【スズキ 新型ワゴンRスマイルとスペーシア比較】価格差7万円あるが、基本性能はほとんど同じ! 使い勝手を考えると子育て世代にはスペーシアがオススメ

画像ギャラリーはこちら
軽自動車にスライドドアは当たり前の組み合わせとなっており、その筆頭がスズキ スペーシアなどのスーパーハイトワゴンだ。ところが、そのひとまわり小さなワゴンRをベースに、後席にスライドドアを搭載した新型ワゴンRスマイルが登場した。最大の違いは背の高さであるが、一体どれほど違うのか!? 内装、とくに収納やシートアレンジ、さらには維持費まで徹底比較を敢行! 結論から言えば、子育て世代は背の高いスペーシアがおすすめであった。
目次[開く][閉じる]
  1. スーパーハイトワゴンとハイトワゴン比較! 最大の違いは室内スペースにあり
  2. 最上級グレード比較! 価格差は約7万円
  3. 【内装比較】温度調整は互角の戦い! 後席の使用頻度が高ければスペーシアに軍配
  4. 【シートアレンジ比較】基本性能はどちらも同じだが、アウトドアなどにはスペーシアがおすすめ
  5. 【先進安全装備比較】どちらもオプションでアダプティブクルーズコントロールを設定するも、基本性能は互角
  6. 【維持費比較】マイルドハイブリッドで燃費良好も僅差でワゴンRスマイルの勝ち
ワゴンRスマイルの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

スーパーハイトワゴンとハイトワゴン比較! 最大の違いは室内スペースにあり

軽自動車なのに広くて両側スライドドアで、ミニバンのようにも使える軽自動車が欲しいと考えているパパ・ママはいませんか? その中でスズキ スペーシアはすでに人気モデルだけど、先日登場したばかりの新型ワゴンRスマイルも両側スライドドアを装備。いったいどこが違うの? ファミリーが使うならどちがいいの? この記事ではそんな疑問を解決すべく、購入後の維持費予想も含めて徹底比較します。

最上級グレード比較! 価格差は約7万円

新型ワゴンRスマイルのトップグレードは内外装に特別な装備満載

まず新型ワゴンRスマイルは、その名の通りスズキの伝統あるロングセラー軽自動車のワゴンRの良さを活かし、ルーフを高くして両側スライドドアを装備したモデルです。

天井の高さはちょっとゆとりがあるけれど、高すぎないから室内には心地いい包まれ感があり、運転が苦手な人でも気を使わずに運転できます。パワートレーンは自然吸気のガソリンエンジンと、発電機付きモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドの2タイプ。全車CVTで、2WDと4WDが選べます。

今回取り上げるグレードは、トップグレードとなる「ハイブリッド X」159万2800円。2トーンルーフ仕様はマイルドハイブリッドモデル全車でオプション設定なので、外観ではフォグランプベゼルが付いたり、LEDサイドターンランプが付くのが主な違いです。

インテリアでも、ドアハンドルがメッキになったり、カッパーゴールドのドアトリムガーニッシュが付いたりと、オシャレに磨きがかかる印象です。

>>【スズキ 新型ワゴンRスマイルグレード比較】129万円で買えるベースグレードがオススメ! 唯一ハイブリッドではないが、装備内容を考えれば超お買い得

スペーシアの魅力は141cmもある室内高

一方でスペーシアは、軽自動車なので全長・全幅はワゴンRスマイルと同じで両側スライドドアを装備するモデルですが、さらに9cm高いルーフを持つのが特徴です。

室内の天井も8cm高い141cmあるので、小学校低学年の子が立ったまま着替えなどできるくらい、広々としています。パワートレーンは全車がマイルドハイブリッド+CVT。2WDと4WDが用意されています。

今回取り上げるグレードは、トップグレードとなる「ハイブリッド X」152万4600円。同じトップグレードですが、スペーシアの方が6万8200円ほどリーズナブルです。というのは、スペーシアにはほかに「スペーシアカスタム」「スペーシアギア」という兄弟車があり、そちらがスペーシアの上級グレード的な存在を担っているからです。

>>【スズキ スペーシアグレード比較】ベースグレードと最上モデルの価格差は約23万円! 最大の違いは内装色と快適装備にあった

【内装比較】温度調整は互角の戦い! 後席の使用頻度が高ければスペーシアに軍配

新型ワゴンRスマイルは前席にシートヒーターを完備

それでは室内の使い勝手やシートアレンジを比較してみましょう。新型ワゴンRスマイルは、予約ロック機能付きのパワースライドドアが両側に標準装備。フルオートエアコンや2つのUSBポート、運転席と助手席のシートヒーターも揃っています。メモリーナビはオプションですが、「ハイブリッド X」に6スピーカーが標準装備。他にもこのグレードのみ、360°プレミアムUV&IRカットガラスが装備されています。

収納は運転席・助手席まわりにたくさんのポケットやトレイがあるほか、シートバックポケットと、子どものゲーム機やスマホなどが入れやすいシートバックアッパーポケットもあり、スズキ伝統の助手席シートアンダーボックスも備わります。

また、このグレードのみ折りたたみ格納式のパーソナルテーブルが後席右側にあるので、休憩中の飲食などに便利です。

スペーシアの最大の武器は後席用サーキュレーターとラゲッジルームの機能にあり

対するスペーシアは、予約ロック機能付きの両側パワースライドドアやUSB2個が標準装備ですが、下位グレード「ハイブリッド G」には設定されていません。運転席シートヒーターはありますが、助手席シートヒーターは4WDモデルのみ。プレミアムUV&ITカットガラスもあります。

また、広い室内を快適にするため、天井のスリムサーキュレーターが装備されて、エアコンの風が素早く後席にも回るようになっていたり、エアコンを強くしても顔に当たらないように調整できるエアコンルーバーがあったり。サッと日除けができるロールサンシェードがあるのも便利で、これなら暑がりの子どももご機嫌になりそうですね。そしてパーソナルテーブルが後席右側に装備されています。

収納はワゴンRスマイルにプラスして、リヤクォーターポケットやユーティリティナットなど、さらに充実しています。

ラゲッジに掃き出し口に自転車を積む際のガイド溝が掘ってあり、女性一人でも自転車が積みやすくなっているのも嬉しいポイントです。27インチ自転車もラクに積めるというのは、ワゴンRスマイルではちょっと難しいのでスペーシアならではですね。子どもが大きくなってくると、夜遅くなった時に迎えに行き、自転車ごと積んで帰宅するというシーンも増えるので、これは便利です。

 

【シートアレンジ比較】基本性能はどちらも同じだが、アウトドアなどにはスペーシアがおすすめ

新型ワゴンRスマイルのシートアレンジは、後席が5:5分割で前後スライド、リクライニング可能。背もたれを倒すとフロアに低くフラットになるダブルフォールディングなので、大きな荷物もしっかり積めます。

また、助手席の座面を持ち上げると背もたれが前にフラットに倒れるので、長い荷物を積むときに便利。助手席の座面はそのままに、背もたれを後ろにフラットに倒すこともできるので、ソファのようにくつろいだり、後席をフラットにすれば車中泊にもぴったりのスペースになります。

スペーシアのシートアレンジは、後席が5:5分割で前後スライド、リクライニング可能。背もたれを倒すとダブルフォールディングで低くフラットなスペースが生まれるなど、アレンジの種類はワゴンRスマイルと同じ。

だが、やはり天井の高さがあるので背の高い荷物も積みやすく、アウトドアレジャーでルーフにタープを連結したり、純正アクセサリーもたくさん揃っていて遊びにもいろいろと使えるのがスペーシアです。

【先進安全装備比較】どちらもオプションでアダプティブクルーズコントロールを設定するも、基本性能は互角

次に安全装備を比較してみます。と言ったものの、どちらもトップグレードということもあり、装備内容は基本的には変わっていません。

誤発進などのうっかりミスを防ぎ、障害物を検知してブレーキをサポートしてくれるといった十分な安全装備がどちらにもしっかり揃っています。

ただ、スペーシアには「スズキ セーフティサポート非装着車」という設定があったところが、ワゴンRスマイルではそれがなくなり、全車速追従機能付きACCをはじめとする従来からオプション設定されていた機能が、まとめてパッケージオプションとして設定されるようになっています。

【維持費比較】マイルドハイブリッドで燃費良好も僅差でワゴンRスマイルの勝ち

それでは維持費の予想をしてみましょう。年に一度かかる税金はどちらも同額で1万800円。ガソリン代は、ワゴンRスマイルの燃費がWLTCモードで25.1km/Lなので、レギュラーガソリンの平均価格(9月1日現在)151.8円で計算すると、500km走行するのに約3023円かかります。

対してスペーシアは燃費がWLTCモード21.2km/Lなので、500km走行するのにかかるガソリン代は約3580円です。

結論! 子育て世代はスペーシアがおすすめ

ということで比較してみると、背の高さが違うと積める荷物が変わるので、子どもが高校生くらいまでならスペーシアの方が使えそう。ママとども供のセカンドカー的な使い方や、大学生以上の子供ならワゴンRスマイルで親子カーシェアをしても良さそうな印象でした。皆さんのファミリーにはどちらがピッタリか、ぜひ検討してみてくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】

スズキ/ワゴンRスマイル
スズキ ワゴンRスマイルカタログを見る
新車価格:
129.7万円171.6万円
中古価格:
121.9万円196万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRスマイルの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRスマイルのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRスマイルの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRスマイルの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRスマイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる