跳ね上げ式? 横開き? はたまた観音式? 便利なリアゲート5選

多種多様なリアゲート…おすすめ5選を自動車マニアに聞いてみた!

クルマの売れ筋がセダンからハッチバックやワゴンに、そしてミニバン、SUVへと移ってきました。純粋な4ドアセダンとの大きな違いは、「5枚目のドア」、つまりリアゲートの存在です。バックドア、テールゲートなどさまざまな呼び名があるこのドアは、車種によって開き方もいろいろあります。

リアゲートを備えたクルマは、大きな荷物の出し入れも容易なため、古くから商用バンやステーションワゴンに採用されてきました。その後、1961年の「ルノー 4」や、1974年の「フォルクスワーゲン ゴルフ(初代)」などの乗用車がリアゲートを備えて登場したことで、数多くのクルマに普及しました。

そのため、ひとえにリアゲートと言ってもいろいろな「開き方」があります。そこで、今回は「代表的なリアゲート5種」をメリット・デメリットとともにお届けしたいと思います。

>>使い方によってはめちゃオシャレ!? ラングラーのリアゲートを見る

その1:雨宿りもできちゃうリアゲートの代表格、「跳ね上げ式」

バン、ステーションワゴン、ミニバン、SUVなど各車で採用される標準的なリアゲートが跳ね上げ式。特に日本車では、「トヨタ ダイナルートバン」など一部を除き、車種の大小に関わらず、ほぼ跳ね上げ式といっても良いほどです。代表的な車種は、「トヨタ ハイエース」「トヨタ アルファード/ヴェルファイア」などです。

メリット

・左右にドアの開閉機構がなくなるので開口幅が目一杯取れる

・開くと屋根代わりにもなるので、雨天時は雨宿りもできるし、荷物も濡らさずに出し入れできる

デメリット

・クルマの後ろにドアを開くためのスペースが大きく必要

・手動式の場合、開いた後ドアが高い位置にあるため、小柄なユーザーだと開閉しづらい

・開くと、途中で止めにくい

・小さな荷物の出し入れでも、ほぼ開き切る必要がある

跳ね上げ式のデメリットに対する改善策として、跳ね上げ式リアゲートのガラス部分だけを開閉可能にしたクルマも存在します。「日産 セレナ」などが代表例です。

その2:狭いスペースでも開閉可能で、慣れると便利!「観音開き式」

続いては、センターで分割して左右に開く「観音開き」。商用車ベースの乗用モデル「ルノー カングー」が採用していることで、日本でもおなじみになりました。

欧州ではカングーに跳ね上げ式も選ぶことができますし、初代カングーの初期型も跳ね上げ式で輸入されていましたが、現在日本では観音開きのみ購入可能。カングーを買う理由の一つにあげられるほどの人気を誇っています。

メリット

・全開でも開閉スペースをあまり取らずに開閉可能

・ちょっと荷物した荷物なら、少しだけ開けて取ることができる

・片側だけ開けて取ることもできる

・軽い力で開閉ができる

デメリット

・風が強い日は、影響を受けやすい

・雨が上から吹き込みやすい

・全開するとき、手間がかかる

・センターに柱ができてしまうので、視界の一部を遮ってしまう

カングーを再び例に取ると、愛犬家にカングーユーザーが多い理由に「犬をリアゲートから降ろすとき、ゲートの開閉量を調整できるので、犬が外に飛び出しにくい」ことがあると聞きます。確かにこれは大きなメリットかもしれません。

その3:座って海を眺めたい!? 「上下2分割式」

ガラス部分が跳ね上げ式で、ボディ部分が手前に開く上下2分割式リアゲートは、古くからバンやステーションワゴンに採用されてきた伝統あるリアゲートの一つです。

過去の車で代表的な例では、古い車では1960年代の軽ボンネットバン(ダイハツ ハイゼット/フェロー、マツダB360、コニーなど)に数多く採用していたことが思い出されます。現行車種では、「トヨタ ランドクルーザー(200系)」や、伝統的に上下2分割リアゲートを採用する「BMW X5」「ランドローバー レンジローバー 」などが備えています。

メリット

・全開でも開閉スペースをあまり取らずに開閉可能

・ちょっと荷物した荷物なら、ガラス部だけ開けて取ることができる

・ガラス部を開けると、少しだが雨よけになる

・下側ゲートに座ることもできる ちょっとしたテーブルや作業台にも早変わり

デメリット

・下側ゲートが手前に来るので、ラゲッジスペース奥の荷物が取りにくい

何と言っても「座れる」ことに憧れてしまいます。SUVで海岸の駐車場に行き、ゲートに座って海を眺めたら素敵だな……なんて妄想も捗ってしまいそう!?

その4:SUVの採用例が多い「横開き式」

「横開き式」は、片側を支点に、片側開きドア式冷蔵庫のようにリアゲートが開くタイプ。一般的な乗用モデルの採用例は「日産 キューブ」、5代目までの「ダイハツ ムーブ」、「三菱 ミニカトッポ」など数えるほどしかないのですが、「スズキ ジムニー」をはじめとした本格派SUV(RV)では横開き式が多く用いられています。

一昔前にラインナップされていたRVの多くも、ほとんどが横開き式でした。その理由は、スペアタイヤを背中に背負っているため。重量物である大きなタイヤとホイールを装着したリアゲートを跳ね上げ式にすると、開閉時の力が必要になってしまいます。横開き式では少しだけ開けることもできるため、開閉の場所を選ばないメリットもあるかと思います。

メリット

・全開でも開閉スペースをあまり取らずに開閉可能

・ちょっと荷物した荷物なら、少しだけ開いて取り出すことができる

・軽い力で開閉ができる

デメリット

・ヒンジ側からのアクセス性に難あり

・風が強い日は、影響を受けやすい

・雨が上から吹き込みやすい

その5:さらに高い機能性を感じる「上下2分割+横開き式」

最後は、「横開き式」にさらに上下分割が備わった「上下2分割+横開き式」を選んでみました。「ジープ ラングラー」や、「ホンダ CR-V(初代)」などで採用されています。ガラス部と下段ゲートが完全に分割されているタイプです。

小さな荷物や小物は、ガラスを跳ね上げてバンバン放り込み、大きな荷物があるときは横に開閉。横開き式なのは、前述の通り大きなスペアタイヤを装着しているためです。このように機能が仕様や設計を決めているため、横開き式よりもさらに高い機能性を感じさせてくれます。

メリット

・全開でも開閉スペースをあまり取らずに開閉可能

・ちょっと荷物した荷物なら、ガラス部だけ開けて取ることができる

・ガラス部を開けると、少しだが雨よけになる

・軽い力で開閉ができる

デメリット

・ヒンジ側からのアクセス性に難あり

・風が強い日は、影響を受けやすい

なお、「トヨタ ランドクルーザー プラド」「トヨタ FJクルーザー」「ホンダ CR-V(2代目)」などは横開き式でさらにガラス部分が開閉できますが、ドア自体は“1枚もの”なのでここには含まれず、今回の分類法では「横開き式」になります。また「日産 セドリックバン(初代)」のように、横開き式でガラスが下段ゲートに電動格納されるタイプは、こちらも単純に「横開き式」に分けられるかと思います。

使い勝手はそれぞれだけど、共通しているのは「利便性」

今回分類や参考例としてあげた以外にも、「ホンダ ステップワゴン」が採用する、「跳ね上げ式+横開き式」という凝った構造の“いいとこ取り”な「ワクワクゲート」などもあり(これを“その5”にしようかとも考えました)、リアゲート一つとってもバリエーションの多さが伺えます。

どのタイプにもメリット・デメリットがあり、車種によっては選べないこともあって、一概にどれが良いかと決めにくいのは確かですが、共通しているのは言うまでもなくリアゲートがあるクルマの「高い利便性」。

リアゲートにたくさん種類があるのも、その使い勝手を追求し続けてきた結果なのだと思います。リアゲートの重さに関しては電動化で解決しつつあるように、今後もリアゲートは進化を続けていくことでしょう。

[筆者:遠藤 イヅル]

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

ルノー カングーの最新自動車ニュース/記事

ルノーのカタログ情報 ルノー カングーのカタログ情報 ルノーの中古車検索 ルノー カングーの中古車検索 ルノーの記事一覧 ルノー カングーの記事一覧 ルノーのニュース一覧 ルノー カングーのニュース一覧

BMW X5の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW X5のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW X5の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW X5の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW X5のニュース一覧

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事