あるいはアジアやヨーロッパで売れるカムリも加えると、トヨタを代表する上級FFセダンとして屋台骨を支えるクルマである。

日本市場では月に1000台の販売目標台数だから、ごくわずかな台数しか売れなくなってしまったが、世界のアッパーミドルクラス車をリードするトヨタの最上級FF車として力の入ったクルマ作りがなされており、日本市場向けの専用モデルとして4WD車をラインナップするなどしている。

ボディは大きくなったが、逆に取り回しはしやすくなった

今回のモデルではボディの全長は抑えられたものの全幅は拡大して1800mmを超えている。アメリカ市場をメインにするクルマならではのサイズともいえるが、トレッドを拡大することによってタイヤの切れ角を大きくし、結果的に最小回転半径が小さくなるという効果を生んでいる。ボディが大きくなっても取り回しは逆にしやすくなったのだ。また全長を抑えながらもホイールベースを延長することよって、室内空間が拡大されている。

これによって前後のオーバーハングを切り詰めた新しいパッケージングが実現されており、外観スタイルも大きなキャビンが強調された斬新な感覚のデザインとなった。

インテリアは後席の頭上や足元にさらに大きな余裕が生まれたほか、運転席回りも頭上やショルダー部分の余裕が拡大していて、ゆったりと座れる空間が作られている。

大型の自発光式メーターや大画面のカーナビなど、見やすく操作しやすいインテリアデザインが作られている。各種操作系へのリーチの良さなどは相変わらずだ。

初代セルシオを思い起こさせる力強い走り

新しいカムリを運転し始めるとすぐに、過去にこのクルマと同じようなドライブフィールを感じたことを思い出した。とても滑らかで静かな走りは、初代セルシオから感じたのと同じような印象だった。カムリから見たら、ふたクラス上のセルシオを引き合いに出したのでは、さすがにちっとほめ過ぎになってしまうが、スムーズかつ静かでありながら力強い走りは、本当に初代にセルシオに匹敵するくらいの印象がある。

従来のモデルに比べてパワーアップした直列4気筒2.4Lエンジンは、実に静かに回るとともに1.5t級のボディを余裕のトルクで押し出していく。さらに今回のモデルから採用された電子制御5速ATの洗練された変速フィールが、実に質の高い走りを実現している。

柔らかで乗り心地に優れた足回りも特筆ものだ。アメリカ車的な柔らかさを備えながらも安定性も損なわない足回りのチューニングも絶妙といえるものだ。個人的にはヨーロッパ車的な硬めの足回りのほうが好みだが、アメリカや日本のユーザーの多くは、こうした足回りを求めると思う。

実はかなりお買い得な最上級FF車・新型カムリ

新型カムリは実に快適で楽ちんな運転のできるクルマだ。快適で楽ちんなんて言うと、手抜き運転のように思えるかも知れないが、そうではなくとてもリラックスした気分で運転できるクルマなのだ。リラックスして運転できることは、それだけ運転に余裕が生まれ、安全運転のしやすいクルマになる。運転には適度な緊張感も必要だが、リラックスできることも大切だ。

今回のモデルチェンジ以後、アメリカでレクサスESとして販売される姉妹車のウィンダムが廃止されることもあって、新型カムリにはディグニスエディションという超豪華グレードが設定されている。HDDカーナビや本革シート、VSC、本革巻き&木目調ステアリングホイール&シフトノブなどが標準で装備されるグレードで、何もオプションを装着しなくてもそのまま乗れるグレードだ。

ウィンダムがV型6気筒の3.0Lエンジンを搭載していたのに対し、カムリは2.4Lエンジンということもあって、かつてのウィンダムの廉価グレードより安く、豪華装備のディグニスエディションが手に入る。これはひとつの狙い目グレードになる。価格は350万円台と絶対的には高めの価格ながら、装備の中身を考えると値打ちもののグレードになるからだ。

新型カムリはわずか3グレードだけのシンプルな構成で、ベースグレードは200万円台の中盤。オプションをいろいろ装着しても300万円未満の予算で買うことができる。トヨタの最上級FF車を買う予算としては納得できるものといえる。

筆者: 松下 宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ カムリ の関連編集記事

トヨタ カムリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カムリ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ カムリ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR