autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 【動画】トヨタ 新型オーリスをフルモデルチェンジして発表|新開発2リッターハイブリッドを搭載【ジュネーブショー2018】

モーターショー 2018/3/7 17:59

【動画】トヨタ 新型オーリスをフルモデルチェンジして発表|新開発2リッターハイブリッドを搭載【ジュネーブショー2018】

関連: トヨタ オーリス Text: オートックワン 編集部
トヨタ 新型オーリス
トヨタ 新型オーリストヨタ 新型オーリストヨタ 新型オーリストヨタ 新型オーリス画像ギャラリーはこちら

3代目オーリスはTNGAプラットフォームを採用、新開発2リッターハイブリッドも設定

トヨタは、2018年3月8日~18日の期間で開催されるジュネーブモーターショー2018において、3代目となる新型オーリスを世界初公開した。

新型オーリスには、トヨタの新世代プラットフォームである「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」プラットフォームを採用。

エクステリアは先代に比べて全長を40mm長く、全幅は30mm広く、全高は25mm低くしたが、ホイールベースは40mm延長させ走行安定性を向上させた。

さらに、フロントには縦長のデイライト一体型LEDヘッドライトとLEDフォグランプ、開口部が広いフロントバンパーを採用。テールランプもLED化され、サイズ以上のワイドさを感じる洗練されたスタイリングを実現している。

パワートレーンには従来型の1.2リッターのガソリンターボエンジンが継承されたほか、1.8リッターと2リッターのハイブリッドエンジンが追加され、合計3種類のラインナップとなる。新開発の2リッターハイブリッドエンジンは180PSを発生し、TNGAプラットフォームと合わせたダイレクト感のある走りを可能としている。

新型オーリスは、欧州のデュアル・ハイブリッド戦略の第一弾モデルとなる。日本仕様のフルモデルチェンジ時期などは明らかにされていないが、そう遠い未来ではなさそうだ。

>>世界初公開されたばかりの新型オーリスのデザインを画像で見る

動画

関連リンク

>>トヨタ、発進用ギヤを採用した無段変速機など新パワートレーンを発表

>>デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート

>>トヨタ 新型 オーリス 120T(1.2ターボ) 公道試乗レポート

>>スープラ16年ぶりに復活!トヨタがジュネーブショーで“GRレーシングコンセプト”を世界初公開

>>レクサス 新型UXは2018年冬に日本発売予定、CーHR並みの売れ筋モデルとなれるのか・・・?

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ オーリス の関連編集記事

トヨタ オーリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ オーリス の関連編集記事をもっと見る

トヨタ オーリス の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR