新型アクア、走行性能や新搭載の快感ペダルに期待! 「もはや燃費だけの車ではなくなった」の声【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
トヨタは2021年7月19日(月)、同社の代表的なコンパクトハイブリッドカー「アクア」の2代目となる新型モデルを発売開始した。新型アクアは、市販車で世界初採用となる新開発のバイボーラ型ニッケル水素電池を搭載。これにより従来モデルに比べ2倍の出力を発揮し、燃費も20%向上させるているほか、トヨタ初となるワンペダルドライブ「快感ペダル」も初搭載! ここではそんな新型アクアについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. カタログ燃費は約20%の向上、さらにワンペダルドライブも可能に
  2. アクアの低燃費はもはや当たり前!? 新型はそれだけでなく最先端の車に
  3. トヨタ初のワンペダルドライブ「快感ペダル」に注目集まる

カタログ燃費は約20%の向上、さらにワンペダルドライブも可能に

初のフルモデルチェンジを果たしたトヨタ 新型アクアに搭載されるパワートレインは、ヤリスハイブリッドと同様の、直列3気筒M15A-FXE型1.5リッター ダイナミックフォースエンジンにリダクション機構付きのTHS IIハイブリッドシステム。カタログ燃費値は、先代比で約20%の向上となる35.8km/L~33.6km/L[WLTCモード燃費]を達成している。

ヤリスハイブリッドと同様のパワートレインながら、新型アクアではハイブリッドシステムの駆動用主電池として、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池が初採用(Z、G、Xグレード)されている。

このバイポーラ型ニッケル水素電池は、先代型のニッケル水素電池に比べ、バッテリー出力が約2倍に向上しており、加速性能が改善、低速からパワフルでスムーズな加速感覚が得られる様になった。さらに、電気だけでの走行領域も拡大し、時速40キロ前後の街乗り領域までEV走行が可能となっている。

走行モードには「ノーマル」「エコドライブモード」に加え「POWER+モード」が新設定され、「快感ペダル」と名付けられたワンペダルドライブが可能となった。

ノーマルモードに比べ、アクセルオフ時の減速感は約2倍。トヨタによると、ペダルの踏みかえ頻度も4割減り、運転時の疲労軽減にも役立つとしている。

アクアの低燃費はもはや当たり前!? 新型はそれだけでなく最先端の車に

そんな新型アクアについて、主に燃費面や走行性能についてSNS上でどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

「以前より燃費を前面にアピールしてないが、WLTCモードで35.8km/L~33.6km/Lって普通にすごい」

と言う声を筆頭に、

「ガソリン高騰の時勢にこの燃費性能は訴求力抜群」

「満タンで1000km走行可能。それでもガソリン代が5000円足らずで済むのだからEVより安い」

など、初代モデルから受け継がれる低燃費性能に期待を寄せる声が挙がっている。その上で、

「アクアと言えば燃費が秀でただけのイメージだったが、新型はトヨタ初の新機能などが搭載された最先端の車になった」

という声が多く見受けられた。

トヨタ初のワンペダルドライブ「快感ペダル」に注目集まる

中でもやはり、新型アクアより採用されたワンペダルドライブ「快感ペダル」に注目が集まっているようで、

「アクアのワンペダルの減速度は、日産 ノート程強くしてるのか? アクセルオフでブレーキランプを自動点灯させるているかで、トヨタがどこまでワンペダルに本気か分かる」

「トヨタもワンペダルの良さを認めたという事かな」

などの声が挙がっている。一部では単純に、

「もうちょっとネーミングなんとかならなかったのかな?」

「TNGAといい、トヨタはなんかネーミングセンスが独特」

とする声はあるもの、

「大多数を相手にするトヨタとしては、これまでは前衛的だったため避けてきたワンペダルも、電気自動車や準電気自動車を理解できる層が増加し、アクセルペダルで速度調整可能な技術を今回から採用したということだろう。それだけ今後の電動化を見据えているということか」

といった今後の電動化に対するトヨタの動きを推察する鋭い声も見受けられた。そうした上で、

「日産e-POWER(のワンペダル)は、初めての感覚ながら乗ったらとても便利だった。トヨタはどんな仕様か気になる」

「乗った事が無いからわからないけど、そんなにワンペダルって良いの? トヨタが採用したことで興味が出てきた」

と、早速ワンペダルドライブを体験している層だけでなく、未体験層にも注目されている様子。この辺り、新型アクアのセールス如何では、他のトヨタ車での展開も予想されそう。新型アクアの走行性能が気になる方は、まずは販売店などで試乗して見てほしい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
198万円259.8万円
中古価格:
32.6万円305万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ザ・ホテル青龍 京都清水

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる